【自動処理】複数の画像にウォーターマークを入れる方法【プラグイン】

【自動処理】複数の画像にウォーターマークを入れる方法【プラグイン】

単一の画像に適用する

ウォーターマークの基本サイズと位置、不透明度と間隔を設定します。3段階の基本サイズから選んで自動的に演算されるので、縦長や横長などの画像でも試しておきましょう。
単一の画像に適用する → ウォーターマークの仕上がりを確認
[Watermark 3] パネルで、[Size/Position] タブを選択します。
[Size] に [Small] を選択します。
[Position] に右下のラジオボタンを選択します。
基本サイズと位置を設定
基本サイズと位置を設定
[Opacity] のスライダーをドラッグして、不透明度を設定します。ここでは「20」% を設定しました。
[Spacing] に「50 / 50」Px を入力します。初期設定
すべての設定ができたら、[Add Watermark] をクリックします。
不透明度と間隔を設定
不透明度と間隔を設定
単一の画像 (開いたドキュメント) に、ウォーターマークを入れることができました。
ウォーターマークの仕上がりを確認
ウォーターマークの仕上がりを確認
間隔はどこの距離?
[Spacing] の2つの入力ボックスは、左が [Vertical (垂直)] で、右が [Horizontal (水平)] です。いずれも、ドキュメントの端からの距離で、ウォーターマークは、バウンディングボックスの領域が用いられています。
[Vertical (垂直)] と [Horizontal (水平)]
[Vertical (垂直)] と [Horizontal (水平)]
レイヤー出力される!
ウォーターマークを単一の画像に適用すると、テキストではテキストレイヤー、ロゴではスマートオブジェクトとして出力されます。
[Vertical (垂直)] と [Horizontal (水平)]
[Vertical (垂直)] と [Horizontal (水平)]
レイヤーの不透明度は、[Watermark 3] で設定した [Opacity] の設定値がそのまま適用されているので、出力後に再編集することも可能です。明るい素材の適用でウォーターマークが見えにくい場合などは重宝しますね。
不透明度 : 20% → 不透明度 : 40%
続きは↓下の番号をクリック!
1234

スポンサード リンク