基本がわかる!グラデーションの作り方

基本がわかる!グラデーションの作り方

オブジェクトを選択

[レイヤー] パネルで、[レイヤーを表示/非表示] をクリックして、[楕円形 1] を表示します。
[楕円形 1] を選択します。
[楕円形 1] を選択

[楕円形 1] を選択
レイヤーオブジェクト [楕円形 1] が表示されました。
オブジェクトを表示して選択

オブジェクトを表示して選択

レイヤースタイルを追加

レイヤーオブジェクトにグラデーションを描画したい場合は、レイヤースタイルの [グラデーションオーバーレイ] が適しています。オブジェクトの領域を塗りつぶすだけではなく、境界線やエッジの効果も追加できるので、詳細な質感の表現も可能になります。
[レイヤー] パネルで、[レイヤースタイルを追加] をクリックし、メニューから [グラデーションオーバーレイ] を選択します。
[グラデーションオーバーレイ] を作成

[グラデーションオーバーレイ] を作成
すると、[レイヤースタイル] ダイアログが開きます。
[レイヤースタイル] ダイアログを表示

[レイヤースタイル] ダイアログを表示

グラデーションを編集

[クリックでグラデーションを編集] をクリックして、[グラデーションエディター] ダイアログを表示します。
[グラデーションオーバーレイ] の設定

[グラデーションオーバーレイ] の設定
[グラデーションエディター] ダイアログで、次のグラデーションを設定します。
[グラデーションエディター] ダイアログを設定

[グラデーションエディター] ダイアログを設定
【設定値】
[位置 : 0%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 100%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 0%] [H : 0° / S : 0% / B : 0%]
[位置 : 50%] [H : 40° / S : 100% / B : 60%]
[位置 : 100%] [H : 0° / S : 0% / B : 100%]
中間調にカラーを設定する!
立体的な陰影をつくるグラデーションは、黒色から白色をベースにして、中間調だけにカラーを設定することがコツです。これは、どんな色の立体物でも、最も暗い部分が黒色で最も明るい部分が白色であるからです。
幅広い階調に影響する中間調

幅広い階調に影響する中間調
中間調にカラーを設定すると、グラデーションのカラーバーは、開始点と終了点だけに無彩色を残し、全体は有彩色の階調をつくり出します。
[スタイル] に [円形] を選択します。
[逆方向] にチェックマークを入れます。
[比率] に「150」% を入力します。
[ディザ] にチェックマークを入れます。
オブジェクトにグラデーションの基本設定ができました。
[グラデーションオーバーレイ] 初期設定 → [グラデーション] や [スタイル] などを設定
グラデーションの大きさを変更!
[比率] ではグラデーションの大きさを変更できます。中心点を基準として拡大・縮小されるので、グラデーションの開始点と終了点は、オブジェクトの領域からはみ出す場合もあります。
比率50% → 比率100% → 比率150%

グラデーションの移動

[レイヤースタイル] ダイアログを表示させたまま、マウスカーソルをドキュメント上に置くと、[移動ツール] の表示に変わります。これは、グラデーションの適用領域が、移動できることを示しています。ドラッグすると、オブジェクト内のグラデーションが自由に移動できます。
グラデーションの位置を変更する

光彩 (外側) の設定

[レイヤースタイル] ダイアログで、左側のメニューから、[光彩 (外側)] をクリックします。すると [光彩 (外側)] の設定項目が表示されます。
[光彩 (外側)] をクリック

[光彩 (外側)] をクリック
[クリックでグラデーションを編集] をクリックして、[グラデーションエディター] ダイアログを表示します。
[光彩 (外側)] を設定

[光彩 (外側)] を設定
[グラデーションエディター] ダイアログで、次のグラデーションを設定します。
[グラデーションエディター] ダイアログを設定

[グラデーションエディター] ダイアログを設定
【設定値】
[位置 : 0%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 100%] [不透明度 : 0%]
[位置 : 0%] [H : 55° / S : 60% / B : 100%]
[位置 : 100%] [H : 353° / S : 100% / B : 77%]
背景に溶け込むグラデーション!
不透明度の分岐点を設定すると、グラデーションの一部が透明になります。設定例では、黄色から赤色に変わるグラデーションをベースに、[位置 : 0%] [不透明度 : 100%]、[位置 : 100%] [不透明度 : 0%] を設定し、オブジェクトの境界線を開始点とする放射状のグラデーションを背景に溶け込ませています。
[構造] セクションの [不透明度] に「50」% を入力します。
[エレメント] セクションの [テクニック] に [詳細] を選択します。
[サイズ] に「40」px を入力します。
[グラデーションエディター] ダイアログで、[OK] をクリックします。
背景やオブジェクトに、再編集可能なグラデーションが適用できました。
再編集可能なグラデーションが適用できた

再編集可能なグラデーションが適用できた
放射状グラデーションを適用!
[光彩 (外側)] は、オブジェクトの境界線に沿った、放射状のグラデーションが適用できます。グラデーション範囲は、[エレメント] セクションの設定が優先され、グラデーションの設定カラーや、不透明度は若干異なります。
背景に溶け込むグラデーション領域

背景に溶け込むグラデーション領域
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】基本がわかる!グラデーションの作り方
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

スポンサード リンク