【レタッチ】スーパー解像度をJPEGに適用する方法【Rawディテール】

【レタッチ】スーパー解像度をJPEGに適用する方法【Rawディテール】

スーパー解像度を検証する

[スーパー解像度] は、縦横比2倍の大きさにしたとは思えない、自然で綺麗な仕上がりでしたが、果たして、それは、効果があるものなのでしょうか? Photoshop の補間方法と比較してみましょう。
スーパー解像度 vs ディテールを保持 2.0
[ファイル] メニューから、[開く] を選択します。適用前の、同じ素材画像を選択して、[開く] をクリックします。
同じ素材画像を開く
同じ素材画像を開く
[イメージ] メニューから、[画像解像度] を選択します。[画像解像度] ダイアログで、[幅]、または、[高さ] に、「200」% を入力します。
[再サンプル] に、[ディテールを保持 2.0] を選択します。[ノイズを軽減] には、初期設定の「20」% を設定します。[OK] をクリックします。
[画像解像度] ダイアログを設定
[画像解像度] ダイアログを設定
ディテールを保持 2.0 とは?
[ディテールを保持 2.0] は、人工知能によるアルゴリズムで、画質の劣化を抑え、ジャギーのない滑らかな輪郭を再現できます。
低解像度の元画像 → 1600% のアップサンプリングで高解像度化
低解像度から高解像度に変換する方法
スーパー解像度 vs ディテールを保持 2.0
[スーパー解像度] と同じ、縦横比2倍のアップサンプリングができました。ウィンドウの表示倍率を合わせて、両者を比較してみましょう。
適用結果を比較
適用結果を比較
あれ?違いがない!
結果の比較では、ほとんど、違いがないように見えます。JPEG 画像のアップサンプリングには、現在のところ、[ディテールを保持 2.0] を使用する方が、効率的な作業が行えそうです。
適用結果を比較
適用結果を比較
ヒストグラムで確認!
ヒストグラムで確認すると、[ディテールを保持 2.0] の方が、ほんのわずかですが、ハイライト領域に寄っています。これを見る限り、両者には同じ、アルゴリズムが適用されているようです。
[スーパー解像度] を適用したヒストグラム
[スーパー解像度] を適用したヒストグラム
[ディテールを保持 2.0] を適用したヒストグラム
[ディテールを保持 2.0] を適用したヒストグラム
[スーパー解像度] は、JPEG 形式の画像にも適用できましたが、[RAW ディテール] の機能が、働いていないという考え方もできます。
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】スーパー解像度をJPEGに適用する方法【2021】
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。
123456

スポンサード リンク