【レタッチ】スーパー解像度をJPEGに適用する方法【Rawディテール】

【レタッチ】スーパー解像度をJPEGに適用する方法【Rawディテール】

Photoshopで開く

[Camera Raw] で処理した画像を、Photoshop で開きましょう。開く方法には、[コピーを開く] を使用します。[フィルムストリップ] – [画像を保存] – [JPEG]
[Camera Raw] の [開く] は、[option (Alt) ] キーを押すと、[コピーを開く] に変わります。[コピーを開く] をクリックします。
[option (Alt) ] + クリック
[option (Alt) ] + クリック
元データを保持!
[開く] をクリックすると、DNG 画像のメタデータが自動更新されます。元データを保持したい場合は、[コピーを開く] を使用しましょう。
[スーパー解像度] が適用された画像を、Photoshop で開くことができました。結果は、新しい DNG 画像として、保存されているので、[Camera Raw] は自動的に閉じられます。
DNG 画像を Photoshop で開く
DNG 画像を Photoshop で開く
元画像のディテールは、細部に渡って維持されています。アップサンプリング特有の斑点もありません。
拡大表示して適用結果を確認
拡大表示して適用結果を確認
アップサンプリングしたとは思えない、自然で綺麗な仕上がりです。
ガウスノイズを確認
ガウスノイズを確認
事前にノイズを削除!
JEPG 形式の画像には、特徴的なノイズが発生しています。圧縮率が高いほど、それは目立ちます。そんなときは、[ニューラルフィルター] の [JPEG のノイズを削除] で、事前にノイズを削除しておきましょう。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
続きは↓下の番号をクリック!
123456

スポンサード リンク