写真をイラスト調に!江戸時代の手摺り木版画風

写真をイラスト調に!江戸時代の手摺り木版画風

【Photoshop講座】木版画風のタッチは、輪郭から起こす力強い黒い線で作成しますが、写真素材が逆光などで暗い場合は、色を付けたい部分まで黒くつぶされてしまいます。あらかじめ、影を明るく鮮やかにしておくと、検出できる輪郭線もシャープにできます。完成を予測して作業を組み立てましょう。


複雑な効果を構造化する!
色調補正やフィルターなどが再編集できる「スマートオブジェクト」は、ひとつのレイヤーに複数の効果が適用できます。しかし、すべてが順当に適用されるわけではありません。
たとえば、レイヤーの合成で得た効果にフィルターを適用したい場合、あらかじめ、ひとつのレイヤーに結合しておく必要がありますよね? このようなレイヤー結合も、スマートオブジェクトを構造化することで、再編集が可能な状態を保つことができます。

写真を手摺り木版画風に加工

これから行う操作は、写真を手摺り木版画風に加工する方法です。フィルターや描画モード、色調補正など、複数の操作を経て完成させます。
元画像 → 写真を手摺り木版画風に加工
元画像をそのまま利用する方法なので、作例とは違うピクセルサイズの画像では、効果が発揮できないことがあります。他の素材に応用する場合は、あらかじめ、使用する画像の長辺をリサイズしてください。

空の領域を選択する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 2560 pixel]、[高さ : 1712 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く

素材画像を開く
最適な素材を選ぼう!
加工する素材は、人物や建物、小物の切り抜きなど、主体と背景 (壁や空など) がはっきり区別できて、かつすべてにピントが合った遠景の写真が好ましいです。
[選択範囲] メニューから、[色域指定] を選択します。[色域指定] ダイアログで、[選択] に [指定色域] を選択します。
[カラークラスタ指定] のチェックマークを入れます。
[許容量] に「100」、[範囲] に「100」を入力します。
[カラークラスタ指定] のチェックマークを入れる

[カラークラスタ指定] のチェックマークを入れる
[command (Ctrl)] キーを押します。すると、[色域指定] ダイアログ内のプレビュー画面が、通常の元画像表示に切り換わります。プレビューの左上端を、[command (Ctrl)] キーを押しながらクリックします。
プレビューの左上端を [command (Ctrl)] + クリック

プレビューの左上端を [command (Ctrl)] + クリック
指定色域が描画色 (初期設定) の場合 → クリックした箇所が指定色域になる
カラークラスタ指定とは?
[カラークラスタ指定] オプションを有効にすると、指定したポイントから隣接するピクセルの放射状に拡がった範囲が設定できます。[範囲] に「100」% を設定しても、指定したポイントから離れた部分の適用量は、徐々に弱くなっていくので、選択ポイントを強調することができます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

選択領域の拡張

[色域指定] ダイアログで、[選択範囲のプレビュー] に [黒マット] を選択します。
[許容量] に「25」を入力します。
[サンプルに追加] をクリックします。
[サンプルに追加] をクリック

[サンプルに追加] をクリック
選択範囲のプレビューを選択!
[選択範囲のプレビュー] は、選択範囲外を設定した方法でマスクした画像がプレビューされ、作成される選択範囲を直感的に確認できます。対象画像に合わせて確認しやすいプレビューを選択しましょう。
選択範囲のプレビュー
ドキュメント内で、空の領域の選択されていない部分を数カ所クリックします。
数カ所をクリック

数カ所をクリック
[色域指定] ダイアログで、[許容量] を「100」に戻します。
[OK] をクリックします。
[許容量] を「100」に戻す

[許容量] を「100」に戻す
すると、[色域指定] による選択範囲が作成されます。
[色域指定] による選択範囲が作成される

[色域指定] による選択範囲が作成される
放射状の領域を拡げる!
[カラークラスタ指定] オプションでの [サンプルに追加] は、最初にクリックした箇所から、放射状に領域を少しずつ拡げていきます。ポイントが点在する場合は、最初にクリックした箇所から、いちばん近いポイントからクリックしてください。
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク