【ロゴ】フォントでつくる!輪郭線だけの袋文字

【ロゴ】フォントでつくる!輪郭線だけの袋文字

【Photoshop講座】文字の輪郭線で構成される袋文字は、文字を目立たせる効果において最もベーシックな技法です。操作方法も比較的簡単で理解しやすいため、初級ユーザーの方が最初に習得できるテクニックとしてオススメできます。イメージぴったりのフォントを組むだけで、ロゴタイプにも活用できるインパクトを持つ袋文字を作成しましょう。


課題は文字の間隔にある!
文字の輪郭線や塗り部分が透けることは、一連の操作方法が分かれば簡単にできます。しかし、グラフィックデザインに求められるものは、見やすくわかりやすくイメージを伝えることです。個性的な書体選びはもちろん、作り手の技量を問われるのは文字の間隔です。輪郭線だけで文字列が構成される袋文字は、初級ユーザーにとって最適な教材となることでしょう。
背景が透けたアウトライン文字
これから行う操作は、文字の輪郭線(アウトライン)だけを残す加工方法です。フォントスタイルとしてはベーシックな技法として確立されていますが、すべてのフォントに付属されているものではありません。また、境界線の太さも調整することができません。特定の文字列をデザインするとき、これらの制限は邪魔ですね。お気に入りのフォントを自由に使って、背景が透けた袋文字を作成しましょう。
フォントを入力→輪郭線だけの袋文字
ドキュメントにガイドを引く
効果を確認しやすくするため、文字の背景に画像を使用します。素材画像をダウンロードして開きましょう。素材画像は[幅:1280 pixel]、[高さ:720 pixel] 、[解像度:72 pixel/inch]、[モード:RGBカラー]を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
ドキュメントに文字を入力する目安となるガイドを作成しておきましょう。[表示]メニューから、[表示・非表示]→[新規ガイドレイアウトを作成]を選択します。[新規ガイドレイアウトを作成]ダイアログで、[列]セクションの[数]に「2」、[間隔]に「0 px」を設定、[行]セクションの[数]に「2」、[間隔]に「0 px」を設定します。これはドキュメントを十字に割るセンターガイドで、[列]は縦割り、[行]は横割りのガイドを設定します。
[新規ガイドレイアウトを作成]で[列]と[行]を設定
[新規ガイドレイアウトを作成]で[列]と[行]を設定
ドキュメントを十字に割るセンターガイド
ドキュメントを十字に割るセンターガイド
次に文字列の幅を定義するガイドを引きましょう。文字列の幅は、ドキュメントの幅に対する黄金比とします。ドキュメントの幅を1:1.618で換算すると、約488:792(pixel)なので、左右に488÷2=244(pixel)のマージンを設ければ、センターに792 pixel の領域が表せます。[マージン]セクションの[上]に「0 px」、[左]に「244 px」、[下]に「0 px」、[右]に「244 px」を設定して、[OK]をクリックします。
センター十字と左右のマージンを設定
センター十字と左右のマージンを設定
文字領域を示すガイドが設定できた
文字領域を示すガイドが設定できた
ガイドは必要なの?
特に初級ユーザーの方には、あらかじめガイドを作成するような習慣がないかも知れません。これは作業の効率化を目指す操作であり、目測に頼らないデザイン定義です。「黄金比」を知っている方は、その定義によって画面(ドキュメント)を分割することだと言えば理解していただけると思います。黄金比とは、ひとつの線分を2つに分けるときの、もっともバランスがとれる比率のことです。割り出しは幾何学的に行え、その比率は1:1.618になります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
フォントを設定する
[ツール]パネルから、[横書き文字ツール]を選択します。オプションバーで、[フォントファミリーを設定]、[フォントスタイルを設定]に任意のフォントを設定します。作例では、「Cooper BT Black」を設定しました。
任意のフォントを設定
任意のフォントを設定
個性的なフォントを設定しよう!
作例で使用している「Cooper(クーパー)」は、Mac や Windows に標準インストールされているフォントです。フォント環境はご使用のパソコンによって異なります。リスト表示される任意のフォントを設定してください。袋文字には欧文やカタカナなど簡略で太い書体が適しています。
[フォントサイズを設定]メニューから、[72 pt]を選択します。
[72 pt]を選択
[72 pt]を選択
サイズを暫定的に設定!
[フォントサイズを設定]で設定したフォントサイズの結果は、使用するフォントにより見え方が統一されていません。ここでは、メニューから選択できる最大のフォントサイズを暫定的に設定しています。
[アンチエイリアスの種類を設定]に[滑らかに]、[整列オプション]に[テキストの中央揃え]を選択します。後の手順で、文字の塗り部分を背景に透かすため、設定するテキストカラーは何でもかまいません。
[アンチエイリアスの種類を設定]に[滑らかに]を選択
輪郭線を滑らかにする!
[アンチエイリアスの種類を設定]は、文字の境界線を滑らかにする種類を選択します。[シャープ]や[鮮明]などの項目がありますが、大きなサイズの袋文字に適しているのは[滑らかに]です。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
文字を入力する
ドキュメントのセンター十字ガイドの交点をクリックし、「Savoury」を入力、[enter]キーを押して、入力を確定します。
ガイドの交点をクリック→文字を入力
入力した文字の間隔は、初期設定ではフォントに設定されているカーニング値が使用されています。作例では、隣り合う文字の組み合わせにより間隔が空きバランスが悪いので、文字の間隔の調整を行います。
文字の間隔を確認
文字の間隔を確認
オプションバーで、[文字パネルと段落パネルの切り替え]をクリックして、[文字パネル]を表示します。
[文字パネルと段落パネルの切り替え]をクリック
[文字パネルと段落パネルの切り替え]をクリック
[文字パネル]で、[文字間のカーニングを設定]に[オプティカル]を選択します。
[オプティカル]を選択
[オプティカル]を選択
文字の間隔が調整できた
文字の間隔が調整できた
オプティカルとは?
文字の形状に対して、隣り合う文字のカーニング値が自動的に設定される機能で、ペアカーニング値を持たないフォントの「応急策」として適正値が割り当てられます。メトリクスとの比較は歴然としてありますが、使用するフォント、文字列によっては、優れている場合も少なくありません。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
文字列を拡大する
文字の間隔が調整できたら、文字列の幅を拡大しましょう。[command(Ctrl)]+[T]キーを押して、変形のバウンディングボックスを表示します。右上のコーナーハンドルを[shift]+[option(Alt)]+ドラッグして、文字列の幅を示す右側のガイドの位置まで拡大し、[enter]キーを押して、変形を確定します。
変形のバウンディングボックスを表示→[shift]+[option(Alt)]+ドラッグで拡大
縦横比と基準点を固定する!
変形のバウンディングボックスは、[shift]キーを押しながらドラッグすると、縦横比を固定する変形が行えます。[option(Alt)]キーを押しながらドラッグすると、基準点を固定する変形が行えます。作例では、文字列の入力がドキュメントのセンターに合わせた中央揃えだったので、[shift]キーと[option(Alt)]キーを押しながらドラッグし、縦横比と基準点を固定する変形を行いました。
文字列をセンターに合わせる
文字列をドキュメントのセンターに合わせましょう。[command(Ctrl)]+[A]キーを押して、すべてを選択します。[ツール]パネルから、[移動ツール]を選択します。オプションバーで、[垂直方向中央揃え]をクリックします。
[垂直方向中央揃え]をクリック
すべてを選択→ドキュメントのセンターに合わせる
[command(Ctrl)]+[D]キーを押して、選択を解除します。[command(Ctrl)]+[:]キーを押して、ガイドを非表示にします。入力した文字列をセンターに合わせることができました。
文字列をセンターに合わせることができた
文字列をセンターに合わせることができた
文字の輪郭線を設定する
[レイヤー]パネルで、[レイヤースタイルを追加]をクリックし、メニューから[境界線]を選択します。
[境界線]を選択
[境界線]を選択
すると、[レイヤースタイル]ダイアログが表示されます。まず、輪郭線のカラーを設定しましょう。
[レイヤースタイル]ダイアログ
[レイヤースタイル]ダイアログ
[塗りつぶしタイプ]の[カラー]のカラーボックスをクリックします。
[カラー]のカラーボックスをクリック
[カラー]のカラーボックスをクリック
すると、[カラーピッカー]ダイアログが表示されます。[ツール]パネルの[背景色]や[カラー]パネルから[ホワイト]をクリックしてサンプリング、または、[カラーピッカー]ダイアログの[H]に「0」°、[S]に「0」%、[B]に「100」%を設定して、[OK]をクリックします。
[新しい色]に「ホワイト」を設定
[新しい色]に「ホワイト」を設定
[構造]の[位置]に[外側]、[サイズ]に「17」px を設定します。
[サイズ]に「17」px を設定
[サイズ]に「17」px を設定
文字の輪郭線が設定できました。
文字の輪郭線が設定できた
文字の輪郭線が設定できた
輪郭線の太さを調整しよう!
[境界線]の[サイズ]は、適用するフォントの大きさ、種類、さらに隣接する文字によって、それぞれ適正値は異なります。[サイズ]の適正値を探るには、テキストボックスをクリックし、[↑]キー、または[↓]キーを押すと、1 px単位の増減が行えます。
[↑]キーを押すと 1 px 単位で増える→[↓]キーを押すと 1 px 単位で減る
輪郭線だけを残して背景を透かす
[レイヤースタイル]ダイアログで、[スタイル]メニューから、[レイヤー効果]を選択します。[高度な合成]の[塗りの不透明度]に「0」%を設定して、[OK]をクリックします。
[レイヤー効果]を選択して[塗りの不透明度]を設定
[レイヤー効果]を選択して[塗りの不透明度]を設定
[塗りの不透明度]に「0」%を設定
[塗りの不透明度]に「0」%を設定
文字の塗り部分が背景に透けて輪郭線だけが残った
文字の塗り部分が背景に透けて輪郭線だけが残った
[塗りの不透明度]とは?
レイヤースタイルの効果には影響を与えず、塗りの部分の不透明度だけを調整することができます。[不透明度]との違いは、「実像」と「効果」を使い分けて調整できる点です。[不透明度]では、「実像」と「効果」に等しく、設定値が適用されます。
「効果」には影響を与えずでは「実像」だけに適用される→「実像」と「効果」に等しく適用される

スポンサード リンク