【自動処理】複数の画像にウォーターマークを入れる方法【プラグイン】

【自動処理】複数の画像にウォーターマークを入れる方法【プラグイン】

ロゴ画像を指定する

[Watermark 3] は、すべての作業を自動処理します。自動処理の設定は、[Watermark 3] パネルに従って行います。ここでは、STEP 1 でダウンロードしたロゴ画像「watermark.ai」を指定します。
[Watermark 3] パネル → ダウンロードしたロゴ画像を指定
複数の画像にウォーターマークを入れる目的であっても、まず単一の画像で、仕上がりを確認しておきましょう。
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1920 pixel]、[高さ : 1280 pixel]、[解像度 : 72 pixel/inch]、[カラーモード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
photo by Free-Photos
[プラグイン] メニューから、[Watermark 3] → [Watermark 3] を選択します。[Watermark 3] パネルで、[Single Image] を選択します。
[Source] タブを選択します。
[Logo] を選択します。
[Choose File] をクリックします。
[Choose File] をクリック
[Choose File] をクリック
ロゴの画像ファイルを指定します。ここでは、STEP 1 でダウンロードした AI 形式のベクターデータ「watermark.ai」を選択しました。
[開く] をクリックします。
ロゴの画像ファイルを指定
ロゴの画像ファイルを指定
すると、[Choose File] の下にディレクトリパスが表示されます。
ディレクトリパスを確認
ディレクトリパスを確認
テキストの場合!
ウォーターマークにテキストを適用する場合は、[Text] を選択します。すると、[You Watermark Text (ウォーターマークをテキストで入力)]、[Font Color (フォントの色)]、[Choose Font (フォントを選択)] の設定項目が表示されます。
[Text] を選択
[Text] を選択
[Add Stroke (境界線を追加)] にチェックマークを入れると、設定したテキストに境界線を追加することができます。[Size (サイズ)] は境界線の太さ、[Stroke Color (境界線の色)] をクリックで、境界線の色が設定できます。
続きは↓下の番号をクリック!
1234

スポンサード リンク