【自動処理】複数の画像にウォーターマークを入れる方法【プラグイン】

【自動処理】複数の画像にウォーターマークを入れる方法【プラグイン】

複数の画像に適用する

単一の画像に適用したウォーターマークが確認できたら、その同じ設定で、複数の画像に適用しましょう。あらかじめ、[source_folder] フォルダー[target_folder] フォルダー (空) を用意しておきましょう。フリー版は 50 ファイルまで
[source_folder] フォルダー → [target_folder] フォルダー (空)
縦長と横長が混在するソースフォルダー
縦長と横長が混在するソースフォルダー
[Watermark 3] パネルで、[Multiple Image] を選択します。
[Source] タブを選択します。
[Logo] を選択します。
[Choose File] をクリックして、ロゴの画像ファイルを指定します。
[Source] セクションを設定
[Source] セクションを設定

実行と保存の設定

[Images] タブを選択します。
[Source Folder] をクリックして、実行フォルダーを指定します。フリー版は 50 ファイルまで
[Target Folder] をクリックして、保存フォルダーを指定します。
実行フォルダーと保存フォルダーを設定
実行フォルダーと保存フォルダーを設定

サイズと位置の設定

[Size/Position] タブを選択します。
[Size] に [Small] を選択します。
[Position] に右下のラジオボタンを選択します。
[Opacity] に「20」% を設定します。
[Spacing] に「50 / 50」Px を入力します。初期設定
サイズと位置などを設定
サイズと位置などを設定

JPEG 形式の出力設定

[Export] タブをクリックします。
[JPG] の [Quality] に「8」、[Optimized] を設定します。
すべての設定ができたら、[Run Batch] をクリックします。すると、自動処理が始まります。
JPEG 形式の出力設定
JPEG 形式の出力設定
[Adobe Photoshop] 警告アラートで、[OK] をクリックします。
[OK] をクリック
[OK] をクリック
複数の画像にウォーターマークを入れることができました。
[target_folder] フォルダーに出力された画像
[target_folder] フォルダーに出力された画像
複数の画像にウォーターマークを入れる
複数の画像にウォーターマークを入れる
表示方法を選択!
JPEG 形式には、ベースラインプログレッシブという2種類の表示方法があります。ベースラインは、上からライン状に読み込む方式で、標準や最適化と呼ばれる場合もあります。プログレッシブは、最初に画像全体を粗く表示し、徐々に細かく表示する方式です。
2種類の表示方法から選べる
2種類の表示方法から選べる
[Watermark 3] フリー版は、[Optimized] と [Progressive] が選択できます。[Optimized] がベースライン方式で、初期設定されています。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
1234

スポンサード リンク