【レタッチ】スーパー解像度をJPEGに適用する方法【Rawディテール】

【レタッチ】スーパー解像度をJPEGに適用する方法【Rawディテール】

スーパー解像度を適用する

[強化のプレビュー] には、他に調整するような設定項目がありません。ここでは、[スーパー解像度] を適用します。
[強化] をクリックします。すると、[スーパー解像度] の、処理が始まります。画像の大きさにより、処理には時間がかかります。Metal または DirectX 12 をサポートしている GPU
[強化] をクリック
[強化] をクリック
処理が終了すると、ファイル名の末尾に「強化」が付いた、サムネールが表示されます。
サムネールを確認
サムネールを確認
DNG を自動作成!
[スーパー解像度] の処理が終了すると、同じフォルダー内に、DNG 形式のファイルが自動作成されます。DNG 形式とは、Raw 画像との互換性を持たせた画像ファイルです。
DNG 形式の画像ファイルを自動作成
DNG 形式の画像ファイルを自動作成
JPEG 形式から、DNG 形式に変換されたファイルは、[Camera Raw] で開くことになります。
[ (ファイル名)-強化.dng] サムネールを選択します。
サムネールを確認
サムネールを確認
アンダーバーで、ドキュメントのサイズを確認します。縦横比が2倍の大きさになっています。
ドキュメントのサイズを確認
ドキュメントのサイズを確認
続きは↓下の番号をクリック!
123456

スポンサード リンク