【レタッチ】広角撮影のゆがみをまっすぐに補正する【レンズ補正】

【レタッチ】広角撮影のゆがみをまっすぐに補正する方法【レンズ補正】

遠近の収束を補正する

[ 変形 ] セクションの [ 垂直方向の遠近補正 ] は、被写体を平面で捉えて下から見上げると、上部が遠近法により小さく見えることを補正します。補正量は最大が [ 100 ] で、百分率による増減の調整が行えます。
[ 垂直方向の遠近補正 ] に [ -20 ] を設定します。
[垂直方向の遠近補正]に[-20]を設定
[ 垂直方向の遠近補正 ] に [ -20 ] を設定
すると、上部に向かって収束していた、画像全体が拡散され、垂直方向の傾き ( 角度 ) が補正されます。ここでは、グリッドを参考にして、およその傾きが垂直方向になるように設定しました。
STEP3→垂直方向の傾きが補正された
[ 変形 ] セクションの [ 水平方向の遠近補正 ] は、被写体を平面で捉えて、左右どちらかの方向から見ると、反対方向が遠近法により、小さく見えることを補正します。補正量は最大が [ 100 ] で、百分率による増減の調整が行えます。
[ 水平方向の遠近補正 ] に [ +10 ] を設定します。
[水平方向の遠近補正]に[+10]を設定
[ 水平方向の遠近補正 ] に [ +10 ] を設定
すると、左側に向かって収束していた、画像全体が拡散され、水平方向の傾き ( 角度 ) が補正されます。ここでは、[ 垂直方向の遠近補正 ] の負の設定値に対して、1/2 の正の設定値を定義して、バランスを取っています。
適用前→水平方向の傾きが補正された
控えめな設定を心がけよう!
遠近で収束する現象は、広角レンズに限らず起こることです。したがって、水平と垂直に合わせた補正を行うと、変形の違和感が出る場合があります。作例では、変形の違和感が出にくい被写体 ( 高層ビル群 ) を使用しているので、水平と垂直に合わせた補正を、暫定的に行いました。
続きは↓下の番号をクリック!
12345

スポンサード リンク