基本がわかる!色かぶりの補正「ホワイトバランスと色温度」

基本がわかる!色かぶりの補正「ホワイトバランスと色温度」【CameraRaw】【トーンカーブ】

基本がわかる!色かぶりの補正
prevnext
CHAPTER-02

Camera Raw で除去する

色かぶり補正の最も簡単な方法がコレです。しかも、何の調整もすることなく、ワンクリックで除去できるほどの能力があります。「 Camera Raw 」を用いて、一般的な JPEG 形式の画像を補正してみましょう。
ホワイトバランスに[自動]を適用
Camera Raw とは、カメラの未処理データを現像するような感覚で、色調補正やシャープなどの処理が、独自に行える機能です。もちろん、これらは未処理データが大前提なのですが、Photoshop にはない便利な機能がたくさんあります。これを使わない手はないですね。
そのひとつが [ ホワイトバランス ] の [ 自動 ] です。ワンクリックでスッキリ、色かぶりが除去できます。これから行う操作は「 Lightroom 」でも可能です。

ホワイトバランスの自動設定

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[ 幅 : 1600 pixel ]、[ 高さ : 1200 pixel ] 、[ 解像度 : 72 pixel/inch ]、[ カラーモード : RGB カラー ] を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
[フィルター] メニューから、[ Camera Raw フィルター ] を選択します。すると、[ Camera Raw ] 操作パネルが表示されます。
[CameraRaw]操作パネルを表示
[ Camera Raw ] 操作パネルを表示
[ Camera Raw フィルター ] がない場合は?
バージョン CS 6 以前では、[ Camera Raw フィルター ] が搭載されていません。しかし、[ Camera Raw ] で開くことは可能です。
対象画像が JPEG 形式の場合は、[ ファイル ] メニューから、[ 開く ] を選択して、[ 開く ] ダイアログで、対象の画像ファイルを選択します。[ 形式 ] に [ Camera Raw ] を選択して、[ 開く ] をクリックします。
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】基本がわかる!色かぶりの補正
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。
[ 基本補正 ] パネルの [ ホワイトバランス ] に [ 自動 ] を選択します。
[ホワイトバランス]に[自動]を選択
[ ホワイトバランス ] に [ 自動 ] を選択
すると、現在開いている画像に適した [ 色温度 ] と [ 色かぶり補正 ] が自動的に設定されます。
[色温度]と[色かぶり補正]が自動的に設定される
[ 色温度 ] と [ 色かぶり補正 ] が自動的に設定される
Lightroom の場合は?
「 Lightroom CC 」の場合は、[ 表示 ] メニューから、[ 編集 ] を選択し、[ 編集 ] パネルで、[ カラー ] セクションの [ ホワイトバランス ] に [ 自動 ] を選択します。
[ホワイトバランス]に[自動]を選択
[ ホワイトバランス ] に [ 自動 ] を選択
「 Lightroom Classic 」の場合は、[ ライブラリ ] モードを選択して、[ クイック現像 ] パネルで、[ ホワイトバランス ] セクションに [ 自動 ] を選択します。
[ホワイトバランス]に[自動]を選択
[ ホワイトバランス ] に [ 自動 ] を選択
[ Camera Raw ] 操作パネルで、[ OK ] をクリックします。色かぶりが一瞬で除去されました。たったコレだけです。もちろん、結果に満足できなかったら微調整も行えます。
[OK]をクリック
[ OK ] をクリック
[ Photoshop ] 操作パネルで、[ Camera Raw ] による、ホワイトバランスが適用されたことを確認します。
[Photoshop]操作パネルで適用結果を確認
[ Photoshop ] 操作パネルで適用結果を確認
RAW では表記方法が異なる!
これらの項目は、対象画像が「 RAW データ」と「 JPEG 」とでは、表記方法が異なります。RAW データの場合は、[ 色温度 ] の単位が「 K ( ケルビン ) 」で表されます。作例は「 JPEG 」ですので注意してください。

色温度の調整

[ Camera Raw ] 操作パネルの右上にある [ ヒストグラム ] を確認します。調整範囲が限界になると、[ ハイライトクリッピング警告 ] が表示されます。作例の場合、R (レッド) がハイライト点を振り切っています。
[ハイライトクリッピング警告]を確認
[ ハイライトクリッピング警告 ] を確認
色温度の単位が違う?
色温度とは、光の色を数値化したものです。[ ホワイトバランス ] セクションにある [ 色温度 ] は、RAW データの場合、色温度の単位「 K ( ケルビン ) 」で表されますが、「 JPEG 」の場合は、撮影時のホワイトバランス設定値を「 0 」とした、百分率 ( -100 〜 +100 ) で表されています。
[ ホワイトバランス ] の [ 自動 ] から設定値を調整すると、選択項目が [ カスタム ] に変更されます。元の状態に戻したい場合は、[ ホワイトバランス ] に [撮影時の設定] を選択してください。
[ 基本補正 ] パネルで、[ ホワイトバランス ] セクションの [ 色温度 ] スライダーを左側へドラッグします。すると、[ ヒストグラム ] の R ( レッド ) のハイライト点が調整範囲内に収まり、[ ハイライトクリッピング警告 ] が消えました。
[色温度]スライダーをドラッグ
[ 色温度 ] スライダーをドラッグ
[ ホワイトバランス ] セクションの [ 色温度 ] を調整することができました。
[色温度]を調整することができた
[ 色温度 ] を調整することができた
小さくすると青くなる!
「 JPEG 」の場合は、[ 色温度 ] をマイナス側に設定すると、ハイライト点にする色温度の値が小さくなるので、どんどん青みが強くなります。
[色温度]の調整値による色の変化
「 RAW データ」の場合は、K ( ケルビン ) の数値が表示されます。K 表記では、数値が小さくなるほど赤く、大きくなるほど青くなります。K の目安は、撮影条件により異なりますが、室内が 3000K 〜 5000K、屋外が 5000K 〜 7000K です。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

色かぶり補正の調整

[ Camera Raw ] 操作パネルの右上にある [ ヒストグラム ] を確認します。[ 色温度 ] を調整したヒストグラムでは、ハイライト点が調整範囲内に収まっていますが、中間調の山型に R ( レッド )、G ( グリーン )、B ( ブルー ) のズレが確認できます。
ヒストグラムのズレを確認
ヒストグラムのズレを確認
[ 基本補正 ] パネルで、[ ホワイトバランス ] セクションの [ 色かぶり補正 ] スライダーを左側へドラッグします。R、G、B、それぞれのヒストグラムがおよそ揃うと、色かぶりの影響は少なくなります。
[色かぶり補正]スライダーをドラッグ
[ 色かぶり補正 ] スライダーをドラッグ
色かぶり補正とは?
[ 色かぶり補正 ] は、[ 色温度 ] と同じく RGB のバランスを整えるものですが、こちらは、中間調に含まれるグレーを、ニュートラルグレーになるよう調整するものです。調整範囲が限界になると、[ ハイライトクリッピング警告 ] が表示されます。
[色かぶり補正]の調整値による色の変化
「 RAW データ」の場合は、撮影時の補正率 ( -150 〜 +150 ) が表示され、ホワイトバランスに [ 自動 ] を選択すると、「0」に戻されます。
[ Camera Raw ] 操作パネルで、[ 色温度 ] と [ 色かぶり補正 ] の調整による、ホワイトバランスを確認します。
[ OK ] をクリックします。
[OK]をクリック
[ OK ] をクリック
[ Photoshop ] 操作パネルで、[ Camera Raw ] による、ホワイトバランスが適用されたことを確認します。
CameraRawで色かぶりを除去することができた
Camera Raw で色かぶりを除去することができた
色かぶり補正の心得!
[ Camera Raw ] を使用した色かぶりの補正は、[ 色温度 ] でハイライト点を揃え、[ 色かぶり補正 ] で中間調を揃える内容です。[ Camera Raw ] 操作パネルの右上にある [ ヒストグラム ] を確認してみると、補正前と補正後では、RGB チャンネルの揃い方が改善されています。
補正後のヒストグラム
ヒストグラムは、対象画像により異なるので、その判断は難しいです。また、[ 自動 ] が適さない場合もあります。色かぶりを起こした画像には、必ずハイライト点のズレがあります。まず最初に、RGB のハイライト点を揃えることを、色かぶり補正の心得としましょう。
基本がわかる!色かぶりの補正
prevnext

スポンサード リンク