基本がわかる!レイヤースタイルの操作

基本がわかる!レイヤースタイルの操作

【Photoshop基本操作】レイヤースタイルとは、レイヤーの塗りの部分に対して、立体的な効果やドロップシャドウなどがすばやく適用できる機能です。元画像には編集を加えないので、適用後も設定を変更したり、効果だけを他のコンテンツにコピー&ペーストできます。



ピクセルを意識しよう!

テキストレイヤーに含まれる文字は、実物の大きさである「ポイント (pt)」によって決められますが、それはドキュメントの解像度によって換算された数値が適用されます。レイヤースタイルの単位は、ほとんどが解像度に依存する「ピクセル (px)」を使用しているので、実物の大きさは用いられません。ドキュメント上での単位にはピクセルを意識しましょう。

レイヤースタイルの操作方法

これから行う操作は、テキストレイヤーにレイヤースタイルを適用する基本的な操作方法です。新規ドキュメントに文字を入力し、プリセットに含まれている「スタイル」を適用します。スタイルはそれぞれの初期設定で適用されるので、対象となるオブジェクトには最適化されません。オブジェクトの大きさに応じた調整を行いましょう。
ドキュメントに文字を入力→プリセットのスタイルを適用

対象のレイヤーを作成

レイヤースタイルは、レイヤーオブジェクトに対する効果です。背景には適用することができません。対象となるレイヤーは、テキストレイヤー、ピクセルレイヤー、シェイプレイヤーなどです。スマートオブジェクトやグループ単位に適用することもできるので、オブジェクトを含む非破壊編集が可能な効果として、応用範囲は非常に広いです。
新規ドキュメントを作成 → ドキュメントに文字を入力
【操作方法】
[ファイル] メニューから、[新規] を選択します。[新規ドキュメント] ダイアログで、[幅] に「1280」pixel、[高さ] に「640」pixel、[解像度] に「72」pixel/inch を設定して、[作成] をクリックします。
[新規ドキュメント] ダイアログを設定
[新規ドキュメント] ダイアログを設定

解像度を確認しよう!

レイヤースタイルを適用するドキュメントは、新規ドキュメントの他に、JPEG や PNG などの画像フォーマット形式で保存されたファイルを、Photoshop で開いたものでもかまいません。新規ドキュメント以外のドキュメントに適用する場合は、あらかじめ解像度を確認し、Web 用なら 72 pixel/inch 〜 96 pixel/inch、印刷用なら 300 pixel/inch 〜 350 pixel/inch を設定してください。
[ツール] パネルから、[横書き文字ツール] を選択します。
[横書き文字ツール] を選択
[横書き文字ツール] を選択
オプションバーで、任意のフォントを設定し、[フォントサイズを設定] に「300 pt」を入力します。
[アンチエイリアスを設定] に [滑らかに] を選択します。
[フォントサイズを設定] に「300 pt」を入力
[フォントサイズを設定] に「300 pt」を入力
[アンチエイリアスを設定] に [滑らかに] を選択
[アンチエイリアスを設定] に [滑らかに] を選択

任意のフォントを設定!

作例では、「Swiss 721 Rounded BT」を設定していますが、フォント環境はご使用のパソコンによって異なります。リスト表示される任意のフォントを設定してください。
ドキュメント内をクリックして、ポイントテキストで文字を入力します。
文字を入力して確定する
文字を入力して確定する

文字の間隔を空けよう!

レイヤースタイルの効果は、エッジの側面に境界線が設定されている場合もあり、隣接する文字が近いとスペースが足りなくなってしまいます。あらかじめ、トラッキングなどで、文字の間隔を少し空けておくと効果的です。
カーニングとトラッキングを設定
カーニングとトラッキングを設定
文字列が欧文の場合は、[文字のカーニングを設定] に [オプティカル]、[選択した文字のトラッキングを設定] に [25] を設定しておくといいでしょう。

基本がわかる動画を配信中!

チャンネル登録をお願いします!

スタイルの追加と置き換え

レイヤースタイルがあらかじめ設定された「スタイル・プリセット」は、[プリセットマネージャー] で統括的に管理され、[スタイル] パネルに表示されます。[スタイル] パネルメニューには、テーマや目的で分けられた複数のスタイル・プリセットがリストアップされます。
スタイルの追加 → スタイルの置き換え
【操作方法】
[ウィンドウ] メニューから、[スタイル] を選択し、[スタイル] パネルを表示します。
[スタイル] パネルを表示
[スタイル] パネルを表示
[スタイル] パネルメニューから、[Web スタイル] を選択します。
[Web スタイル] を選択
[Web スタイル] を選択
警告アラートで、現在のスタイルに追加する場合は [追加]、すべてを置き換える場合には [OK] をクリックします。
[OK] をクリック
[OK] をクリック

ダブルクリックでスタイルを読み込み!

新しく作成したり、サイトからダウンロードしたレイヤースタイルを読み込むには、[スタイル] パネルメニューから、[スタイルを読み込み] を選択、またはスタイル・プリセット (ファイル) をダブルクリックします。すると、新しいスタイルが読み込まれ、[スタイル] パネルに追加されます。
スタイル・プリセットをダブルクリック → 新しいスタイルが読み込まれる
[スタイル] パネルメニューにリストアップさせるためには、スタイル・プリセットをお使いのパソコンにインストールする必要があります。

基本がわかる動画を配信中!

チャンネル登録をお願いします!

スタイルの適用と消去

スタイル・プリセットからの適用は、[スタイル] パネルに表示されたアイコンをクリックします。ドキュメントの物理的な大きさを基準とした換算値が用いられるので、最適化するには適用後の調整が必要です。あらかじめ解像度を確認しておきましょう。
スタイルをクリック → レイヤースタイルを適用
【操作方法】
[レイヤー] パネルで、レイヤースタイルを適用する対象のレイヤーを選択します。
対象のレイヤーを選択
対象のレイヤーを選択
[スタイル] パネルで、[ドロップシャドウ付き青のゲル] をクリックします。
[ドロップシャドウ付き青のゲル] をクリック
[ドロップシャドウ付き青のゲル] をクリック
レイヤースタイルを適用することができました。
レイヤースタイルを適用することができた
レイヤースタイルを適用することができた

スタイルを消去する!

[スタイル] パネルで、[スタイルを消去] をクリック、または [スタイルの初期設定 (なし)] をクリックすると、適用したレイヤースタイルがオブジェクトから消去されます。
[スタイルを消去] と [スタイルの初期設定 (なし)]
[スタイルを消去] と [スタイルの初期設定 (なし)]

レイヤー効果の一覧を非表示

適用したレイヤースタイルの管理は、[レイヤー] パネルで行います。通常のレイヤーと同じく、レイヤー効果が階層で一覧できます。描画オプションとレイヤー効果があり、レイヤー効果の一覧を折りたたんで非表示にすることができます。
レイヤー効果の一覧を表示 → レイヤー効果の一覧を非表示
【操作方法】
[レイヤー] パネルで、[レイヤーに高度な描画オプションがあることを表示] を確認します。
[塗り] の設定値を確認します。
[塗り] の設定値を確認
[塗り] の設定値を確認

スタイルに含まれた不透明度!

レイヤーオブジェクトには、[不透明度] と [塗り] の設定がありますが、レイヤースタイルからこれらの設定を制御されている場合もあります。作例では、[ドロップシャドウ付き青のゲル] を適用した結果、[塗り] に「85%」が設定されているので、このスタイルは、背景画像が15%透過するタイプだということが確認できます。
[塗り] の設定で背景が透過する
[塗り] の設定で背景が透過する
[レイヤー] パネルで、[レイヤー効果をパネルに表示 / 非表示] をクリックします。
[レイヤー効果をパネルに表示 / 非表示] をクリック
[レイヤー効果をパネルに表示 / 非表示] をクリック
すると、レイヤー効果の一覧が折りたたまれ、表示 / 非表示の切り替えを行うことができます。
レイヤー効果の一覧を折りたたむ
レイヤー効果の一覧を折りたたむ

省スペース化のための機能!

レイヤースタイルには複数の効果が含まれているため、[レイヤー] パネルでの表示にスペースをとってしまいます。[レイヤー効果をパネルに表示 / 非表示] は、そんなスペースを有効に使うための「切り替える機能」なので、レイヤースタイルの効果には影響しません。

レイヤー効果の非表示と削除

個別のレイヤー効果を確認することや、効果の表示 / 非表示を操作して、特定の効果だけを表示することができます。不要なレイヤー効果は、ドラッグ&ドロップで削除することができます。
レイヤー効果の非表示 → レイヤー効果を削除
【操作方法】
[レイヤー] パネルで、[ドロップシャドウ] の [個別のレイヤー効果の表示 / 非表示] をクリックします。
[個別のレイヤー効果の表示 / 非表示] をクリック
[個別のレイヤー効果の表示 / 非表示] をクリック
すると、[ドロップシャドウ] の効果を非表示にすることができます。
ドロップシャドウ付き青のゲル → [ドロップシャドウ] を非表示
[レイヤー] パネルで、[ベベルとエンボス] を [レイヤーを削除] にドラッグ&ドロップします。複数の [レイヤー効果の名前] を一度に選択することはできません。
[レイヤー効果の名前] をドラッグ&ドロップ
[レイヤー効果の名前] をドラッグ&ドロップ
すると、[ベベルとエンボス] の効果を削除することができます。
適用したレイヤースタイル → [ベベルとエンボス] を削除

ダイアログで削除する!

ドラッグ&ドロップの操作がしにくい場合は、[レイヤースタイル] ダイアログの [効果を削除] をクリックします。[レイヤースタイル] ダイアログの表示は、[レイヤー] パネルで、[レイヤー効果] をダブルクリック、または [レイヤー効果の名前] をダブルクリックします。
[効果を削除] をクリック
[効果を削除] をクリック

レイヤー効果を拡大・縮小

レイヤースタイルを適用後、効果の大きさが合わないと感じたときは、[効果を拡大・縮小] を試してみましょう。オブジェクトの大きさを変更することなく、効果の比率を調整することができます。
ドロップシャドウ付き青のゲル → レイヤー効果を拡大・縮小
【操作方法】
[レイヤー] パネルで、レイヤースタイルを適用する対象のレイヤーを選択します。
対象のレイヤーを選択
対象のレイヤーを選択

個別の効果には使用できない!

[効果を拡大・縮小] は、すべてのレイヤー効果が対象です。たとえば、パターンやドロップシャドウなど、個別の効果を拡大・縮小したい場合は、[レイヤー] パネルの効果の名前をダブルクリックして、[レイヤースタイル] ダイアログを表示して設定を変更してください。
すべてのレイヤー効果が対象
すべてのレイヤー効果が対象
[レイヤー] メニューから、[レイヤースタイル] → [効果を拡大・縮小] を選択、または [レイヤー] パネルで、[レイヤー効果] を右クリックで表示するコンテキストメニューから、[効果を拡大・縮小] を選択します。[レイヤー効果を拡大・縮小] ダイアログで、[比率] に「145%」を入力して、[OK] をクリックします。
[比率] に「145%」を入力
[比率] に「145%」を入力
効果の比率を調整することができました。
効果の比率を調整することができた
効果の比率を調整することができた

どんなときも 100% からの調整!

[レイヤー効果を拡大・縮小] ダイアログで設定した [比率] の数値は、適用後の再設定でも、すべて「100%」からの調整となります。たとえば、適用前の [比率] に戻したい場合は、再設定しにくくなるので注意が必要です。

スタイルの編集

レイヤースタイルは、スタイル・プリセットで適用するだけでなく、編集やオリジナルの効果が自由に設定できます。レイヤースタイルの設定は、レイヤースタイルを追加すると表示される [レイヤースタイル] ダイアログで行い、設定後も編集が可能です。
ドロップシャドウ付き青のゲル → レイヤースタイルを編集
【操作方法】
[レイヤー] パネルで、いずれかの [レイヤー効果の名前] をダブルクリックします。
[ベベルとエンボス] をダブルクリック
[ベベルとエンボス] をダブルクリック
すると、レイヤースタイルの詳細な設定ができる[レイヤースタイル]ダイアログが表示されます。[レイヤースタイル] ダイアログで、[陰影] セクションの [角度] に「120」°、[高度] に「70」°を入力します。
[ベベルとエンボス] を変更する
[ベベルとエンボス] を変更する
[レイヤースタイル] ダイアログで、[スタイル] メニューから、[ドロップシャドウ] をクリックして選択します。
[構造] セクションの [角度] に「120」°を入力して、[OK] をクリックします。
[ドロップシャドウ] を変更する
[ドロップシャドウ] を変更する
レイヤースタイルが編集できました。
レイヤースタイルが編集できた
レイヤースタイルが編集できた

包括光源を使用とは?

[包括光源を使用] を有効にすると、包括光源を使用した他の設定のどれかひとつの [角度] を変更しても、連動して同じ設定値に変更されます。たとえば、陰影の角度とドロップシャドウの角度を合わせたいときに使います。[包括光源を使用] を無効にすると、他の設定に影響しない単独の数値が設定できます。
[包括光源を使用] にチェックマークを入れる
[包括光源を使用] にチェックマークを入れる

スポンサード リンク