写真をイラスト調に!鉛筆で描いたスケッチ風

写真をイラスト調に!鉛筆で描いたスケッチ風

【Photoshop講座】写真をイラスト調にするポピュラーな手法としてスケッチ風があります。しかし、思うような効果が出ないことも多いですよね? その原因のひとつは用紙の風合いです。鉛筆のタッチは用紙の質感によって擦れるので、それがないと違和感を感じるワケです。女性の写真を鉛筆で描いたスケッチ風に加工しましょう。


「線」より「面」を捉える!
一般的なイラスト調と言われる加工には輪郭線が欠かせません。しかし、スケッチから発展させたデッサンでは、「面」を捉えることが重要な目的とされています。それは陰影によって立体感を表す技法なので、モノクロ写真とよく似た考え方で表現します。モノクロ写真との大きな違いは、暗い部分を明るくして面を捉えることです。鉛筆のタッチや用紙の質感と合わせて、写実的な表現を崩していくとデッサン風のスケッチに見えるようになります。
写真を鉛筆スケッチ風に加工
これから行う操作は、写真の人物を鉛筆スケッチ風に加工する方法です。素材画像の背景は、人物の肌色より明るい無背景のものが適しています。素材画像は、カラーでもモノクロでも同様の効果を出すことができますが、カラーの方が詳細なディテールが出やすいです。
元画像→写真を鉛筆スケッチ風に加工
暗い部分を明るくする
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅:1080 pixel]、[高さ:720 pixel] 、[解像度:72 pixel/inch]、[モード:RGBカラー]を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
photo by Ha-Wee
効果に適した素材を選ぼう!
スケッチ風に適した人物の素材は、白い壁などを背景に撮影したもの、またはオブジェクトを切り抜きしたものです。フィルター効果の大半は、ピクセルを基準に考えられているので、適用する画像の大きさに影響します。大きい画像のままでは、細かくフラットなタッチになる場合があるので、ピクセル数を適度な大きさにスケールダウンしておきましょう。
ドキュメントサイズの目安!
[解像度]の設定値は、適用結果に直接関係しませんが、スケールダウンする場合には、「72 pixel/inch」に設定しておきます。[ピクセル数]の目安は、ピクセル等倍で、パソコン画面に表示できる大きさです。作例では、1080 x 720 pixel に設定しました。
画像解像度ダイアログを設定
画像解像度ダイアログを設定
バージョン CS 6 以前では、[画像解像度]ダイアログの設定項目が異なっています。[縦横比を固定]、[画像の再サンプル]にチェックマークを入れ、[ドキュメントのサイズ]セクションの[解像度]、[ピクセル数]セクションの[高さ]の順で設定してください。[再サンプル]オプションの補間方法には、[バイキュービック自動]、または[バイキュービック法(滑らかなグラデーションに最適)]を選択してください。
[イメージ]メニューから、[色調補正]→[シャドウ・ハイライト]を選択します。[シャドウ・ハイライト]ダイアログで、[シャドウ]セクションの[量]に「100」%を入力して、[OK]をクリックします。
[量]に「100」%を入力
[量]に「100」%を入力
素材画像の暗い部分を明るくすることができました。
元画像→暗い部分を明るくする
暗い部分を明るくする理由!
髪の毛などの細かいディテールが、後の手順で適用するフィルターで感知しやすくするため、あらかじめ暗い部分を明るくしておきます。[シャドウ]の[量]を大きくすると、明るい部分をそのままに、暗い部分だけが明るくなります。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】写真をイラスト調に!鉛筆書きのスケッチ風
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

モノクロにして粒子と白地を強調する
[レイヤー]パネルで、[背景]を[新規レイヤーを作成]にドラッグして、[背景 のコピー]を作成します。
[背景 のコピー]を作成
[背景 のコピー]を作成
[イメージ]メニューから、[色調補正]→[彩度を下げる]を選択して適用します。
適用前の画像→[彩度を下げる]を適用
[レイヤー]メニューから、[スマートオブジェクト]→[スマートオブジェクトに変換]を選択します。
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトとは?
[スマートオブジェクトに変換]を適用すると、[背景]やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、切り抜き後の画像が再編集できます。[背景]に適用すると、レイヤー名が[レイヤー 0]に変更され、[背景]では設定できなかった[描画モード]や[不透明度]、[位置をロック]などが有効になります。
[フィルター]メニューから、[フィルターギャラリー]を選択します。[フィルターギャラリー]操作パネルで、[テクスチャ]→[粒状]を選択します。
[粒状]を選択
[粒状]を選択
[粒状]ダイアログで、[粒子の種類]に[小斑点]を選択し、[コントラスト]に「1」、[密度]に「10」を設定します。
[粒状]ダイアログを設定
[粒状]ダイアログを設定
[粒状]適用前(プレビュー)→[粒状]適用後(プレビュー)
[粒状]設定のポイント!
[コントラスト]の初期設定は、中間値の「50」が設定されています。設定値を小さくして、顔全体のトーンを出します。[密度]は、粒子の濃さを調整するもので、初期設定では「25」に設定されています。設定値を大きくすると濃いトーン、小さくすると淡いトーンになります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
鉛筆のタッチと用紙の質感をつける
[フィルターギャラリー]操作パネルで、[新しいエフェクトレイヤー]をクリックします。
[粒状]の複製を確認します。
[フィルターギャラリー]操作パネル
[フィルターギャラリー]操作パネル
[新しいエフェクトレイヤー]をクリック→[粒状]の複製を確認
[フィルターギャラリー]操作パネルで、[アーティスティック]→[粗いパステル画]を選択します。
[粗いパステル画]を選択
[粗いパステル画]を選択
[テクスチャ]に[カンバス]を選択し、[拡大・縮小]に「100」%、[レリーフ]に「20」を入力、[照射方向]に[下へ]を選択ます。
[ストロークの長さ]に「6」、[ストロークの正確さ]に「4」を入力して、[OK]をクリックします。
[粗いパステル画]ダイアログを設定
[粗いパステル画]ダイアログを設定
鉛筆のタッチと用紙の質感をつけることができました。
[粗いパステル画]適用前→[粗いパステル画]適用後
[粗いパステル画]設定のポイント!
[粗いパステル画]は、画像を斜線にする[ストローク]と、用紙の風合いをつける[テクスチャ]が、ひとつの効果として適用されるフィルターです。初期設定のままでも、驚くような効果が出ます。[照射方向]は、選択したテクスチャの風合いを出す影の角度を設定するものです。
[テクスチャ]に[紙 - 水彩画]を選択
[テクスチャ]に[紙 – 水彩画]を選択
基本機能に含まれていないテクスチャを使用すると、さらに効果的です。[テクスチャの読み込み]をクリックして、任意のテクスチャを読み込んでください。作例では、Photoshop に付属している照明効果用テクスチャ[紙 – 水彩画]を使用しています。
[テクスチャ]に[カンバス]を使用(部分)→[テクスチャ]に[紙 - 水彩画]を使用(部分)
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
全体を薄くして鉛筆色にする
[イメージ]メニューから、[色調補正]→[レベル補正]を選択します。[レベル補正]ダイアログで、[出力レベル]に「48 / 255」を入力して、[OK]をクリックします。
[レベル補正]ダイアログを設定
[レベル補正]ダイアログを設定
[レベル補正]適用前→[レベル補正]適用後
写真の人物を鉛筆で描いたスケッチ風に加工することができました。
写真を鉛筆スケッチ風に加工することができた
写真を鉛筆スケッチ風に加工することができた
カラーパステルに簡単チェンジ!
鉛筆スケッチ風からカラーパステル風に簡単チェンジすることができます。[レイヤー]パネルで、[背景 のコピー]を選択して、描画モードを[輝度]に変更します。すると、鉛筆スケッチ風が元画像のカラーと合成され、カラーパステル風にすることができます。
描画モード[輝度]を選択
描画モード[輝度]を選択
鉛筆スケッチ風→カラーパステル風

スポンサード リンク