タグ別アーカイブ: Curves

写真を加工する!ひび割れた土の肌を持つ女

写真を加工する!ひび割れた土の肌を持つ女

【Photoshop講座】画像を合成するとき、描画モードを設定すると、さまざまな結果が生成されます。異なる描画モードを片っ端から試してみるのもいいですが、描画モードの「中性色」を知っておくと、引き出しから取り出すスピードが速くなります。人物の肌にひび割れた土の画像を合成して、描画モードの特性を理解しましょう。

続きを読む

写真を加工する!パソコン画面から飛び出したウミガメ

写真を加工する!パソコン画面から飛び出したウミガメ

【Photoshop講座】はめ込み合成の一部をフレームの外にはみ出させるだけで、トリッキーな効果が得られます。それはまるで、ノートパソコンの画面から飛び出してきたように感じます。チュートリアルの主なポイントは、自然な切り抜きと立体的に見せる光と影です。ノートパソコンの画面の内側と外側で変化する、明るさや色調にこだわって、複雑な作業を効率的に組み立てましょう。

続きを読む

【画像合成】切り抜きの境界線をなじませる【フリンジ削除】

【画像合成】切り抜きの境界線をなじませる【フリンジ削除】

【Photoshop基本操作】画像を形に切り抜いて合成する場合、直面する問題があります。それは、境界線に不自然な「白フチ」や「黒フチ」が残ることです。このような現象が起こる原因は、形に切り抜きする前の周辺画像が影響しています。そして、合成テクニックのひとつである境界線の「ぼかし」が深く関係しています。それらを自然になじませる方法を学びましょう。

続きを読む

基本がわかる!色かぶりの補正

基本がわかる!色かぶりの補正【3】トーンカーブで除去する

【Photoshop基本操作】色かぶりの原因やホワイトバランスのしくみが理解できたら、画像補正の最強ツール[トーンカーブ]に挑戦してみましょう。[トーンカーブ]には、[自動カラー補正オプション]という機能があり、難しい操作をしなくても、対象画像に適した設定を自動的に行ってくれます。

続きを読む

基本がわかる!色かぶりの補正

基本がわかる!色かぶりの補正【2】Camera Rawで除去する

【Photoshop基本操作】色かぶり補正の裏技的な方法がコレです。しかも、何の調整もすることなく、ワンクリックで除去できるほどの能力があります。「Camera Raw」を用いて、一般的な JPEG 形式の画像を補正してみましょう。

続きを読む

基本がわかる!色かぶりの補正

基本がわかる!色かぶりの補正【1】ホワイトバランスと色温度

【Photoshop基本操作】写真全体の色調が、特定の色に偏っていることを「色かぶり」といいます。撮影時の「光源の色の違い」で起こる現象なので、光の三原色「RGB」のバランスを整えれば、このような「色かぶり」は除去できます。[Camera Raw]で除去する方法と、[トーンカーブ]で除去する方法から、その原因と補正方法を学びましょう。

続きを読む

基本がわかる!コントラストのつけ方

基本がわかる!コントラストのつけ方【4】トーンバランスの調整

【Photoshop基本操作】トーンバランスとは、最も暗い部分と最も明るい部分の調整を変えずに、その中間調のバランスを変えることで、画像全体を暗い印象にしたり、明るい印象にする調整のことをいいます。トーンバランスの調整は「中間点」で行います。

続きを読む

基本がわかる!コントラストのつけ方

基本がわかる!コントラストのつけ方【3】最も明るい部分の調整

【Photoshop基本操作】最も暗い部分の調整ができたら、次は最も明るい部分の調整を「ハイライト点」で行います。ハイライト領域は、シャドウ領域よりも効果が出やすいので、ヒストグラムによるピクセル分布の詳細な確認と予測が必要です。「ハイライト点」では「白トビ」に注意しましょう。

続きを読む

基本がわかる!コントラストのつけ方

基本がわかる!コントラストのつけ方【2】最も暗い部分の調整

【Photoshop基本操作】色調補正3つのポイント「シャドウ点」、「中間調点」、「ハイライト点」のうち、最も暗い部分の調整は「シャドウ点」で行います。最初に最も暗い部分の基準を決めることで、画像全体のトーンバランスを調整しやすくします。「シャドウ点」では「黒ツブレ」に注意しましょう。

続きを読む

基本がわかる!コントラストのつけ方

基本がわかる!コントラストのつけ方【1】画像の状態を知る

【Photoshop基本操作】コントラストを高めるため、意味もわからずスライダーをいじくっていませんか? 色調補正の最強ツール[トーンカーブ]を使いこなすために、まず、[レベル補正]を用いて、「黒ツブレ」や「白トビ」といった、失敗をしない補正方法を学びましょう。

続きを読む