基本がわかる!マスクの種類と作り方

基本がわかる!マスクの種類と作り方

【Photoshop基本操作】レイヤーマスクとは、不要な部分を隠す機能です。背景から人物を切り抜くときなどに使われています。自然で滑らかな境界線がつくれるので、画像合成の仕上がりを左右する重要なテクニックとなります。用途によって使い分けるレイヤーマスクの種類と作り方をご紹介しましょう。


ピクセルとベクトルを使い分ける!
レイヤーマスクを使用した切り抜きは、型紙のようなもので抜くイメージです。なので、切り抜きの境界線にピッタリの型紙をつくるテクニックが求められます。オブジェクトの正確な形状をトレースすることはもちろん、時には曖昧にしたり簡単にしたり、境界線をぼかすことだって必要になります。ピクセルマスクとベクトルマスクは、このような境界線の違いによって使い分けましょう。

レイヤーマスクの基本

オブジェクトを切り抜く場合、不要な部分を「マスク領域」といいます。マスク領域の作成方法で、最も多く行われているのは、選択範囲からレイヤーマスクを作成することです。レイヤーマスクとは、グレースケール画像の明度によって、マスク領域が塗り分けられた「ピクセルマスク」です。最もポピュラーなレイヤーマスクの作成方法から、レイヤーマスクの基本を探っていきましょう。
レイヤーマスクの概念図
レイヤーマスクの概念図

白黒で塗り分けられたマスク領域

レイヤーマスクに用いられれる「ピクセルマスク」とは、「ベクトルマスク」とを区別する言い方です。マスクの基本を語る上では、このピクセルマスクのしくみが取り上げられることが多いです。白黒で塗り分けられたマスク領域は、明度の違いによって、ひとつひとつのピクセルに不透明度が換算されます。たとえば、明度0%の黒は不透明度0%、明度50%のグレーは不透明度50%、明度100%の白は不透明度100%です。ピクセルマスクの黒い領域は透明になり、白い領域はそのまま残ります。
元画像とマスク領域

透明ピクセルに置き換えるレイヤー

レイヤーオブジェクトに選択範囲を作成し、レイヤーマスクを作成すると、マスク領域は透明ピクセルに置き換えられます。背面に画像がある場合は、透明部分に画像が表示され、前面のマスク画像(切り抜き画像)と合成されます。レイヤーマスクを作成できるのはレイヤーのみで、置き換えられた透明ピクセルは、元のピクセル情報を保持したままで、マスク領域に編集が加えられると、透明ピクセルに置き換えられる領域も変化します。
選択範囲を作成→マスク領域を透明にする
マスク部分は残っている!
レイヤーマスクで隠された部分は、見た目は透明ですが元画像のまま変わらずに残っています。レイヤーマスクを削除、または効果を一時的に解除すれば、切り抜く前の状態に戻すことができます。このような再編集を可能にするメリットがレイヤーマスクにはあります。しかし、隠された部分がそのまま保持されているので、データ容量が大きくなるデメリットも持ち合わせています。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】基本がわかる!マスクの種類と作り方
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

レイヤーマスクを作成する

切り抜く対象のオブジェクトに選択範囲を作成します。選択範囲の作成方法は後述「レイヤーマスクの作り方」を参照してください。
選択範囲を作成→マスク領域に背景を表示
【操作方法】
[レイヤー]パネルで、オブジェクトのレイヤーを選択します。
[レイヤーマスクを追加]をクリックします。
[レイヤーマスクを追加]をクリック
[レイヤーマスクを追加]をクリック
すると、レイヤーにレイヤーマスクが追加され、選択範囲外のマスク領域が透明になり、背面に画像がある場合は背景を表示します。
レイヤーマスクを確認
レイヤーマスクを確認
レイヤーマスクの選択を確認!
レイヤーマスクの作成時は、レイヤーマスクサムネールが2重枠で表示され、現在、選択中であることを示しています。レイヤーとレイヤーマスクの選択は、サムネールをクリックすることで切り替えられます。
レイヤーを編集する場合→レイヤーマスクを編集する場合
レイヤーマスクを編集する場合は、レイヤーマスクが選択されていなければなりません。レイヤーマスクを選択しても、ドキュメントウィンドウの表示は変わりません。レイヤーマスクモードにするには、レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]+クリックします。

レイヤーマスクを編集する

[ツール]パネルから、[ブラシツール]を選択します。ドキュメントをドラッグすると、隠れていたマスク領域が現れます。これを「マスクの編集」といいます。レイヤーマスクを作成するメリットは、設定後もマスクの編集ができることです。
ブラシツールを選択→ドラッグしてレイヤーマスクを編集
描画色に注意!
レイヤーマスクの選択中は、初期設定では描画色がホワイト、背景色がブラックになります。表示される部分がホワイト、隠される部分がブラックです。

レイヤーマスクを表示する

[レイヤー]パネルで、レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]キーを押しながらクリックします。すると、ドキュメントウィンドウが、レイヤーマスクモードに切り替わります。
[option(Alt)]+クリック
[option(Alt)]+クリック
通常の画像描画モード→レイヤーマスクモード
用途により使い分ける!
レイヤーマスクの編集は、レイヤーマスクが選択されていれば、どちらのモードでも行えます。結果を確認しながら行える「画像描画モード」は、あらゆる用途において使用できますが、レイヤーマスク内のコピー&ペーストが行えません。レイヤーマスクモードは、レイヤーマスク内のコピー&ペーストのほか、現在のレイヤーマスクがどのように作成されているかを確認する場合に表示します。

画像描画モードに戻す

レイヤーマスクモードから通常の画像描画モードに戻すには、レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]キーを押しながらクリック、またはレイヤーサムネールをクリックします。レイヤーサムネールを選択すると、通常の画像描画モードに戻ります。
レイヤーサムネールをクリック
レイヤーサムネールをクリック
レイヤーマスクモード→通常の画像描画モード
描画色を戻す習慣を持とう!
編集中に描画色、または背景色を変更すると、モード切り替え時に反映されます。描画色、または背景色に有彩色を設定していた場合、レイヤーマスクモードではグレースケール(無彩色)に置き換えられるため、混乱してしまうことも多いかと思います。レイヤーマスクを編集する前に、[描画色と背景色を初期設定に戻す]をクリックする習慣を持ちましょう。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

マスクの種類

マスクの種類には、レイヤーに追加する「レイヤーマスク」、一時的に使用できる「クイックマスク」、パスで追加する「ベクトルマスク」、レイヤー合成で行う「クリッピングマスク」があります。マスクの基本的なしくみはどれも同じです。用途によって使い分けましょう。
マスクの種類
レイヤーマスク

レイヤーマスク

レイヤーに追加して、透明部分をグレースケール画像で指定する「ピクセルマスク」です。レイヤーマスクの作成方法は、前述「レイヤーマスクの基本」を参照してください。
クイックマスク

クイックマスク

クイックマスクは、赤い半透明のオーバーレイを重ね、一時的なマスクとして、選択範囲が編集できる表示モードです。クイックマスクの作成方法は、大まかな選択範囲を作成した後、[クイックマスクモードで編集]をクリックします。すると、選択範囲外が赤い半透明で塗りつぶされた表示に切り替わります。
画像描画モードで編集→クイックマスクモードで編集
クイックマスクモードでは、通常の画像描画モードと同じく[ブラシツール]、[消しゴムツール]などで編集できます。ただし、設定できる描画色、背景色はグレースケールに限られ、オーバーレイの表示色に反映されます。選択範囲を作成して、塗りつぶすことや、消去することもできます。
消しゴムツールで消去→選択範囲を作成して消去
すべての編集ができたら、[画像描画モードで編集]をクリックします。クイックマスクで編集した選択範囲が表示されます。
クイックマスクモードで編集→画像描画モードで編集
クイックマスクのメリット!
クイックマスクは、描画した形状の選択範囲が作成できるので、滑らかで自然な境界線や、微妙な階調の違いを出せるメリットがあります。たとえば、描画するブラシの[硬さ]を調整すれば、少しぼけた境界線が作成できます。
ベクトルマスク

ベクトルマスク

ベクトルマスクは、幾何学的な形状や、はっきりした境界線を持つオブジェクトに適しています。ベクトルマスクの作成方法は、[ペンツール]で作業用パスを作成し、オプションバーで、[新規ベクトルマスクを作成]をクリックします。
オプションバーで[マスク]をクリック
オプションバーで[マスク]をクリック
作業用パスを作成→[新規ベクトルマスクを作成]をクリック
[レイヤー]パネルで、ベクトルマスクが作成されたことを確認します。
ベクトルマスクを作成
ベクトルマスクを作成
ベクトルマスクのメリット!
ベクトルマスクは、マスク領域をパスで指定できるので、拡大・縮小といった変形の編集が、画質を劣化させず何度も行えるメリットがあります。たとえば、ロゴなどの文字型でマスク領域を作成したとき、ドキュメントサイズや解像度を変更しても、詳細な境界線が一定に保てます。
新しいベクトルマスクの作り方は?
[レイヤー]メニューから、[ベクトルマスク]→[すべての領域を表示]、または[すべての領域を隠す]を選択すると、現在の作業用パスに関係なく、いずれかのマスク領域を持った、新規のベクトルマスクが作成できます。
すべての領域を表示→すべての領域を隠す
クリッピングマスク

クリッピングマスク

クリッピングマスクは、レイヤーを前面にクリップさせることで、レイヤーマスクのような働きをするものです。クリッピングマスクの作成方法は、クリップさせる画像をコピー&ペーストし、[レイヤー]メニューから、[クリッピングマスクを作成]を選択、または[option(Alt)]+[command(Ctrl)]+[G]キーを押します。
透明部分を含むレイヤー(文字部分)→クリップさせる画像
クリッピングマスクを確認
クリッピングマスクを確認
ドキュメント(適用前)→クリッピングマスクを適用
クリッピングマスクのメリット!
クリッピングマスクは、テキストレイヤーのように、透明部分を持つレイヤーなら、レイヤーマスクを使用せずに、マスク領域が作成できるメリットがあります。たとえば、ロゴなどの文字型に画像をクリップさせると、描画領域内で確認しながら位置の調整が簡単に行えます。
マスクのしくみは同じ!
マスクには種類があるけど、どう使い分けるの? という疑問を持たれる方も多いと思います。結論から言うと、どれも同じです(笑)。マスクの種類は、マスクを効率的に作成するためのもので、これでなきゃダメだというものではありません。シンプルなグレースケール画像を基に、明度によって塗り分けられたピクセル情報から、不透明度や選択範囲が計算されています。ブラックの領域が「隠す」、ホワイトの領域が「表示」。これさえ覚えておけば、どのようなマスクを作成すればいいかがわかるハズです。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

レイヤーマスクの作り方

画像の切り抜きは、画像加工の出発点といえるテクニックです。その方法は、オブジェクトの形状や、求められる選択範囲によりさまざまですが、頻度や精度において、パスを使用することが多いです。まず、はっきりした形状の境界線に、正確な選択範囲をつくるためのパスを作成しましょう。
はっきりした境界線を持つオブジェクト→パスから作成した正確な選択範囲で切り抜く
マグカップの形状には、中が空洞になる取っ手が付いていますが、本体と取っ手に分け、「閉じたパス」を2つ作成することで、空洞をくり抜く方法を取ります。
「閉じたパス」を組み合わせて空洞をくり抜く
「閉じたパス」を組み合わせて空洞をくり抜く
閉じたパス?
「閉じたパス」とは、パスの開始点と終了点を連結させたものです。「クローズドパス」とも呼ばれ、パスの開始点と終了点が連結していないものを「開いたパス」、または「オープンパス」といいます。

オブジェクトの境界線にパスを作成

通称「パス切り」と呼ばれる画像をパスで切り抜く方法です。パスの作成は[ペンツール]で行い、正確な選択範囲をつくるための「道筋」として利用する方法と、パスそのものを[ベクトルマスク]にする方法や、DTP用の切り抜き画像に用いる[クリッピングパス]として利用する場合など、さまざまな用途で大活躍する必須テクニックです。
元画像→オブジェクトの境界線にパスを作成
【操作方法】
[ツール]パネルから、[ペンツール]を選択します。
[ペンツール]を選択
[ペンツール]を選択
オプションバーで、[ツールモードを選択]に[パス]を選択します。
[パスの操作]に[シェイプを結合]を選択します。
[パス]と[シェイプを結合]を選択
[パス]と[シェイプを結合]を選択
マグカップ上部の境界線を開始点とし、時計回りの方向で境界線をトレースしていきます。
パスの開始点をクリック
パスの開始点をクリック
ペンツールとは?
[ペンツール]とは、アンカーポイントとベジェ曲線で構成された「パス」を描くツールです。パスを利用する機能には、シェイプレイヤーやベクトルマスク、クリッピングパスなどがあり、用途はベクトル図形の編集、画像の型抜き(切り抜き)など、主に明瞭な境界線を求める場合に威力を発揮します。
取っ手の部分を無視した「閉じたパス」で、マグカップ本体の境界線にパスを作成していきます。
時計回りの方向で境界線をトレース→取っ手の部分は無視する
マグカップ本体の境界線を時計回りに一周し、パスの開始点にマウスカーソルを重ね、クリックしてパスを閉じます。
方向線の引き出しは進行方向→開始点に戻りパスを閉じる
時計回りの方向はなぜ?
時計回りの方向で「閉じたパス」を作成すると、方向線の引き出しは常に進行方向です。方向線を進行方向に向かって引き出しながらトレースできるので、ラインのイメージも掴みやすく、動作の距離も短くできるので効率的です。
マグカップ本体と同様にして、取っ手の閉じたパスを個別に作成します。閉じたパス同士が重なる部分を設けます。このようにすることで、空洞をくり抜きます。重なる部分は、多めに取っておきましょう。
時計回りの方向で境界線をトレース→パス同士が重なる部分を設ける
取っ手の境界線を時計回りに一周し、パスの開始点にマウスカーソルを重ね、クリックしてパスを閉じます。
2つの閉じたパスで空洞をくり抜く→開始点に戻りパスを閉じる
切り抜き用パスが作成できました。
マグカップのパスを作成
マグカップのパスを作成
パスの重なりに注意!
オプションバーで、[パスの操作]に[シェイプを結合]を選択しておくと、2つめ以降の閉じたパスが、シェイプの領域として結合されます。それぞれのパスに別の設定がされていると、閉じたパスの重なった部分が削除されたり、正確な選択範囲が作成されません。

パスからレイヤーマスクを作成

作成したパスからレイヤーマスク(ピクセルマスク)を作成するには、パスを選択範囲として読み込むという操作が必要です。パスを選択範囲として読み込む場合、アンチエイリアスを有効としたぼかしのない境界線になります。
切り抜きの境界線にパスを作成→パスからレイヤーマスクを作成
【操作方法】
[ペンツール]で作業用パスを作成、または[パス]パネルで、作成した[作業用パス]を選択して表示します。
[ペンツール]で作業用パスを作成
[ペンツール]で作業用パスを作成
[パス]パネル[作業用パス]を選択
[パス]パネル[作業用パス]を選択
作業用パスとは?
[作業用パス]とは、画像に直接影響を与えないパスです。そのままベクトルマスクに活用したり、名前を付けて保存すると、編集や複製などが行えます。
[パスを保存]ダイアログ
[パスを保存]ダイアログ
[作業用パス]サムネールを[command(Ctrl)]キーを押しながらクリック、または右クリックでコンテキストメニューから[選択範囲を作成]を選択します。
[command(Ctrl)]+クリック
[command(Ctrl)]+クリック
すると、選択範囲が作成できます。
選択範囲を確認
選択範囲を確認
操作方法はいろいろ!
[パス]パネルで、[パスを選択範囲として読み込む]をクリック、またはパネルメニューから[選択範囲を作成]を選択しても、同様にパスから選択範囲を作成することができます。レイヤー操作を効率化するショートカットキーを覚えましょう。
[レイヤー]パネルで、[レイヤーマスクを追加]をクリックします。すると、選択範囲外をマスク領域とするレイヤーマスクが作成されます。
[レイヤーマスクを追加]をクリック
[レイヤーマスクを追加]をクリック
パスからレイヤーマスクが作成できました。
レイヤーマスクが作成できた
レイヤーマスクが作成できた
選択範囲内をマスクする!
作成した選択範囲内をマスク領域とするレイヤーマスクを作成したい場合は、[option(Alt)]キーを押しながら、[レイヤーマスクを追加]をクリックします。
[option(Alt)]+クリックで選択範囲内をマスク
[option(Alt)]+クリックで選択範囲内をマスク

パスからベクトルマスクを作成

切り抜きの境界線に中間調を必要としない場合は、パスの形状を変えることで再編集が行えるベクトルマスクが便利です。拡大・縮小といった変形の編集が、画質を劣化させず何度も行えるメリットがあります。
切り抜きの境界線にパスを作成→パスからベクトルマスクを作成
【操作方法】
[ペンツール]で作業用パスを作成、または[パス]パネルで、作成した[作業用パス]を選択して表示します。
[ペンツール]で作業用パスを作成
[ペンツール]で作業用パスを作成
[パス]パネル[作業用パス]を選択
[パス]パネル[作業用パス]を選択
オプションバーで、[新規ベクトルマスクを作成]をクリックします。
オプションバーで[マスク]をクリック
オプションバーで[マスク]をクリック
[レイヤー]パネルで、作成されたベクトルマスクを確認します。
作成されたベクトルマスクを確認
作成されたベクトルマスクを確認
作業用パスからベクトルマスクが作成できました。
ベクトルマスクが作成できた
ベクトルマスクが作成できた
メニューからも作成できる!
ドキュメントに作業用パスを作成、または表示し、[レイヤー]メニューから、[ベクトルマスク]→[現在のパス]を選択します。

マスクの境界線をぼかす

切り抜きのキレイさは、正確な形状をトレースすることはもちろん、その境界線の「ぼかし」にあります。ビットマップ画像の境界線を滑らかに見せる「アンチエイリアス」という機能を初期値と考え、その「ぼかし」の度合いを調整することで、違和感のない背景との合成が行えます。マスクの種類は、切り抜くオブジェクトによって、最適な境界線の「ぼかし」を得るものです。
[ぼかし]に「0.0 px」を設定→[ぼかし]に「1.0 px」を設定
【操作方法】
ベクトルマスクサムネールをダブルクリックし、[属性]パネルを表示します。
ベクトルマスクサムネールをダブルクリック
ベクトルマスクサムネールをダブルクリック
[属性]パネルで、[ぼかし]に「1.0 px」を入力します。[ぼかし]を設定すると、切り抜く境界線が少しぼけて、背景となじむようになります。
[属性]パネルで[ぼかし]を設定
[属性]パネルで[ぼかし]を設定
ぼかしの適正値!
[ぼかし]の設定値は、画像の大きさにより、「0.5〜3.0 px」の範囲で調整します。レイヤーマスク(ピクセルマスク)でも、同様の方法で境界線をぼかすことができます。

スポンサード リンク