基本がわかる!ドキュメントの保存

基本がわかる!ドキュメントの保存

【Photoshop基本操作】ドキュメントの保存とは、新しく作成したドキュメント (ファイル) や、編集を加えた画像をファイルに保存することをいいます。[保存]、または [別名で保存] では、ファイルの保存場所、フォーマット (ファイル形式)、カラープロファイルの埋め込みなどが設定できます。


フォーマットを知ろう!
[フォーマット] とは、別のアプリケーションや違うパソコンでも共通して使えるようにするもので、ファイル名の後に付いている「.jpg」や、「.png」などの拡張子で見分けることができます。
どんなフォーマットがあるのか? また、それがどのような場面で使われるものなのか? ドキュメントのフォーマットについて学びましょう。
基本がわかる!ドキュメントの保存

prevnext

CHAPTER-01

ドキュメントを保存する

これから行う操作は、新しく作成したドキュメントの保存、または開いたファイルを編集して保存する操作方法です。
編集後のドキュメントを保存する

編集後のドキュメントを保存する
新しく作成したドキュメントは、まだどこにも保存されていないので、ファイルを閉じる操作をすると自動的に [別名で保存] ダイアログが表示されます。
すでに保存されているドキュメントは、上書き保存か別名で保存することになります。同じドキュメントの保存でも、用途によって保存する操作は異なります。
【操作方法】
[別名で保存] ダイアログを表示します。
[ファイル] → [保存]
ショートカットキー : [command (Ctrl)] + [S]
新しく作成したドキュメントの保存、または開いたファイルを編集し、同じフォーマットで上書き保存したい場合に選択します。
[ファイル] → [別名で保存]
ショートカットキー : [shift] + [command (Ctrl)] + [S]
開いたファイルに別の名前や、フォーマットなどを変更して保存したい場合に選択します。
[名前] に任意のドキュメント名を入力します。
ファイルの保存場所を選択します。
[フォーマット] に任意のファイル形式を選択します。※フォーマットについては、下記の「[別名で保存]で設定できるフォーマット」を参照してください。
[保存] に保存オプション (任意)、[カラー] にカラープロファイルの埋め込み (任意) を設定し、[保存] をクリックします。※ [保存] オプションについては、下記の「[保存]オプションの設定」を参照してください。
[別名で保存] ダイアログを設定

[別名で保存] ダイアログを設定
ドキュメント名はいつでも変更できる!
開いたファイルを [別名で保存] する場合は、ドキュメント名がそのまま継続されますが、変更も可能です。ドキュメント名の末尾の拡張子は、[フォーマット] を選択すると自動的に変更されます。
ファイルの保存場所?
ファイルの保存場所は、作業中のドキュメントならデスクトップや、アクセスしやすいフォルダを選びましょう。新しいフォルダに保存したい場合は、フォルダの保存場所を選択して、[新規フォルダ] をクリックします。[新規フォルダ] ダイアログで、[新規フォルダの名前] に任意のフォルダ名を入力し、[作成] をクリックします。
基本がわかる!ドキュメントの保存

prevnext

スポンサード リンク