【レタッチ】ザラザラをツルツルに!ノイズを軽減する方法「Camera Raw と Lightroom」【2022】

【レタッチ】ザラザラをツルツルに!ノイズを軽減する方法「Camera Raw と Lightroom」【2022】

部分的に適用度を変える

トラックのボディを、滑らかに補正することはできましたが、背後の木々や建物まで、平坦な印象になりました。部分的に適用度を変えてみましょう。
背後の木々や建物(適用度50%)

選択範囲を作成

[ パス ] パネルを表示します。
すると、あらかじめ、画像に保存したパスが表示されます。[ パス 1 ] を選択します。Photoshop で画像を開いた場合
[ パスを選択範囲として読み込む ] をクリックします。
[パスを選択範囲として読み込む]をクリック
[ パスを選択範囲として読み込む ] をクリック
すると、トラックの選択範囲が作成されます。[ shift ] + [ command ( Ctrl ) ] + [ I ] キーを押して、選択範囲を反転します。
選択範囲を反転
選択範囲を反転

マスク領域の塗りつぶし

[ レイヤー ] パネルを表示します。
[ スマートフィルター ] の、レイヤーマスクサムネールを選択します。
レイヤーマスクサムネールを選択
レイヤーマスクサムネールを選択
[ 編集 ] メニューから、[ 塗りつぶし ] を選択します。[ 塗りつぶし ] ダイアログで、[ 内容 ] に [ ブラック ] を選択します。
[ OK ] をクリックします。
[塗りつぶし]を設定
[ 塗りつぶし ] を設定
[ command ( Ctrl ) ] + [ D ] キーを押して、選択を解除します。
選択を解除
選択を解除

レイヤーマスクを調整

マスク濃度を明るくすることで、効果の適用度を変えることができます。マスク濃度は、そのまま不透明度に換算されます。数値が小さいほど、透過率 (表示) が高くなります。
[ プロパティ ] パネルで、[ 濃度 ] に [ 50% ] を入力します。暫定値
[ ぼかし ] に [ 4.0 px ] を入力します。暫定値
[濃度]に[50%]を入力
[ 濃度 ] に [ 50% ] を入力
これで、トラックの適用度が 100 %、背後の木々や、建物の適用度が 50 % になりました。Camera Raw を使用して、画像に発生したノイズを、軽減することができました。
部分的に適用度を変えることができた
部分的に適用度を変えることができた
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】ザラザラをツルツルに!ノイズを軽減する方法【2022】
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。
12345

スポンサード リンク