【レタッチ】広角撮影のゆがみをまっすぐに補正する【レンズ補正】

【レタッチ】広角撮影のゆがみをまっすぐに補正する方法【レンズ補正】

【Photoshop基本操作】画像の歪みは、広角レンズで撮影した場合に多く現れます。水平と垂直が定まっていないこともあるので、傾きだけの補正でトリミングすることは難しいです。[レンズ補正] を使用すると、遠近の収束と歪みが同時に設定できます。一度の操作で補正から切り抜きまでを実行しましょう。


ゆがみからのパースペクティブ!
気になるパースから直したい! と思うのは心情ですが、そこをグッとこらえて、まず、広角レンズ特有の膨らんだ歪みを補正しましょう。たとえば、対象の画像が大きく傾いていたり、水平や垂直の基準がわかりにくい場合などは、行き過ぎたパースを設定してしまいがちになるからです。
[レンズ補正] では、[歪曲収差] が膨らんだ歪みをコントロールするところです。歪みを十分に整えてから、控えめなパース修正を心がけておくと、自然な仕上がりが期待できるし、作業効率も向上します。

遠近の収束と歪みを補正

これから行う操作は、画像の歪みを補正して切り抜く方法です。広角レンズ特有の膨らんだ歪みは構造的なもので、画角が広くなればなるほど、膨らんだ歪み [歪曲収差] は大きくなります。しかし、遠近で収束する現象 (パースペクティブ) は、どんな場合にでも起こることなので、これらを切り離して考える方が得策です。[レンズ補正] で歪みと遠近の収束を修正しましょう。
元画像→広角撮影のゆがみをまっすぐに修正する
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

スマートオブジェクトに変換する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1280 pixel]、[高さ : 853 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く

素材画像を開く
photo by vataldo91
高解像度を選ぶ!
[レンズ補正] は、画像の変形によって補正する機能なので、適用後の画質は、元画像よりも劣化します。作例では、低解像度の素材画像を使用していますが、なるべく高解像度の素材画像を選びましょう。
[フィルター] メニューから、[スマートフィルター用に変換] を選択して適用します。[レイヤー] パネルで、スマートオブジェクトに変換されたことを確認します。
スマートオブジェクトを確認

スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトとは?
[スマートフィルター用に変換] を適用すると、選択したレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、適用後の色調補正やフィルターが再編集できます。
警告アラート

警告アラート
[背景] に適用すると、レイヤー名が [レイヤー 0] に変更され、[背景] では設定できなかった [描画モード] や [不透明度]、[位置をロック] などが有効になります。
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク