【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

2色刷りをプレビューする

[チャンネル] パネルで、[チャンネルを表示 / 非表示] をクリックして、特色版以外を非表示にします。
特色版以外を非表示

特色版以外を非表示
2色刷りをプレビューすることができました。
2色刷りをプレビュー

2色刷りをプレビュー
特色を入れ替える!
2色刷りインキには、プロセスカラーの「シアン」と「マゼンタ」、または、「ブラック」と「マゼンタ」という組み合わせがよく使われます。特色が使えるメリットを活かし、「ブラック」と「オレンジ」、「ブラック」と「グリーン」などもポピュラーです。
「ブラック」と「オレンジ」を使用

「ブラック」と「オレンジ」を使用

入稿用ドキュメントの保存

入稿用ドキュメントは、一般的には、CMYK カラーモードの PSD 形式、または、CMYK カラーモードの EPS 形式で保存します。レイヤーやスポットカラーを含むドキュメントが不可の場合もあるので、事前に印刷所の入稿ガイドなどを確認しましょう。ここでは、EPS 形式の入稿用ドキュメントの操作方法をご紹介します。
SD 形式 → EPS 形式
入稿用は別名で保存!
EPS 形式で保存する場合、特色2色刷りのプレビューを作成したドキュメントは使用できません。あらかじめ、プレビュー用、または、修正用として、PSD 形式で保存してください。入稿用ドキュメントは、別名で保存してください。
【操作方法】
[チャンネル] パネルで、[CMYK] をクリックし、[シアン]、[マゼンタ]、[イエロー]、[ブラック] を表示します。
[CMYK] をクリック

[CMYK] をクリック
[レイヤー] パネルを表示します。
[レイヤー] メニューから、[画像を統合] を選択して適用します。
[レイヤー] パネルを表示 → 画像を統合する
[チャンネル] パネルを表示します。
プレビュー用に作成したチャンネルを [現在のチャンネルを削除] へドラッグして削除します。
CMYK 以外の不要なチャンネルが含まれていないことを確認します。
[現在のチャンネルを削除] へドラッグ → 不要なチャンネルが含まれていないことを確認
[ファイル] メニューから、[別名で保存] を選択します。[別名で保存] ダイアログで、[フォーマット] に [Photoshop EPS] を選択し、[保存] をクリックします。
[フォーマット] に [Photoshop EPS] を選択

[フォーマット] に [Photoshop EPS] を選択
[EPS オプション] ダイアログで、[プレビュー] に [TIFF (8 bit/pixel)]を選択します。
[エンコーディング] に [JPEG – 最高画質 (低圧縮率)] を選択します。
[EPS オプション] ダイアログにあるチェックボックスはすべて外しておきます。すべての設定ができたら、[OK] をクリックします。
[EPS オプション] ダイアログを設定

[EPS オプション] ダイアログを設定
カラー画像から2色刷りデータを作成することができました。
2色刷りデータが作成できた

2色刷りデータが作成できた
レイヤーが保存できない?
EPS (イーピーエス) とは、ベクトル画像、ビットマップ画像の両方のデータを保持できる、主に印刷用のファイル形式です。レイヤーやスポットカラーを含むドキュメントは、[Photoshop EPS] で保存することができません。
保存オプションが非対応

保存オプションが非対応
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
123456

スポンサード リンク