【レタッチ】低解像度から高解像度に変換する方法【ディテールを保持】

【レタッチ】低解像度から高解像度に変換する方法【ディテールを保持】

補間方法を選択する

[画像解像度] ダイアログで、[再サンプル] セクションの [補間方法を設定] をクリックして、メニューから [ディテールを保持 2.0] を選択します。
[ディテールを保持 2.0] を選択

[ディテールを保持 2.0] を選択
[ノイズを軽減] に「20」% を入力します。
[ノイズを軽減] に「20」% を入力

[ノイズを軽減] に「20」% を入力
ピクセル情報の補間とは?
「ピクセル情報の補間」とは、隣接するピクセルの平均値で新しいピクセルを計算し、足りない部分に穴埋めする機能です。概念的な例では、黒と白の2つのピクセルを3つに増やすと、2つのピクセルの間に 50% グレーのピクセルが穴埋めされます。
補間のしくみ
ピクセル数を変更すると、ピクセルとピクセルの間に新しいピクセルが補間されます。
[ノイズを軽減] に「20」% を入力
ピクセルのブレンド
補間された新しいピクセルは、隣接するピクセルの平均値が穴埋めされます。
[ノイズを軽減] に「20」% を入力
広い領域でのピクセルのブレンド
補間する領域が増えると、隣接するピクセル間で階調が生成されます。
[ノイズを軽減] に「20」% を入力
補間する領域がもっと増えると、増えた分だけの階調が生成されます。黒と白というはっきりしたディテールが、ピクセル情報の補間によってブレンドされ、これが幅、高さに展開されるので、画像がぼけてしまうのです。
[ディテールを保持 2.0] では、これらの補間に人工知能を用い、滑らかにする部分、輪郭を鮮明にする部分を自動的に検出して、最適なアップサンプリングを行います。
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク