【色調補正】カラー写真をクールなモノクロにする【白黒】

【色調補正】カラー写真をクールなモノクロにする方法【白黒】

【Photoshop基本操作】カラー写真をモノクロにする場合、最も簡単な方法である [彩度を下げる] を適用すると、印象的な赤い唇が薄くなってしまったり、肌の陰影が暗く荒れてしまうことがあります。これは、単にカラー情報が破棄され、明度の情報だけでグレースケールが構成されるためです。詳細な設定ができる [白黒] で、クールなモノクロに仕上げましょう。


輝度で色を感じさせる!
カラーでは識別できても、モノクロ変換すると識別しにくい色があります。それを印象的に操作しようとするのが、このレッスンのテーマです。
色相と彩度の違いを「輝度」という概念で階調化するには、さまざまな色系統で調整ができる [白黒] が便利です。補色関係にあるフィルターを適用してみると、モノクロ変換のしくみがわかりやすいですよ。

赤い唇と白い肌を対比させる

これから行う操作は、カラー写真を印象的にモノクロ変換する方法です。作例では、素材の色彩を排除して、情景や人物の表情を強調することを目的とし、女性の赤い唇と白い肌を対比させることを主な内容とします。論理的な設定や直感的な操作を応用して、これからの作品づくりに役立てましょう。
元画像 → [白黒] によるモノクロ変換
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

調整レイヤーを作成する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は [幅 : 2362 pixel]、[高さ : 1576 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く

素材画像を開く
[レイヤー] パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成] をクリックし、メニューから [白黒] を選択して、[白黒 1] を作成します。
[白黒 1] を作成

[白黒 1] を作成
[白黒] 調整レイヤーを作成すると、[属性] パネルの [プリセット] に、[初期設定] が選択されます。[初期設定] の設定を確認してください。
[白黒] の [初期設定] は、[彩度を下げる] に比べ、一般的な事例に基づき、色相の違いが出るよう改善されています。
[初期設定] の設定を確認

[初期設定] の設定を確認
[白黒] の [初期設定] が適用されました。
元画像 → [白黒] の [初期設定] が適用された
[彩度を下げる] と [白黒] の違い!
モノクロ変換する方法として、一般的に最も使用されているのは、[イメージ] メニューから、[色調補正] → [彩度を下げる] を適用することだと思います。用途に応じて使い分けることが前提ですが、両者はアルゴリズム (計算方法) が異なります。彩度、明度が 100% (MAX 値) の異なる色相によって表したカラーチップで比較してみましょう。
RGB スペクトルの色相環 → [彩度を下げる]
RGB スペクトルの色相環 → [白黒] (輝度を優先)
[彩度を下げる] は、カラーモードを変更せず、各チャンネルに同じグレースケールを振り分けることで彩度を下げます。明度の情報で変換されるので、異なる色でも同じ明度を持つ色は、同じ濃度のモノクロになって見分けがつかなくなります。
輝度を優先させた場合の [白黒] の設定例

輝度を優先させた場合の [白黒] の設定例
[白黒] は、6つの色系統で、すべてのグレースケール値に置き換えることができるので、たとえば、見た目の印象がいちばん近い、輝度を優先させた調整も行え、極端には、白いものも黒に置き換えられる、自由自在なモノクロ変換が可能になります。
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク