【テクスチャ】ゼロからつくる!涼しげな水の波紋

【テクスチャ】ゼロからつくる!涼しげな水の波紋

波紋を作成する

スマートオブジェクトに2種類の [ジグザグ] を適用して、同心円状に干渉する波紋を作成します。
ベース色のグラデーションを設定 → 同心円状に干渉する波紋を作成
[フィルター] メニューから、[変形] → [ジグザグ] を選択します。[ジグザグ] ダイアログで、[スタイル] に [回転] を選択し、[量] に「100」、[折り返し] に「5」を入力して、[OK] をクリックします。
[ジグザグ] ダイアログを設定

[ジグザグ] ダイアログを設定
[ジグザグ] が適用されました。
[ジグザグ] が適用された

[ジグザグ] が適用された
変形率と回数を設定!
[ジグザグ] は、選択した [スタイル] の変形率と回数を設定するフィルターです。ここでは、[スタイル] に [回転] を選択しているので、[折り返し] の数値は、輪の個数を示します。
[量] の数値は、負の変形率も設定できます。[回転] を選択している場合は、反時計回りの変形率が適用されます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

2種類の [ジグザグ] を適用

スマートオブジェクトは、複数の効果を適用することができます。ここでは、設定内容が違う同じフィルターを適用します。
[フィルター] メニューから、[変形] → [ジグザグ] を選択します。[ジグザグ] ダイアログで、[スタイル] に [左上、右下方向] を選択し、[量] に「50」、[折り返し] に「10」を入力して、[OK] をクリックします。
[ジグザグ] ダイアログを設定

[ジグザグ] ダイアログを設定
2種類の [ジグザグ] が適用されました。
2種類の [ジグザグ] が適用された

2種類の [ジグザグ] が適用された
水の乱反射を表現!
[スタイル] に [左上、右下方向] を選択すると、ドキュメントの対角線に変形率と回数が適用されます。ここでは、[量] に正の変形率を設定しているので、左上方向に押し上げる形になります。
その結果、ベースに [回転] を適用している場合は、輪の形状との干渉が起きて、水の乱反射のような効果が表現できます。[折り返し] は、この押し上げの個数で、数値が大きいほどジグザグが細かくなります。
続きは↓下の番号をクリック!

1234

スポンサード リンク