写真をイラスト調に!暗い画像を明るくしたHDR風

写真をイラスト調に!暗い画像を明るくしたHDR風「Camera Raw フィルターの活用」

ビネット効果をつける

[ Camera Raw ] 操作パネルで、[ 効果 ] をクリックして表示します。
[効果]をクリック
[ 効果 ] をクリック
[ 切り抜き後の周辺光量補正 ] セクションの [ 適用量 ] に [ -30 ] を入力します。
[切り抜き後の周辺光量補正]を設定
[ 切り抜き後の周辺光量補正 ] を設定
ビネット効果をつける
すべての設定ができたら、[ OK ] をクリックします。RAW データの場合は、[ 画像を開く ] をクリックします。
[OK]をクリック
[ OK ] をクリック
[Camera Raw]による統合的な色調補正ができた
[ Camera Raw ] による統合的な色調補正ができた
ビネットをコントロール!
[ 切り抜き後の周辺光量補正 ] の [ 適用量 ] は、[ – ] 側が暗くなり、[ + ] 側が明るくなります。[ 中心点 ] は、[ 0 ] が最小で、[ 100 ] が最大になります。
初期設定は中間値の [ 50 ] です。[ 丸み ] は、[ 0 ] から [ -100 ] が画角に対しての角丸で、[ 0 ] から [ 100 ] に近付くほど正円になります。[ ぼかし ] はビネットとの境界のぼかしで、数値が大きいほどぼかしが強くなります。
続きは↓下の番号をクリック!
123456

スポンサード リンク