【色調補正】CMYK画像をRGB変換で鮮やかに再現する方法【Labカラー】

【色調補正】CMYK画像をRGB変換で鮮やかに再現する方法【Labカラー】

【Photoshop基本操作】CMYK カラーモード変換で失われた鮮やかな色は、RGB カラーモード変換だけでは再現できません。補正で彩度を高めようとすると、引き換えにコントラストが弱くなってしまい、思うような仕上がりに近付けるには大変苦戦します。そんなときは、Lab カラーモードを試してみましょう。今までの悩みが一気に解消できるかも?

続きを読む

写真をイラスト調に!クールなドットポスタリゼーション

写真をイラスト調に!クールなドットポスタリゼーション

【Photoshop講座】印刷物などに用いられる「ハーフトーン(ドット)」を誇張した表現方法は、写真をイラスト調にする技法としてよく使われています。大小のドットだけで構成される色彩や陰影は大変面白いですね。このハーフトーンの効果にプラスして、これもまたポピュラーな「ポスタリゼーション」を加えると、単純化したディテールや階調で、おしゃれ度がアップします。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!テーブルにこぼれた水滴の文字

【ロゴ】フォントでつくる!テーブルにこぼれた水滴の文字

【Photoshop講座】 ドキュメントに入力した文字を[ワープテキスト]で変形させて、テーブルの上に撒かれたような水の形を描き加え、[レイヤースタイル]の効果を組み合わせて、透明な水滴風に仕上げていきましょう。

続きを読む

【色調補正】色の濁りを取って鮮やかな青空にする方法【特定色域の選択】

【色調補正】色の濁りを取って鮮やかな青空にする方法【特定色域の選択】

【Photoshop基本操作】風景写真の空を青くする方法はいろいろあります。その中でも比較的に理解しやすく、高い効果を発揮できるのが[特定色域の選択]です。青空はもちろん、夕焼けの空や木々の緑も、濁りのない鮮やかな色に補正することができます。

続きを読む

【トリミング】切り抜きサイズを指定する方法【切り抜きツール】

【トリミング】切り抜きサイズを指定する方法【切り抜きツール】

【Photoshop基本操作】SNS 用のプロフィール画像など、Web 上で使用する画像は、あらかじめ、画像サイズ(仕上げ寸法)が指定されていることがあります。必要な部分だけをトリミングしながら、ピクセル数をぴったり合わせることって、意外に難しいですよね。切り抜きサイズの比率をキープしながら、トリミング領域が自由に操作できる方法をご紹介しましょう。

続きを読む

【色調補正】色かぶりをワンクリックで除去する方法【トーンカーブ】

【色調補正】色かぶりをワンクリックで除去する方法【トーンカーブ】

【Photoshop基本操作】色かぶりとは、撮影時の「光源の色の違い」により起こる現象で、写真全体の色調が赤っぽかったり、青っぽかったりすることです。自動で行える便利機能もありますが、素材によっては、あまり効果が出ないものも当然あります。適切なサンプリングポイントを見極めて、自動に頼らずワンクリックで除去する方法をご紹介しましょう。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!ジュッ!と焼き焦げたタイトル文字

【ロゴ】フォントでつくる!ジュッ!と焼き焦げたタイトル文字

【Photoshop講座】新聞紙などが焼け焦げた処理は、文字型で抜く処理が加わると意外に簡単なものです。それは、形状が限られてしまうことで、不自然さを味方にできるから? なのかも知れません。2つのフィルターの組み合わせと、レイヤースタイルの効果だけで作成できる方法をご紹介しましょう。

続きを読む

【パス&シェイプ】クリックするだけ!パスを直感的に作成する方法【曲線ペンツール】

【パス&シェイプ】クリックするだけ!パスを直感的に作成する方法【曲線ペンツール】

【Photoshop基本操作】[曲線ペンツール]は、曲線の曲がり具合を自動的に適用してくれるゴキゲンなツールです。パス操作の鬼門「方向線」を設定する必要がないので、直感的にクリックするだけで、定義に基づいた美しい曲線を作成することができます。これでパスの苦手を克服しましょう!

続きを読む

写真をイラスト調に!水彩画の風景スケッチ風

写真をイラスト調に!水彩画の風景スケッチ風

【Photoshop講座】水彩画の一般的なイメージは、顔料を薄くぼかしながら塗り重ねていく、透明水彩(ウォーターカラー)という画法でしょう。不透明絵具を塗り重ねて行く画法との大きな違いは、用紙の地色を活かしながら彩色していくことです。風景写真を素朴な水彩画風に仕上げてみましょう。

続きを読む

【プリントサイズ】モニタ表示を同じ大きさにする方法【スクリーン解像度】

【プリントサイズ】モニタ表示を同じ大きさにする方法【スクリーン解像度】

【Photoshop基本操作】名刺やハガキなどの印刷物を作成するとき、パソコンのモニタ(ディスプレイ)に実物の大きさを表示して確認することが必要です。Photoshop の[表示]メニューには、実物の大きさを表示できる[プリントサイズ]がありますが、選択しても同じ大きさにならないので、使用することをあきらめている方も多いのではないでしょうか? Photoshop の[スクリーン解像度]を調整して、モニタ表示を「実物大」や「原寸大」といった、同じ大きさにすることを目指しましょう。

続きを読む