【スタイル】ドロップシャドウで輪郭の影をつくる方法【画質・輪郭】

【Photoshop基本操作】ドロップシャドウとは、Photoshop に搭載されている「レイヤースタイル」の効果のひとつです。タイプフェイスの手法としてもポピュラーな存在です。文字の形の影を落とすことで、読みやすく際立たせる効果があります。透明ガラスにできるような、光が屈折した輪郭の影もつくることができます。


カーブで輪郭の詳細を変える!
[画質] セクションの [輪郭] は、シャドウの階調をカーブで設定して、輪郭の詳細を変えることができます。プリセットの [円錐] で、輪郭の影をつくることはできますが、輪郭の内側が完全に抜けているので、少し暗くなるようにカスタマイズします。

ドロップシャドウの輪郭をカスタマイズする

これから行う操作は、レイヤースタイルの [ドロップシャドウ] で、透明ガラスにできるような、光が屈折した輪郭の影を設定する方法です。[レイヤースタイル] ダイアログには、たくさんの設定項目があります。まず、[画質] セクションの [輪郭] に注目しましょう。シャドウの輪郭を決めてから、その他の設定項目を調整することがポイントとなります。
一般的なドロップシャドウ → 光が屈折した輪郭の影
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

基本設定から適性を探る

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 640 pixel]、[高さ : 256 pixel]、[解像度 : 300 pixel/inch]、[カラーモード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く

素材画像を開く
[レイヤー] パネルで、レイヤー効果の名前 [ドロップシャドウ] をダブルクリックして、[レイヤースタイル] ダイアログを表示します。
[ドロップシャドウ] をダブルクリック

[ドロップシャドウ] をダブルクリック
[レイヤースタイル] ダイアログで、[構造] セクション、[画質] セクションの各設定を確認します。
[レイヤースタイル] ダイアログの各設定を確認

[レイヤースタイル] ダイアログの各設定を確認
[構造] – [不透明度]

シャドウの不透明度を設定します。描画モードとシャドウのカラーに影響されます。

[構造] – [角度]

シャドウの角度を設定します。[包括光源を使用] にチェックマークを付けると、包括光源を使用した他の効果と連動して、同じ設定値に変更されます。

[構造] – [距離]

シャドウの領域を、エッジからの距離 (px) で設定します。

[構造] – [サイズ]

シャドウの境界を、中心線からぼかす幅 (px) で設定します。中心線はエッジからの [距離] が反映されます。

[画質] – [輪郭]

ドロップシャドウの輪郭をプリセットの中から選択できます。サムネールをクリックすると、[輪郭エディター] ダイアログが表示されます。

[レイヤーがドロップシャドウをノックアウト]

チェックマークを付けると、オブジェクトと重なる部分のドロップシャドウが取り除かれます (初期設定)。「無効」は、オーバープリントなどの特殊な使い方に用います。

ベーシックを定義する!
[ドロップシャドウ] で、「不動の設定」とも言える頼りになる基本設定は、[構造] セクションの [角度]、[距離]、[サイズ] です。これらの設定値は、ほとんどの効果で共通して使えます。
[角度 : 120°] [距離 : 8 px] [サイズ : 8 px]

※フォントサイズ : 200 pt (解像度 : 72 pixel/inch) /48 pt (解像度 : 300 pixel/inch)
[角度] の設定値は、視覚心理として安定する「左斜め上」が「120」°です。これはドロップシャドウが光源の角度に等しく、真上の 90°から、左側に 30°傾いた角度です。しかし、これは平面的な角度なので、3次元的な光源の高度については、[距離] で感じさせることになります。光源の高度は 60°くらいが基準ですね。
シャドウの距離の適正値を割り出す

シャドウの距離の適正値を割り出す
[距離] の設定値は、対象オブジェクトの高さと光源の高度で決まるので、この場合、90°、30°、60°の直角三角形の関係 (短辺 1 : 斜辺 2 : 長辺 √3) が成り立ちます。√3 は計算が難しいので、1/2 ほどが適正値だと考えていいでしょう。[サイズ] の設定値は、[距離] を中心線とした「ぼかし幅」なので、MAX 値は2倍まで。適正値は 50% 〜 150% の範囲です。
続きは↓下の番号をクリック!

123

スポンサード リンク