基本がわかる!レイヤースタイルの操作

基本がわかる!レイヤースタイルの操作

基本がわかる!
レイヤースタイルの操作
prevnext
CHAPTER-06

レイヤー効果を拡大・縮小

レイヤースタイルを適用後、効果の大きさが合わないと感じたときは、[ 効果を拡大・縮小 ] を試してみましょう。オブジェクトの大きさを変更することなく、効果の比率を調整することができます。
レイヤー効果を拡大・縮小
【操作方法】
[ レイヤー ] パネルで、レイヤースタイルを適用する対象のレイヤーを選択します。
対象のレイヤーを選択
対象のレイヤーを選択
個別の効果には使用できない!
[ 効果を拡大・縮小 ] は、すべてのレイヤー効果が対象です。たとえば、パターンやドロップシャドウなど、個別の効果を拡大・縮小したい場合は、[ レイヤー ] パネルの効果の名前をダブルクリックして、[ レイヤースタイル ] ダイアログを表示して設定を変更してください。
すべてのレイヤー効果が対象
すべてのレイヤー効果が対象
[ レイヤー ] メニューから、[ レイヤースタイル ] – [ 効果を拡大・縮小 ] を選択、または、[ レイヤー ] パネルで、[ レイヤー効果 ] を右クリックで表示するコンテキストメニューから、[ 効果を拡大・縮小 ] を選択します。[ レイヤー効果を拡大・縮小 ] ダイアログで、[ 比率 ] に [ 145 % ] を入力して、[ OK ] をクリックします。
[比率]に[145%]を入力
[ 比率 ] に [ 145 % ] を入力
効果の比率を調整することができました。
効果の比率を調整することができた
効果の比率を調整することができた
どんなときも 100% からの調整!
[ レイヤー効果を拡大・縮小 ] ダイアログで設定した [ 比率 ] の数値は、適用後の再設定でも、すべて [ 100 % ] からの調整となります。たとえば、適用前の [ 比率 ] に戻したい場合は、再設定しにくくなるので注意が必要です。
基本がわかる!
レイヤースタイルの操作
prevnext

スポンサード リンク