【プリントサイズ】ディスプレイ表示を同じ大きさにする方法【スクリーン解像度】

【プリントサイズ】ディスプレイ表示を同じ大きさにする方法【スクリーン解像度】

【Photoshop基本操作】名刺やハガキなどの印刷物を作成するとき、パソコンのディスプレイ ( モニタ ) に、実物の大きさを表示して確認したいですよね? Photoshop の [ 表示 ] メニューには、実物の大きさを表示できる [ プリントサイズ ] があります。しかし、同じ大きさにならないので、使用することをあきらめている方も多いのではないでしょうか? Photoshop の [ スクリーン解像度 ] を調整して、ディスプレイ表示を「実物大」や「原寸大」といった、同じ大きさにすることを目指しましょう。
画面サイズと解像度を知ろう!
画面サイズとは、現在使用しているパソコンのディスプレイの仕様です。デスクトップパソコンでは、21 インチや 27 インチという画面サイズが多いですね。[ スクリーン解像度 ] の適正値を求めるには、この画面サイズと、画面解像度が深く関係します。
画面解像度とは、画面の幅 x 画面の高さ ( pixel ) です。画面解像度には規格があり、正確な数値で表されます。しかし、画面サイズで表される数値は、物理的な寸法です。したがって、正確なインチ数はアバウトです。たとえば、パソコンの製品カタログには「 21 インチ」と記載されていても、実際の仕様では「 21.5 インチ」だったりします。正確なインチ数を調べてみましょう。

プリントサイズで実物大を表示

[ 表示 ] メニューから、[ プリントサイズ ] を選択すると、ドキュメントの実物の大きさを表示することができます。作例のドキュメントは、幅が 148 mm、高さが 100 mm のはがきサイズです。しかし、画面を実際の定規で計測してみると、高さが 70 mm しかありません。一般的なディスプレイに表示される大きさは、実物より 80% から 70% くらい小さいハズです。高画素密度ディスプレイの場合は異なります。
ドキュメントの大きさが実物より小さい
ドキュメントの大きさが実物より小さい
これは、Photoshop の初期設定が「 72 ppi 」を対象としているのに対して、ディスプレイの画面解像度が、96 〜 120 ppi と高解像度化しているためです。たとえば、作業に使用しているディスプレイが 21.5 インチで、解像度が「 1920 x 1080 」なら、画素密度は論理上「 102 ppi 」です。したがって、この数値を基準に Photoshop を調整すれば、実物大に近い大きさで表示できるというワケです。
ディスプレイの画素密度に合わせると実物大に近づく
ディスプレイの画素密度に合わせると実物大に近づく
Pixabay - 無料の写真
画面解像度とは?
パソコンのディスプレイは、「撮像素子」と呼ばれる小さな電子部品で構成されています。色情報を持つ最少単位のことを「画素」といい、単位は「ドット ( dot ) 」で表します。
画面解像度とは、ディスプレイを構成する「画素」を、1辺1インチあたりにいくつ含ませるかを示す単位「 dot/inch ( dpi ) 」で表します。数値が大きくなるほど、密度は細かくなり、小さくなるほど、密度は粗くなります。この概念は、画像解像度を示す単位「 pixel/inch ( ppi ) 」と同じです。したがって、これらを統一して「 ppi ( pixel per inch ) 」が多く用いられています。
基本がわかる!画像解像度の設定
【操作方法】
[ Photoshop ( 編集 ) ] メニューから、[ 環境設定 ] – [ 単位・定規 ] を選択して、[ 環境設定 ] ダイアログを表示します。[ 新規ファイル解像度のプリセット ] セクションの [ スクリーン解像度 ] に、初期設定の [ 72 ] pixel/inch が設定されていることを確認します。
[ スクリーン解像度 ] を確認
[ スクリーン解像度 ] を確認
[ スクリーン解像度 ] に適正値を入力して、[ OK ] をクリックします。適正値は下記の「代表的な画面サイズと解像度による画素密度」を参照してください。
[ スクリーン解像度 ] に適正値を入力
[ スクリーン解像度 ] に適正値を入力
[ 表示 ] メニューから、[ プリントサイズ ] を選択します。
[ プリントサイズ ] を選択
[ プリントサイズ ] を選択
ドキュメントが、実物の大きさで表示されていることを確認します。
実物の大きさで表示されていることを確認
実物の大きさで表示されていることを確認
実際の定規で計測してみよう!
対象のドキュメントを [ プリントサイズ ] で表示できたら、実際の定規をディスプレイに当てて、大きさを測定してみましょう。
作例では、画面サイズが 21.5 インチ、解像度が「 1920 x 1080 」のディスプレイを使用しているので、その画素密度の適正値、[ 102 ] pixel/inch を [ スクリーン解像度 ] に設定してみると、ほぼ実物大の表示にすることができました。

代表的な画面サイズと解像度による画素密度

現在使用しているパソコンのディスプレイの適正値は、以下の算式によって出すことができます。
画素密度 =√ (画面の幅^2 + 画面の高さ^2) ÷ 画面の大きさ
画素密度の単位 : ppi / 画面の幅、高さの単位 : pixel / 画面の大きさの単位 : inch
算式による適正値は、論理上からなるものです。したがって、実際には少量の誤差があると思います。Photoshop の [ スクリーン解像度 ] に、算式で求めた「画素密度」を入力して調整してください。
以下の画面サイズに該当しない場合は、ディスプレイの画面サイズと解像度から [ スクリーン解像度 ] を計算できる Web サイトがあります。「画素密度計算」で検索して試してみてください。
12インチ
画面サイズ (inch)解像度 (pixel)画素密度 (ppi)
121440 x 800137
121440 x 900142
122304 x 1440226
12.11024 x 768106
12.11280 x 800125
12.51366 x 768125
13インチ
画面サイズ (inch)解像度 (pixel)画素密度 (ppi)
13.11600 x 900140
13.11920 x 1080168
13.31280 x 800113
13.31440 x 900128
13.31920 x 1080166
13.32560 x 1600227
15インチ
画面サイズ (inch)解像度 (pixel)画素密度 (ppi)
151024 x 76885
151200 x 1024105
151366 x 768104
15.41280 x 80098
15.61366 x 768100
15.61920 x 1080141
17インチ
画面サイズ (inch)解像度 (pixel)画素密度 (ppi)
171280 x 102496
17.31920 x 1080127
19インチ
画面サイズ (inch)解像度 (pixel)画素密度 (ppi)
191280 x 102486
20インチ
画面サイズ (inch)解像度 (pixel)画素密度 (ppi)
201600 x 90092
201680 x 105099
21.51920 x 1080102
21.54096 x 2304219
27インチ
画面サイズ (inch)解像度 (pixel)画素密度 (ppi)
271920 x 108082
272560 x 1440109
275120 x 2880218
Web 限定の環境下では NG?
[ プリントサイズ ] は、印刷物の実物大を表示するためのものです。したがって、Web 限定の環境下では設定しても意味がありません。
初期設定のままでもいいし、[ スクリーン解像度 ] に適正値を入力、または、間違った数値を入力してしまっても、[ 画面サイズに合わせる ] やピクセル等倍表示には影響しません。できれば、使用しているディスプレイに合わせた適正値を設定してください。
[ 低解像度で開く ] を有効にする
[ 低解像度で開く ] を有効にする
ピクセル等倍表示に影響するのは、Retina 4K などの高画素密度ディスプレイを使用している場合です。たとえば、Web ブラウザで表示されるサイズが、約半分の大きさになります。これでは困りますね。
どうしても、ピクセル等倍表示でなきゃダメという方は、Photoshop アプリケーションのアイコンを選択して、[ ファイル ] – [ 情報を見る ] を選択します。[ 低解像度で開く ] にチェックマークを入れてください。高画素密度ディスプレイでピクセル等倍表示が可能となります。

スポンサード リンク