【スタイル】ドロップシャドウで輪郭の影をつくる方法【画質・輪郭】

オブジェクトを透明にする

[レイヤースタイル] ダイアログで、[スタイル] メニューから、[レイヤー効果] をクリックして選択します。
[高度な合成] セクションの [塗りの不透明度] に「0」% を入力します。
[塗りの不透明度] に「0」% を入力
[塗りの不透明度] に「0」% を入力
塗りの不透明度とは?
[塗りの不透明度] は、レイヤーオブジェクトの塗りの領域のみに働き、レイヤースタイルの効果には影響を及ぼしません。たとえば、[塗りの不透明度] が「0」% のとき、塗りの領域は透明になりますが、レイヤースタイルに設定した [ドロップシャドウ] は、レイヤーオブジェクトの形状をキープし、描画色はそのまま反映されます。
[レイヤースタイル] ダイアログで、[スタイル] メニューから、[ドロップシャドウ] をクリックして選択します。
[レイヤーがドロップシャドウをノックアウト] のチェックマークを外します。
[レイヤーがドロップシャドウをノックアウト] のチェックマークを外す
[レイヤーがドロップシャドウをノックアウト] のチェックマークを外す
すると、透明色を設定したオブジェクトの背面にドロップシャドウが反映されます。
透明色を設定したオブジェクト → 背面にドロップシャドウが反映される
ノックアウトって必要なの?
実は印刷分野では、とても重要な役割を果たしています。印刷面の塗りは、プロセスカラーという限られた4色で構成されているため、刷紙の白色とカラーインクの網点が掛け合わされて、さまざまな色が表現されるしくみです。ノックアウトは、無駄な塗り重ねを省く工法なのです。
プロセスカラーのノックアウト
プロセスカラーのノックアウト
続きは↓下の番号をクリック!
123

スポンサード リンク