【レタッチ】ザラザラをツルツルに!ノイズを軽減する方法「Camera Raw と Lightroom」【2022】

【レタッチ】ザラザラをツルツルに!ノイズを軽減する方法「Camera Raw と Lightroom」【2022】

ノイズを軽減する [応用例]

[ ディテール ] セクションの設定項目は、お互いに干渉し合う特性があるので、無計画な操作は非効率です。まず、[ シャープ ] に、暫定値を設定することがコツになります。
CameraRawでノイズを軽減
ノイズを軽減する操作は、[ シャープ ]、[ カラーノイズの軽減 ]、[ ノイズ軽減 ] の順番で行います。
[ディテール]セクションの設定順
[ ディテール ] セクションの設定順

シャープに暫定値を設定

[ シャープ ] は、[ アンシャープマスク ] と同様の設定項目です。ノイズを軽減して、ぼやけたディテールを引き締める役割です。
[ シャープ ] に [ 50 ] を入力します。暫定値
[シャープ]に[50]を入力
[ シャープ ] に [ 50 ] を入力
逆にノイズが強くなりました。
逆にノイズが強くなる
逆にノイズが強くなる
なぜ、強くする?
たとえば、先にノイズを軽減しても、[ シャープ ] の設定で、また、ノイズが浮き出てくるかも知れません。そのため、これ以上、シャープを強くしない状態を、先につくっておくワケです。

カラーノイズの軽減

[ カラーノイズの軽減 ] に [ 25 ] を入力します。これも暫定値です。暫定値
[カラーノイズの軽減]に[25]を入力
[ カラーノイズの軽減 ] に [ 25 ] を入力
カラーノイズは軽減しましたが、輝度ノイズはそのまま残ったままです。
輝度ノイズはそのまま残る
輝度ノイズはそのまま残る
詳細設定を展開!
[ ディテール ] は、ブレンドするしきい値を、全体の階調レベルから比率で設定します。初期設定は [ 50 ] で、これはシャドウ点から中間調を示します。[ 滑らかさ ] は、彩度を均一に近づける強さです。初期設定は [ 50 ] です。
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】ザラザラをツルツルに!ノイズを軽減する方法【2022】
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。
続きは↓下の番号をクリック!
12345

スポンサード リンク