基本がわかる!アクションの作り方

基本がわかる!アクションの作り方

【Photoshop基本操作】アクションとは、Photoshop で行う一連の操作を、レコーダーで録音するような感覚で記録して、自動的に同じ操作を繰り返したり、他のファイルで再生することができる機能です。ドキュメントサイズの変更と、カラー画像をモノクロにする、簡単なアクションを作成しましょう。



アクションの基本を習得しよう!
アクションの内容は、Photoshop の操作そのものです。自動化できる操作をアクションで行えば、工夫次第で作業効率はぐんぐんアップします。まずは、アクションを記録して、再生する基本的な操作をマスターしましょう。
基本がわかる!アクションの作り方

prevnext

CHAPTER-01

新規アクションの作成

アクションは、ひとつのファイルに対して行うものです。複数のファイルに実行する場合は、「バッチ処理」の中にアクションを組み込み、[バッチ] の設定により自動処理を行います。アクションを作成する前に、これらの関係を知っておきましょう。
素材画像を開く
[バッチ] の設定項目は、ソース / 実行 / 実行後に分けられ、アクションは「実行」で選択する一連の操作の命令です。たとえば、ファイルを開き、アクションを再生して、別名で保存する操作が、フォルダ単位で、複数のファイルに対して行えます。
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】基本がわかる!アクションの使い方
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

新規セットを作成

アクション用の素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1600 pixel]、[高さ : 1200 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
アクション用の素材画像を開く

アクション用の素材画像を開く
画像の大きさに気をつけよう!
アクションは、複数のファイルに実行する目的があるので、アクション用として開く画像は、実際に使う画像でも仮の画像でもかまいません。
アクションに組み込みたい効果が、ドキュメントサイズや解像度などに影響される場合は、同様の大きさの画像を用意しましょう。
[ウィンドウ] メニューから、[アクション] を選択します。[アクション] パネルで、[新規セットを作成] をクリックします。
[新規セットを作成] をクリック

[新規セットを作成] をクリック
[新規セット] ダイアログで、[アクションセット名] に任意の名前を入力します。ここでは、「アクションの練習」というアクションセット名を入力しました。[アクションセット名] が入力できたら、[OK] をクリックします。
[アクションセット名] に任意の名前を入力

[アクションセット名] に任意の名前を入力
アクションセット「アクションの練習」が作成されたことを確認します。
新規セットを確認

新規セットを確認
アクションセットとは?
アクションセットは、複数のアクションをまとめるフォルダのような働きをします。初期設定では、[初期設定のアクション] が作成されていて、その中にさまざまなアクションが含まれています。
アクションセット
アクションを保存する際には、アクションセット単位になるので、[初期設定のアクション] に含めるか、新規セットを作成しておく必要があります。
既存のアクションセットに含める場合は、アクションセットを選択して、[新規アクションを作成] をクリックします。

新規アクションを作成

[アクション] パネルで、[新規アクションを作成] をクリックします。
[新規アクションを作成] をクリック

[新規アクションを作成] をクリック
[新規アクション] ダイアログで、[アクション名] に任意の名前を入力します。ここでは、「800 x 800 フィット白黒」というアクション名を入力しました。
[アクション名] が入力できたら、[記録] をクリックします。
[アクション名] に任意の名前を入力

[アクション名] に任意の名前を入力
すると、[アクション] パネルに、「800 x 800 フィット白黒」が作成されます。
同時に、[記録開始] が赤色になり、現在、アクションが記録中であることを表示します。ここから一連の操作の記録が開始されます。
[記録開始] が赤色になり記録開始

[記録開始] が赤色になり記録開始
キーを押すだけで再生!
[新規アクション] ダイアログで、[ファンクションキー] を設定すると、アクションの再生が任意のキーで行えるようになります。初期設定では [なし] が選択されています。
[ファンクションキー] に任意のキーを選択

[ファンクションキー] に任意のキーを選択
ここでは、[ファンクションキー] に [F16] を選択しました。[shift] キー、[command (Ctrl)] キーを併用する場合は、チェックマークを入れます。
この設定により、これから記録するアクションが、任意のキーを押すだけで再生されます。既存の登録キーがあると設定できないので注意しましょう。
設定後も追加・変更できる!
[ファンクションキー] は、[新規アクション] ダイアログの設定後も、[アクションオプション] ダイアログで追加したり、変更することができます。
[アクションオプション] ダイアログの表示
[アクション] パネルで、[ファンクションキー] を追加・変更したいアクションを選択します。
パネル右上のパネルメニューアイコンをクリックして、メニューから [アクションオプション] を選択します。または、アクション名を [option (Alt)] キーを押しながらダブルクリックします。
基本がわかる!アクションの作り方

prevnext

スポンサード リンク