【レタッチ】ザラザラをツルツルに!ノイズを軽減する方法「Camera Raw と Lightroom」【2022】

【レタッチ】ザラザラをツルツルに!ノイズを軽減する方法「Camera Raw と Lightroom」【2022】

【Photoshop講座】ノイズを軽減するしくみは、いたってシンプルです。ピクセルをブレンドして、目立たなくするものです。しかし、やりすぎると画像がぼやけます。そのため、適度で控えめな、設定値を探ることが重要です。Camera Raw を使用して、画像に発生した高感度ノイズを軽減しましょう。
シャープに暫定値を!
設定項目の中にある「シャープ」は、ノイズを軽減して、ぼやけたディテールを引き締める役割です。でも、シャープをかけると、ザラザラが浮き出てきます。相反する両者のバランスを取るのは、なかなか難しくて面倒です。そこで、これ以上、シャープを強くしない状態を、先につくっておくワケです。これでバッチリ!

Camera Raw でノイズを軽減

これから行う操作は、画像に発生したノイズを軽減する方法です。Camera Raw フィルターを使用して、ノイズ軽減の簡単操作と応用、部分的に適用度を変える方法をご紹介します。
CameraRawでノイズを軽減
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】ザラザラをツルツルに!ノイズを軽減する方法【2022】
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

補正作業の準備をする

素材画像をダウンロードして開きましょう。素材画像は、[ 幅 : 1920 pixel ]、[ 高さ : 1280 pixel ] 、[ 解像度 : 300 pixel/inch ]、[ カラーモード : RGB カラー ] を使用しています。オリジナルサイズから小さくしているため、解説の便宜上、擬似的なノイズを加えています。
素材画像を開く
素材画像を開く
RAW データで応用する場合は、任意のファイルを [ Camera Raw ] で開いてください。
[ レイヤー ] パネルで、[ 背景 ] を右クリックして、コンテキストメニューを表示します。
[ スマートオブジェクトに変換 ] を選択して適用します。
[スマートオブジェクトに変換]を選択
[ スマートオブジェクトに変換 ] を選択
スマートオブジェクトに変換されたことを確認してください。
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトとは?
レイヤーや背景を、スマートオブジェクトに変換しておくと、適用するフィルターや、色調補正などの調整が、再編集できるようになります。

Camera Raw を起動

Camera Raw フィルターは、Raw データを現像するための拡張機能を、Photoshop の効果として、使用できるようにしたものです。Lightroom でも、同様に行えます。
[ フィルター ] メニューから、[ Camera Raw フィルター ] を選択します。
CameraRawを起動
Camera Raw を起動
[ Camera Raw ] 操作パネルで、[ 補正前と補正後の表示を切り替え ] をクリックします。
[ ズームレベルの選択 ] に、[ 100% ] 以上の表示倍率を選択します。
[CameraRaw]操作パネル
[ Camera Raw ] 操作パネル
補正作業を快適に!
[ 補正前と補正後の表示を切り替え ] は、補正前と補正後の2画面を見比べながら、ノイズを軽減する調整が行えます。クリックで切り替えることができ、クリックホールドすると、メニューが表示されます。
補正前と補正後の表示を切り替え
補正前と補正後の表示を切り替え
[ ズームレベルの選択 ] は、プレビューの表示倍率が選択できます。プレビューの精度を上げるには、このパネルのコントロールを調整するときに、プレビューのサイズを 100 % 以上までズームします。
ズームレベルの選択
ズームレベルの選択
続きは↓下の番号をクリック!
12345

スポンサード リンク