【選択範囲】正確な開始点をすばやく見つける方法【楕円形選択ツール】

【選択範囲】正確な開始点をすばやく見つける方法【楕円形選択ツール】

【Photoshop基本操作】選択範囲の開始点は、四角形のコーナーに設定されているため、球体などの円形を選択する場合は、オブジェクトの境界から離れた何もないところを探さなくてはなりません。[定規]の交差点をドラッグすると表示される十字線を活用すれば、見つけにくい開始点を正確に知ることができます。

続きを読む

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【効果】画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方【レンズ補正】

【Photoshop基本操作】「ビネット効果」とは、カメラレンズの特性により画像の周辺が暗くなる現象です。「ケラレ」と呼ばれるレンズ性能の悪さを示すものですが、主体を際立たせたレトロな効果を表現できます。[レンズ補正]の[周辺光量補正]を活用すれば、どんなドキュメントサイズでも簡単に作成できます。

続きを読む

【選択範囲】切り抜きオブジェクトを同じレイヤー内で複製する【移動ツール】

【選択範囲】切り抜きオブジェクトを同じレイヤー内で複製する【移動ツール】

【Photoshop基本操作】無駄なレイヤーを増やさず、切り抜きオブジェクトをコピー&ペーストするには、[移動ツール]のショートカットキーを使用します。元画像を残したまま、コピー画像を自由に編集することができ、後々のレイヤー結合工程を省くことができます。

続きを読む

【カラー設定】どうする?埋め込まれたプロファイルの不一致【カラーマネジメント】

【カラー設定】どうする?埋め込まれたプロファイルの不一致【カラーマネジメント】

【Photoshop基本操作】画像を開くと表示されるアラート[埋め込まれたプロファイルの不一致]。そのまま[OK]していませんか? 初期設定では、その画像に含まれる埋め込みプロファイルを使用することが選択されていますが、色が合わないトラブルに発展する危険性も持っています。

続きを読む

【効果】別画像の色調に一発変換する方法【カラーの適用】

【効果】別画像の色調に一発変換する方法【カラーの適用】

【Photoshop基本操作】一般的な色調補正は、元画像のカラー情報を増減させて行いますが、別画像のカラー情報に置き換えて色調変換するのが[カラーの適用]です。たとえば、静寂な青い海を、エネルギッシュな夕景に変えることだって可能です。

続きを読む

【レタッチ】青空から鳥影を瞬時に消す【スポット修復ブラシツール】

【レタッチ】青空から鳥影を瞬時に消す【スポット修復ブラシツール】

【Photoshop基本操作】バージョンアップを重ねるごとに精度を増したスゴイ機能[コンテンツに応じる]。これは Photoshop が自動的に周囲のカラー情報を解析し、いいカンジに修復してくれるというものです。その[コンテンツに応じる]を搭載した[スポット修復ブラシツール]を使って、青空から鳥影を瞬時に消してみましょう。

続きを読む

【レタッチ】画像内の人物を移動して自動修復する方法【コンテンツに応じた移動ツール】

【レタッチ】画像内の人物を移動して自動修復する方法【コンテンツに応じた移動ツール】

【Photoshop基本操作】画像内の対象物が切り抜きオブジェクトのように移動できれば、デザインの自由度は広がります。[コンテンツに応じた移動ツール]は、移動元の穴埋めと移動先の境界線を一度に自動修復してくれるツールです。意図したレイアウトに合わせて、計画的に画像内の主体を移動させましょう。

続きを読む

【ウィンドウ】拡大作業と全体確認を2画面で行う方法【アレンジ】

【ウィンドウ】拡大作業と全体確認を2画面で行う方法【アレンジ】

【Photoshop基本操作】作業用(拡大)と確認用(縮小)のウィンドウを2画面で同時に表示しておけば、全体の仕上がりを確認しながら、細部の修正が効率よく行えます。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!複写機で劣化したタイプ文字

【ロゴ】フォントでつくる!複写機で劣化したタイプ文字

【Photoshop講座】既存フォントを劣化させる手法は、情緒的なイメージが簡単に演出できるので、タイトルや商品名などに幅広く使われています。複写機を何度も通して、繊細な形がつぶれてしまったタイプライター風のロゴを作成しましょう。

続きを読む

【効果】シャープとボケを同時に調整する方法【ハイパス】

【効果】シャープとボケを同時に調整する方法【ハイパス】

【Photoshop基本操作】近くのものをハッキリと、遠くのものをボンヤリとさせたい場合、それぞれの領域でシャープとブラーを個別に適用することが考えられますが、ひとつの効果を利用して、自然な被写界深度を調整する簡単な方法があります。

続きを読む