【テクスチャ】ゼロからつくる!涼しげな水の波紋

【テクスチャ】ゼロからつくる!涼しげな水の波紋

遠近感をつける

正方形の波紋は、真上から見た状態です。斜めから見た状態にするには、まず、ドキュメントを仕上げサイズに変更してから、[遠近法] で台形に変形します。
正方形ドキュメントの縦横比を変更 → 台形に変形して遠近感をつける
[レイヤー] メニューから、[スマートオブジェクト] → [スマートオブジェクトに変換] を選択して適用します。
効果を含むスマートオブジェクト → スマートオブジェクトに変換
非破壊編集にフル対応!
スマートオブジェクトの中にスマートオブジェクトを含む「入れ子構造」も可能です。いつでも非破壊編集が行えるので、できるものは何でもかんでも、スマートオブジェクトに変換しておきたいですね。
スマートオブジェクトの効果は、現在のピクセル構成に対する効果なので、元の画像に変形が加えられると、その変形後のピクセル構成に適用されます。なので、適用結果を維持した変形を行いたい場合は、すべての効果を含んだスマートオブジェクトに変換します。
効果名をダブルクリック

効果名をダブルクリック
効果を編集したい場合は、スマートオブジェクトをダブルクリックすると、元のドキュメントが表示されます。元のドキュメントで、効果名をダブルクリックすると、各効果のダイアログが表示されます。

縦横比を変更

[イメージ] メニューから、[画像解像度] を選択します。[画像解像度] ダイアログで、[縦横比を制限しない] をクリックします。
[高さ] に「720」pixel を入力して、[OK] をクリックします。
[画像解像度] ダイアログを設定

[画像解像度] ダイアログを設定
ドキュメントの縦横比を変更することができました。
ドキュメントの縦横比を変更

ドキュメントの縦横比を変更
仕上げサイズを入力!
[画像解像度] ダイアログでは、[幅]、[高さ] に、任意の仕上げサイズを入力してください。1280 x 720 pixel を推奨サイズとしますが、この縦横比には限定しません。どんなサイズでも対応できます。

[遠近法] の設定

[編集] メニューから、[変形] → [遠近法] を選択します。すると、変形のバウンディングボックスが表示されます。
変形のバウンディングボックスを表示

変形のバウンディングボックスを表示
右下のハンドルを水平方向に右へドラッグして、[enter]キーを押して変形を確定します。
ハンドルを右へドラッグ

ハンドルを右へドラッグ
適切な変形角度は?
ハンドルを右側へドラッグする、その距離が遠いほど視点が下がります。大まかには、ドキュメントの比率で視点角度を決めているので、補助的な遠近感を演出する操作であると考えてください。作例では、「13°」に設定しています。

[拡大・縮小] の設定

[編集] メニューから、[変形] → [拡大・縮小] を選択します。すると、変形のバウンディングボックスが表示されます。
変形のバウンディングボックスを表示

変形のバウンディングボックスを表示
下辺中央のハンドルを垂直方向に下へドラッグして、[enter]キーを押して変形を確定します。
ハンドルを下へドラッグ

ハンドルを下へドラッグ
何もない状態から、涼しげな水の波紋を描くことができました。
涼しげな水の波紋を描くことができた

涼しげな水の波紋を描くことができた
カンバスより大きく!
波紋の形状は、正方形ドキュメント内で作成したものなので、それより外側には、効果が含まれていません。カンバスを少しはみ出るくらいの大きさに調整しましょう。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
1234

スポンサード リンク