2020」タグアーカイブ

【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

【Photoshop基本操作】CMYK の4色から2色を選んで調整する「2色刷り」は、印刷コストを大幅に抑える技法として、古くから商業印刷の分野で行われています。Photoshop での色分解は、[チャンネルミキサー] を使って、CMYK の各チャンネルを調整します。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!キラキラ輝く金属文字

【ロゴ】フォントでつくる!キラキラ輝く金属文字

【Photoshop講座】キラキラ輝く演出には、光源から放たれる線 (光条) を交差させる「クロス」がポピュラーです。6本の光条がある「スノークロス」を疑似的に作成して、金属の立体文字に配置しましょう。

続きを読む

基本がわかる!RGBとCMYK

基本がわかる!RGBとCMYK【3】モード変換

【Photoshop基本操作】モード変換とは、作成中のドキュメントに設定されている「カラーモード」を、他のカラーモードに変換することいいます。一般的に行われるモード変換は、[RGB カラー] から [CMYK カラー] への変換です。これは、印刷物用の入稿データを作成する場合に行います。

続きを読む

基本がわかる!RGBとCMYK

基本がわかる!RGBとCMYK【2】カラー設定

【Photoshop基本操作】Photoshop を最初に起動したときは、目的の作業に適した [カラー設定] を行います。[カラー設定] は、色の見え方に大きく影響します。適切な設定が行われていないと、表示される色が変わってしまったり、作成した画像データの色が、他のパソコンで再現されにくくなります。

続きを読む

基本がわかる!RGBとCMYK

基本がわかる!RGBとCMYK【1】色の見え方のちがい

【Photoshop基本操作】モニタから発する色に疑問を抱いたことはありませんか? 電源をオフにしてみてください。それまで黒だと信じていた色は、実はモニタの生の色だったのです。色ってなんだろう? この素朴な疑問から、デジタル画像の攻略は始まるのです。

続きを読む

基本がわかる!色かぶりの補正

基本がわかる!色かぶりの補正【3】トーンカーブで除去する

【Photoshop基本操作】色かぶりの原因やホワイトバランスのしくみが理解できたら、画像補正の最強ツール [トーンカーブ] に挑戦してみましょう。[トーンカーブ] には、[自動カラー補正オプション] という機能があり、難しい操作をしなくても、対象画像に適した設定を自動的に行ってくれます。

続きを読む

基本がわかる!色かぶりの補正

基本がわかる!色かぶりの補正【2】Camera Rawで除去する

【Photoshop基本操作】色かぶり補正の最も簡単な方法がコレです。しかも、何の調整もすることなく、ワンクリックで除去できるほどの能力があります。「Camera Raw」を用いて、一般的な JPEG 形式の画像を補正してみましょう。

続きを読む

基本がわかる!描画色と背景色

基本がわかる!描画色と背景色【5】スポイトツールの使い方

【Photoshop基本操作】[スポイトツール] の操作方法は極めてシンプルです。描画色や背景色に設定したいカラーを、ドキュメント内から探して直接クリックするだけです。ペイント系ツールを選択しているときにもショートカットキーで併用できたり、[カラーピッカー] ダイアログを開くと、自動的に [スポイトツール] に切り替わるなど、使用頻度が高いツールのひとつです。

続きを読む

基本がわかる!描画色と背景色

基本がわかる!描画色と背景色【4】スウォッチパネルの使い方

【Photoshop基本操作】[スウォッチ] パネルとは、よく使う基本色を集めたパネルです。バージョン 7.0 までは [色見本] パレットと呼ばれていました。スウォッチライブラリには、「Web セーフカラー」や代表的なインクメーカーのメニューがあり、クリックですばやく色を指定したい場合に威力を発揮します。

続きを読む

基本がわかる!描画色と背景色

基本がわかる!描画色と背景色【3】カラーパネルの使い方

【Photoshop基本操作】[カラー] パネルは、スライダー調整で色を指定することが特徴です。初期設定では「RGB スライダー」が表示され、クリックで色を選択するカラーランプは「CMYK スペクトル」が表示されています。HSB、CMYK、Web などのカラーモデルを選択することができます。

続きを読む