【ロゴ】フォントでつくる!錆びた金属板の彫り文字

【ロゴ】フォントでつくる!錆びた金属板の彫り文字

【Photoshop講座】木版や金属板に文字を彫り込んだ効果は、背景に敷くテクスチャの明暗によって簡単に作成できます。これは影によって引き起こされる「視覚錯視」を利用したもので、ポイントは光の入射角に対して影を付けることです。テキストレイヤーにレイヤースタイルを適用して、文字型で彫り込まれたような効果をつくりましょう。



段差に明暗を付ける!
窪みと出っ張りの効果は、ほとんど同じ原理で行われます。視覚心理としては、光の入射角が上で影が下だと出っ張りに見え、その逆だと窪みに見えます。このような「視覚錯視」をよりスムーズに導入させるには、窪んでいる面を少し暗くすることで距離感を出し、出っ張っている面が近くにあると認識させることです。

文字型で彫り込んだ効果をつくる

これから行う操作は、入力した文字型でテクスチャを窪ませる方法です。リアルな彫塑風ではなく、可読性を優先させたグラフィック表現にこだわります。作成後の拡大・縮小や書体変更などの編集が行える点においても、初級ユーザーの方にとって最適な教材となることでしょう。
素材に文字を入力 → 文字型で彫り込んだ効果を適用

フォントを設定する

効果を確認しやすくするため、文字の背景に画像を使用します。素材画像をダウンロードして開きましょう。素材画像は [幅 : 1280 pixel]、[高さ : 720 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
[ツール] パネルから、[横書き文字ツール] を選択します。オプションバーで、[フォントファミリーを設定]、[フォントスタイルを設定] に任意のフォントを設定します。作例では、「Swiss 721 BT Roman」を設定しました。
[フォントサイズを設定] に「185 pt」を入力します。
任意のフォントを設定
[アンチエイリアスの種類を設定] に [滑らかに] を選択します。
[整列オプション] に [テキストの左揃え] を選択します。
[テキストカラーを設定] のカラーボックスをクリックし、[カラーピッカー] ダイアログで、[ブラック] を設定して、[OK] をクリックします。
[テキストカラーを設定] に [ブラック] を設定
素材に応じたカラーを設定!
ここでは [テキストカラーを設定] に [ブラック] を設定していますが、たとえば、背景にする素材画像が明るく鮮やかな色の場合は、その色系統の暗いカラーに設定してください。
これにはテキスト部分の明度を落とす役割があり、彩度が低く暗い素材画像であれば [ブラック] で対応できますが、彩度が高く明るい素材画像では、薄汚れたような印象になるからです。設定のコツは、色の3属性である「色相」「彩度」「明度」のうち、「明度」だけの数値を下げることです。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

文字を入力する

ドキュメントの適当な箇所をクリックします。
ポイントテキストで「TRIALS」を入力します。文字が入力できたら、[現在の編集をすべて確定] をクリック、または [enter] キーを押して、入力を確定します。
ドキュメントをクリック → 文字を入力
オプションバーで、[文字パネルと段落パネルの切り替え] をクリックして、[文字パネル] を表示します。
[文字パネルと段落パネルの切り替え] をクリック
[文字パネル] で、[文字間のカーニングを設定] に [メトリクス] を選択します。
[選択した文字のトラッキングを設定] に [200] を選択します。
[文字パネル] を表示 → トラッキングに [200] を選択
トラッキングに「0」を設定 → トラッキングに [200] を設定
メトリクスとは?
「自動カーニング」とも呼ばれている機能で、たとえば「LA」、「To」、「Tr」、「Ta」、「Tu」などの「ペアカーニング値」に基づき、自動的に文字が詰められる設定です。このペアカーニング値の情報は、ほとんどの欧文フォントに含まれています。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

文字をセンターに合わせる

[command (Ctrl)] + [A] キーを押して、すべてを選択します。
[ツール] パネルから、[移動ツール] を選択し、オプションバーで、[垂直方向中央揃え] をクリックします。
続いて、[水平方向中央揃え] をクリックします。
文字をセンターに合わすことができたら、[command (Ctrl)] + [D] キーを押して、選択を解除します。
[垂直方向中央揃え] と [水平方向中央揃え] をクリック
すべてを選択 → 文字をセンターに合わせる
オブジェクトの整列とは?
[移動ツール] には、レイヤー内のオブジェクトを整列するオプションがあります。ドキュメントの範囲を基準に揃える方法と、選択範囲を基準に揃える方法があり、ひとつのレイヤーオブジェクトを対象とする場合は、整列させる前に選択範囲を作成します。揃える方向を示す6種類の整列があり、2つを組み合わせることで9箇所の位置に移動することができます。
垂直方向中央 + 左端 → 下端 + 左端 → 下端 + 右端

窪んだ面を少し暗くする

[レイヤー] パネルで、[TRIALS] テキストレイヤーの選択を確認します。
[レイヤースタイルを追加] をクリックします。
メニューから、[レイヤー効果] を選択します。
[レイヤー効果] を選択
[レイヤー効果] を選択
すると、[レイヤースタイル] ダイアログが表示されます。
[レイヤースタイル] ダイアログ
[レイヤースタイル] ダイアログ
[通常の描画] セクションの [描画モード] に [乗算] を選択します。
[高度な合成] セクションの [塗りの不透明度] に「15」% を入力します。
[塗りの不透明度] に「15」% を入力
[塗りの不透明度] に「15」% を入力
窪んだ面を少し暗く調整することができました。
[塗りの不透明度] に「100」% を設定 → [塗りの不透明度] に「15」% を設定
[塗りの不透明度] とは?
[塗りの不透明度] は、レイヤースタイルの効果をそのままにして、塗りの部分の不透明度だけを調整することができます。ここでは、テキストカラーを半透明にすることで暗く調整していますが、[塗りの不透明度] を「0」% に設定して、レイヤースタイルの [カラーオーバーレイ] などで着色することも可能です。

窪んだ面の内側に影をつける

[レイヤースタイル] ダイアログで、[スタイル] メニューから、[シャドウ (内側)] をクリックします。
[シャドウ (内側)] をクリック
[シャドウ (内側)] をクリック
[構造] セクションの [描画モード :] に [乗算] を選択し、[不透明度] に「60」% を入力します。
[角度] の [包括光源を使用] にチェックマークを入れます。[角度] に「30」°を入力します。
[距離] に「12」px、[サイズ] に「5」px を設定します。
[シャドウ (内側)] の [構造] セクションを設定
[シャドウ (内側)] の [構造] セクションを設定
窪んだ面の内側に影をつけることができました。
STEP 4 → [シャドウ (内側)] を適用
[距離] と [サイズ] の関係!
[距離] は、ドロップシャドウの長さです。[サイズ] が「0」px のとき [距離] が「0」px なら、ドロップシャドウは現れません。[サイズ] が「0」px のとき [距離] が「12」px なら、「12」px の長さのハッキリした境界線のドロップシャドウが適用されます。
[サイズ] は拡散する半径の距離です。[サイズ] に「5」px を設定すると、ドロップシャドウの境界線を中心として、内側と外側が拡散されます。
[包括光源を使用] とは?
レイヤースタイルの効果には、立体的な見え方を演出する [陰影] の設定が深く関係してきます。[陰影] とは、光源の角度や高度によってできる影、または光沢などの効果です。[包括光源を使用] とは、たとえば、物体の影の方向と光源の方向を合わせたいときに使用します。
最初に設定した [角度] を含む項目 → チェックマークを入れると他の [角度] と連動する
[包括光源を使用] にチェックマークを入れると、包括光源を使用した他の設定のどれかひとつの [角度] を変更しても、連動して同じ設定値に変更されます。[包括光源を使用] のチェックマークを外すと、他の設定に影響しない単独の数値が設定できます。
最初に設定した [角度] を含む項目 → チェックマークを外すと他の [角度] に影響しない

エッジに光と影をつける

[レイヤースタイル] ダイアログで、[スタイル] メニューから、[ベベルとエンボス] をクリックします。
[ベベルとエンボス] をクリック
[ベベルとエンボス] をクリック
[構造] セクションの [スタイル] に[エンボス]、[テクニック] に [シゼルハード] を選択、[深さ] に「100」% を設定、[方向] に [下へ] を選択、[サイズ] に「2」px を設定します。
[ベベルとエンボス] の [構造] セクションを設定
[ベベルとエンボス] の [構造] セクションを設定
[陰影] セクションの [角度] の [包括光源を使用] にチェックマークを入れます。[角度] に「30」°を設定、[高度] に「30」°を設定します。
[光沢輪郭] に [線形] を選択、[アンチエイリアス] を無効にします。
[ハイライトのモード] に [スクリーン] を選択、[ハイライトのカラーを設定] に [ホワイト]、[不透明度] に「90」% を設定します。[シャドウのモード] に [乗算] を選択、[シャドウのカラーを設定] に [ブラック]、[不透明度] に「60」% を設定します。
[ベベルとエンボス] の [陰影] セクションを設定
[ベベルとエンボス] の [陰影] セクションを設定
エッジに光と影をつけることができました。
STEP 5 → [ベベルとエンボス] を適用
すべての設定ができたら、[OK] をクリックします。
[OK] をクリック
[OK] をクリック
文字型で彫り込んだ効果をつくることができました。
文字型で彫り込んだ効果をつくることができた
文字型で彫り込んだ効果をつくることができた
レイヤースタイルの効果を拡大・縮小
テキストレイヤーは再編集が可能なので、テキストの内容を変更しても、レイヤースタイルの効果はそのまま適用されます。しかし、使用するフォントの種類やサイズによって、レイヤースタイルの効果が合わないこともあります。そんなときは、[レイヤー効果を拡大・縮小] を活用しましょう。
テキストの内容を変更する → 効果をそのまま適用できる
[レイヤー] メニューから、[レイヤースタイル] → [効果を拡大・縮小] を選びます。[レイヤー効果を拡大・縮小] ダイアログで、任意の [比率] を入力して、[OK] をクリックします。すると、レイヤースタイルのすべての効果を拡大・縮小できます。
任意の [比率] を入力
任意の [比率] を入力
テキストサイズを4倍に設定→レイヤースタイルの効果を拡大できた

スポンサード リンク