【テクスチャ】ゼロからつくる!涼しげな水の波紋

【テクスチャ】ゼロからつくる!涼しげな水の波紋

【Photoshop講座】水の波紋には、幾重にも広がる輪や規則正しいリズムがあります。その物静かな清涼感や環境イメージは、タイトルや商品などを意図的にアピールする手法とされています。


グラデで決まる!
波紋の生成に [ジグザグ] を使う方法では、元のピクセルを変形させるので、それに適した濃淡のグラデーションが必要になるワケです。
ハイライト部分が水面の輝き色、シャドウ部分が最深部の水色です。明るい色を左上に配置することで、視覚的な遠近感が表現できます。

何もない状態から水の波紋を描く

こらから行う操作は、Photoshop の機能だけを使って、何もない状態から水の波紋を描く方法です。といっても、フリーハンドで描くような操作は一切ありません。ステップ・バイ・ステップ方式で、手順どおりに操作すれば、誰でも「涼しげな水の波紋」が作成できます。
ベース色を設定 (変形後) → 何もない状態から水の波紋を描く

ベース色を設定する

「涼しげな水の波紋」は、ドキュメントを正方形から長方形に変形させる方法を取ります。なので、手順の前半は、真上から見た波紋を想定しながら行います。
正方形のドキュメントを作成 → ベース色のグラデーションを設定
[ファイル] メニューから、[新規] を選択します。[新規ドキュメント] ダイアログで、[幅] に「1280」pixel、[高さ] に「1280」pixel、[解像度] に「300」pixel/inch、[カラーモード] に「RGB カラー」、[8 bit] を設定して、[作成] をクリックします。
[新規ドキュメント] ダイアログを設定

[新規ドキュメント] ダイアログを設定
新規ドキュメントを作成します。
新規ドキュメントを作成

新規ドキュメントを作成
サイズで効果が変わる!
「涼しげな水の波紋」は、フィルターの機能によって、ピクセルレイヤーを変形します。作例より大きいドキュメントサイズでは、輪の数が多くなり、小さなドキュメントサイズでは、輪の数が少なくなります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

グラデーションの設定

[レイヤー] パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成] をクリックし、メニューから、[グラデーション] を選択して、[グラデーション 1] を作成します。
[グラデーション 1] を作成

[グラデーション 1] を作成
[グラデーションで塗りつぶし] ダイアログで、[クリックでグラデーションを編集] をクリックし、[グラデーションエディター] ダイアログを表示します。
[クリックでグラデーションを編集] をクリック

[クリックでグラデーションを編集] をクリック
[グラデーションエディター] ダイアログで、次のグラデーションを設定して、[OK] をクリックします。
[グラデーションエディター] ダイアログを設定

[グラデーションエディター] ダイアログを設定
【設定値】
[位置 : 0%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 100%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 0%] [H : 209°/ S : 95% / B : 66%]
[位置 : 50%] [H : 198°/ S : 32% / B : 89%]
[位置 : 100%] [H : 206°/ S : 6% / B : 99%]
[グラデーションで塗りつぶし] ダイアログで、[角度] に「120」°を入力して、[OK] をクリックします。
[グラデーションで塗りつぶし] ダイアログを設定

[グラデーションで塗りつぶし] ダイアログを設定
ベースの色となるグラデーションが作成できました。
ベースの色が設定できた

ベースの色が設定できた
角度で効果が変わる!
[グラデーションで塗りつぶし] ダイアログで設定する [角度] は大変重要です。グラデーションの最も明るい部分が光源となるので、右上からの入射角にしたい場合は、[角度] を「75」°から「30」°までの範囲に設定します。

スマートオブジェクトに変換

[レイヤー] パネルで、[背景] を [command (Ctrl)] キーを押しながらクリックして、[グラデーション 1] と [背景] を選択します。
[command (Ctrl)] + クリック

[command (Ctrl)] + クリック
[レイヤー] メニューから、[スマートオブジェクト] → [スマートオブジェクトに変換] を選択して適用します。
スマートオブジェクトを確認

スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトとは?
[スマートオブジェクトに変換] を適用すると、[背景] やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、適用後の色調補正やフィルターが再編集できます。
レイヤー名をダブルクリック → 新しいレイヤー名を入力
複数のレイヤーをスマートオブジェクトに変換すると、前面のレイヤー名が反映されます。操作には影響ないですが、作例のように [グラデーション 1] では、ちょっとヘンですよね (笑)。レイヤー名をダブルクリックして、任意の名称に変更することができます。
続きは↓下の番号をクリック!

1234

スポンサード リンク