切り抜きを極める!画像のトリミング方法10選

切り抜きを極める!画像のトリミング方法10選

【Photoshop基本操作】トリミングとは、画像の不要な部分を取り除く、または必要な部分を切り抜いて、目的の形状内で構図を整えることを言います。Photoshop には、[切り抜きツール] と [切り抜き]、[トリミング] といったコマンドがありますが、その他にも、画像のトリミングに関した操作が多くあります。その代表的なトリミング方法の概要をご紹介しましょう。


目的の形状やサイズを決めておく!
不要な部分を取り除くトリミング以外は、フリーハンドで作業を行うなんてナンセンスです。なぜならば、トリミングを行う動機として、目的とする形状や決まったサイズがあるハズだからです。そして、拡大・縮小による「画質の劣化」にも気を付けなければなりません。失敗しないトリミングには「非破壊編集」が常識です。

不要な部分を取り除くトリミング

Photoshop の標準ドキュメントでは、ピクセルが含まれた部分に対して、「透明ピクセル」と言われる、色の情報を持つピクセルが含まれていない部分があります。Web 用画像の場合には、この透明ピクセルの領域を「不要な部分」とすることも多く、ドキュメント内に余分な [背景] が含まれている場合でも、必要な部分だけを切り抜く作業が多くあります。
SELECT_01

選択範囲で切り抜いてトリミングする

スクリーンショットの不要な部分を取り除く場合など、切り抜く境界線がハッキリした画像に適しています。直感的な操作で手早く切り抜くことができます。
選択範囲で切り抜いてトリミングする
【操作方法】
[ツール] パネルで、[長方形選択ツール] を選択します。
[長方形選択ツール] を選択

[長方形選択ツール] を選択
ドキュメントの必要な部分をドラッグして、選択範囲を作成します。
必要な部分をドラッグ

必要な部分をドラッグ
[イメージ] メニューから、[切り抜き] を選択して適用します。
選択範囲がそのまま残っているので、[command (Ctrl)] + [D] キーを押して、選択を解除します。
[切り抜き] を適用

[切り抜き] を適用
変形値表示の無敵ツール!
[長方形選択ツール] で選択範囲を作成するとき、カーソルの近くに状況に応じた変形値が表示されます。ピクセル単位の詳細な操作性と利便性は、他のツールの追随を許さないほどのパフォーマンスがあります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

スポンサード リンク