【色調補正】カラー写真をクールなモノクロにする【白黒】

【色調補正】カラー写真をクールなモノクロにする【白黒】

【Photoshop基本操作】カラー写真をモノクロにする場合、最も簡単な方法である[彩度を下げる]を適用すると、印象的な赤い唇が薄くなってしまったり、肌の陰影が暗く荒れてしまうことがあります。これは、単にカラー情報が破棄され、明度の情報だけでグレースケールが構成されるためです。詳細な設定ができる[白黒]で、クールなモノクロに仕上げましょう。


輝度で色を感じさせる!
カラーでは識別できても、モノクロ変換すると識別しにくい色があります。それを印象的に操作しようとするのが、このレッスンのテーマです。色相と彩度の違いを「輝度」という概念で階調化するには、さまざまな色系統で調整ができる[白黒]が便利です。補色関係にあるフィルターを適用してみると、モノクロ変換のしくみがわかりやすいですよ。
赤い唇と白い肌を対比させる
これから行う操作は、カラー写真を印象的にモノクロ変換する方法です。作例では、素材の色彩を排除して、情景や人物の表情を強調することを目的とし、女性の赤い唇と白い肌を対比させることを主な内容とします。論理的な設定や直感的な操作を応用して、これからの作品づくりに役立てましょう。
元画像→[白黒]によるモノクロ変換
[白黒]調整レイヤーを作成する
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は[幅:2362 pixel]、[高さ:1576 pixel] 、[解像度:72 pixel/inch]、[モード:RGBカラー]を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[白黒]を選択して、[白黒 1]を作成します。
[白黒 1]を作成
[白黒 1]を作成
[白黒]ダイアログを確認します。[白黒]調整レイヤーを作成すると、[プリセット]に[初期設定]が選択されます。[初期設定]の設定を確認してください。[白黒]の[初期設定]は、[彩度を下げる]に比べ、一般的な事例に基づき、色相の違いが出るよう改善されています。
[初期設定]の設定を確認
[初期設定]の設定を確認
[白黒]の[初期設定]が適用されました。
元画像→[白黒]の[初期設定]が適用された
[彩度を下げる]と[白黒]の違い!
モノクロ変換する方法として、一般的に最も使用されているのは、[イメージ]メニューから、[色調補正]→[彩度を下げる]を適用することだと思います。用途に応じて使い分けることが前提ですが、両者はアルゴリズム(計算方法)が異なります。彩度、明度が100%(MAX値)の異なる色相によって表したカラーチップで比較してみましょう。
RGBスペクトルの色相環→[彩度を下げる]
RGBスペクトルの色相環→[白黒](輝度を優先)
[彩度を下げる]は、カラーモードを変更せず、各チャンネルに同じグレースケールを振り分けることで彩度を下げます。明度の情報で変換されるので、異なる色でも同じ明度を持つ色は、同じ濃度のモノクロになって見分けがつかなくなります。
輝度を優先させた場合の[白黒]の設定例
輝度を優先させた場合の[白黒]の設定例
[白黒]は、6つの色系統で、すべてのグレースケール値に置き換えることができるので、たとえば、見た目の印象がいちばん近い、輝度を優先させた調整も行え、極端には、白いものも黒に置き換えられる、自由自在なモノクロ変換が可能になります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
イメージに近いプリセットを選ぶ
詳細な設定を行う前に、[白黒]についての知識を広めておきましょう。まず、簡単に設定できる[プリセット]から、イメージに近いものを選択します。[白黒]ダイアログで、[プリセット]に[グリーンフィルター]を選択します。
[グリーンフィルター]を選択
[グリーンフィルター]を選択
[初期設定]に比べ、女性の肌が淡く(明るく)、唇が濃く(暗く)なりました。
[初期設定]を設定→[グリーンフィルター]を設定
写真撮影用フィルターと同じ!
[白黒]には、モノクロ写真の撮影時に用いられる代表的なフィルターを再現できるプリセットが用意されています。適用するフィルターの色と結果は補色関係にあり、たとえば、グリーンフィルターを適用すると赤色の部分が暗く(濃く)なり、緑色の部分が明るく(淡く)なります。
[彩度を下げる]→[白黒](ブルーフィルター)
[白黒](グリーンフィルター)→[白黒](レッドフィルター)
人物撮影の多くは、グリーンフィルターが使用されることが多く、[白黒]の設定においても、[グリーンフィルター]を選択、または、[グリーンフィルター]の設定値を元に調整を行うと効率的です。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
[指先ツール]で直感的に調整する
[グリーンフィルター]の設定値から、女性の唇がさらに濃くなるように調整しましょう。元画像の唇は赤いので、[白黒]ダイアログの[レッド系]を調整すれば濃くできますが、調整したい対象のカラーが混色、または成分がわかりにくい場合などは、画像上を直接ドラッグして調整することもできます。[白黒]ダイアログで、[指先ツール]をクリックします。
[指先ツール]をクリック
ドキュメント内で、唇の部分を左方向にドラッグして、唇の部分が濃くなるように調整します。
左方向にドラッグ→唇の部分が濃くなった
必要であれば、その他の色系統も同様にドラッグして調整します。
STEP2→その他の色系統を調整
作例では、プリセット[グリーンフィルター]を元にして、唇、肌、背景に要点を絞り調整を行いました。
唇を濃くするため、[レッド系]に「20」を設定します。
肌のトーンを少し強くするため、[イエロー系]に「100」を設定します。
背景にメリハリを出すため、[シアン系]に「20」を設定します。
[グリーンフィルター]からの調整例
[グリーンフィルター]からの調整例
ドラッグ操作はスライダーと同じ!
[指先ツール]アイコンをクリックすると、画像上をドラッグして直接操作できるモードに切り替わります。操作方法はスライダーと同じで、左方向にドラッグすると数値が小さくなり、右方向にドラッグすると数値が大きくなります。
STEP2→その他の色系統を調整
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
コントラストをつける
カラー写真からのモノクロ変換は、特にシャドウ領域が浅くなりがちです。コントラストをつけて引き締めましょう。[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[トーンカーブ]を選択して、[トーンカーブ 1]を作成します。
[トーンカーブ 1]を作成
[トーンカーブ 1]を作成
[トーンカーブ]ダイアログを設定します。
トーンカーブの中間点をクリックして、ポイントを作成します。[入力]に「128」、[出力]に「128」を入力します。
シャドウ点のポイントを選択して、[入力]に「8」、[出力]に「0」を入力します。
シャドウ領域にポイントを作成し、[入力]に「64」、[出力]に「40」を入力します。
[トーンカーブ]ダイアログを設定
[トーンカーブ]ダイアログを設定
STEP 3→コントラストをつける
定石はS字カーブ!
[トーンカーブ]でコントラストをつける場合は、明るい部分をより明るく、暗い部分をより暗くする「S字カーブ」が基本になります。設定のポイントは、対象画像の全体を明るくしたいのか、暗くしたいのかといった目指す方向を決めておくことです。
作例の場合は、現状の中間調を維持したいので、トーンカーブの中間点にアンカーとなるポイントを作成しました。そして、シャドウ領域を暗くしたいので、対角線よりも下側にポイントを調整しました。これによりハイライト領域も連動して変化し、滑らかなS字カーブが作成できます。
ビネット効果を加える
画像の周辺が暗くなるビネット効果を加えましょう。[レイヤー]パネルで、[新規レイヤーを作成]を[option(Alt)]キーを押しながらクリックします。
[option(Alt)]+クリック
[option(Alt)]+クリック
[新規レイヤー]ダイアログで、[描画モード]に[乗算]を選択し、[乗算の中性色で塗りつぶす(白)]にチェックマークを入れ、[OK]をクリックします。
[新規レイヤー]ダイアログを設定
[新規レイヤー]ダイアログを設定
[フィルター]メニューから、[スマートフィルター用に変換]を適用します。[レイヤー 1]がスマートオブジェクトに変換されたことを確認します。
警告アラート
警告アラート
スマートオブジェクトを確認
[フィルター]メニューから、[レンズ補正]を選択します。[レンズ補正]操作パネルで、[カスタム]タブをクリックします。
[レンズ補正]操作パネル
[レンズ補正]操作パネル
[カスタム]パネルで、[周辺光量補正]の[適用量]に「-50」、[中心点]に「+25」を設定して、[OK]をクリックします。
[周辺光量補正]を設定
[周辺光量補正]を設定
ビネット効果を加えることができました。
STEP4→ビネット効果を加える
カラー写真をクールなモノクロにすることができた
カラー写真をクールなモノクロにすることができた
編集可能なビネット効果!
ビネット効果を適用している[レイヤー 1]は、スマートオブジェクトに変換しているので、適用後のフィルターが再編集できます。[レイヤー]パネルで、[レンズ補正]をダブルクリックすると、[レンズ補正]操作パネルが表示されます。ビネット効果の調整は、[周辺光量補正]の[適用量]が強さ、[中心点]が放射状の範囲です。
[着色]オプションでセピア調にする!
[白黒]の[着色]にチェックマークを入れると、[初期設定]のセピア調が適用されます。[着色]オプションで設定した色が画像に反映される仕組みは、描画モードの[カラー]に相当し、設定する色の彩度が増しても、明るさが変わらない特性を持っています。
[着色]にチェックマークを入れる
カラーチップをクリックすると、[カラーピッカー]ダイアログが表示されるので、任意のカラーが設定可能です。[着色]オプションを有効にする場合は、淡い階調の方が効果的であるため、コントラストをつける[トーンカーブ]は無効にしておきましょう。
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[着色]に任意のカラーを設定
[着色]に任意のカラーを設定

スポンサード リンク