2020」タグアーカイブ

【レタッチ】低解像度から高解像度に変換する方法【ディテールを保持】

【レタッチ】低解像度から高解像度に変換する方法【ディテールを保持】

【Photoshop基本操作】画像の解像度を上げる作業を「アップサンプリング」といいます。ここで使用する機能の [ ディテールを保持 2.0 ] は、Photoshop CC 2018 から追加された、ピクセル情報の補間方法です。人工知能によるアルゴリズムで画質の劣化を抑え、ジャギーのない滑らかな輪郭が再現できます。
続きを読む
基本がわかる!レイヤースタイルの操作

基本がわかる!レイヤースタイルの操作

【Photoshop基本操作】レイヤースタイルとは、レイヤーの塗りの部分に対して、立体的な効果や、ドロップシャドウなどが、すばやく適用できる機能です。元画像には、編集を加えません。そのため、適用後も設定を変更したり、効果だけを、他のコンテンツにコピー&ペーストできます。
続きを読む
【テクスチャ】ゼロからつくる!涼しげな水の波紋

【テクスチャ】ゼロからつくる!涼しげな水の波紋

【Photoshop講座】水の波紋には、幾重にも広がる輪や規則正しいリズムがあります。その物静かな清涼感や環境イメージは、タイトルや商品などを意図的にアピールする手法とされています。
続きを読む
基本がわかる!PDFファイルの開き方

基本がわかる!PDFファイルの開き方「ページ内の配置画像を個別に取り出す方法」

【Photoshop基本操作】PDF ファイルとは、電子文書のためのフォーマット (ファイル形式) で作成されたファイルです。Photoshop で PDF ファイルを開くと、文字や画像を含んだページ (レイアウト紙面) が、ひとつのビットマップ画像として読み込まれます。
続きを読む
【スタイル】レイヤーがドロップシャドウをノックアウト【抜き合わせ】

【スタイル】レイヤーがドロップシャドウをノックアウト【抜き合わせ】

【Photoshop基本操作】[ レイヤーがドロップシャドウをノックアウト ] とは、レイヤースタイル の [ ドロップシャドウ ] にあるオプション機能です。有効の場合、オブジェクトと重なる部分の、ドロップシャドウが取り除かれます。しかし、その違いがわかりにくいので、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?
続きを読む