【ロゴ】フォントでつくる!フチドリだけの文字「レイヤースタイルと塗りの不透明度」【2022】

【ロゴ】フォントでつくる!フチドリだけの文字「レイヤースタイルと塗りの不透明度」【2022】

大きさと位置を調整する

文字の間隔が調整できたら、文字列の幅を拡大しましょう。テキストレイヤーの拡大・縮小には、[ 変形 ] コマンドを使用しますが、ここではショートカットキーを用います。
大きさと位置を調整する

テキストを拡大・縮小

[ command ( Ctrl ) ] + [ T ] キーを押して、変形のバウンディングボックスを表示します。
右上のコーナーハンドルを [ option ( Alt ) ] + ドラッグします。すると、基準点を固定した変形が行えます。
[option(Alt)]+ドラッグで縮小
縦横比と基準点を固定する!
変形のバウンディングボックスは、そのままドラッグすると、縦横比を固定する変形が行えます。[ option ( Alt ) ] キーを押しながらドラッグすると、基準点を固定する変形が行えます。
作例では、文字列の入力が、ドキュメントのセンターに合わせた中央揃えだったので、[ option ( Alt ) ] キーを押しながらドラッグして、縦横比と基準点を固定する変形を行いました。

視覚的な調整

作例の場合、いちばん後ろの「y」の傾きやセリフによって、全体がセンターより、左側に寄って見えます。右側を少しガイドからはみ出させて、バランスを整えましょう。
ガイドからはみ出させてバランスを整える

センターに合わせる

バウンディングボックス内をドラッグすると、文字列全体の位置が移動できます。画像のセンターに合わせましょう。
センターに合わせる
[ enter ] キーを押して、変形を確定します。[ command ( Ctrl ) ] + [ : ] キーを押して、ガイドの表示 / 非表示を切り替えます。文字列をセンターに、合わせることができました。
文字列をセンターに合わせることができた
文字列をセンターに合わせることができた
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
続きは↓下の番号をクリック!
1234

スポンサード リンク