【色調補正】CMYK画像をRGB変換で鮮やかに再現する方法【Labカラー】

【色調補正】CMYK画像をRGB変換で鮮やかに再現する方法【Labカラー】

明度を調整する

明度の調整は、RGB 画像として、階調のバランスを回復させるためのものです。たとえば、ホワイトを完全なホワイトに、ブラックを完全なブラックにすることです。CMYK カラーのプロファイルには、完全なホワイトは存在しますが、完全なブラックは存在しません。RGB 換算値 ( H : 0 % / S : 0 % / B : 0 % ) によるブラックの定義
Lab カラーモードの元画像 → チャンネル [L] を調整

不動点の設定

シャドウとハイライトの不動点 ( クリップ ) は、階調の幅を決めるポイントです。CMYK 変換時には、これらが少し狭くなるように、プロファイルで定義されています。Japan Color 2001 Coated
[ レイヤー ] パネルを表示します。[ 塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成 ] をクリックして、メニューから、[ トーンカーブ ] を選択します。[ トーンカーブ 1 ] を作成します。
[ トーンカーブ 1 ] を作成
[ トーンカーブ 1 ] を作成
[ プロパティ ] パネルで、[ チャンネル ] に [ L ] を選択します。
トーンカーブのシャドウ点のポイントをクリックして選択します。
[ 入力 ] に [ 3 ]、[ 出力 ] に [ 0 ] を入力します。シャドウ点にピクセルが分布されていない場合 ( 1% – 5% )
シャドウ点のポイントを設定
シャドウ点のポイントを設定
階調幅の誤差を戻す!
RGB カラーのハイライト点 [ H : 100 % ] に対して、CMYK カラー変換後のハイライト点が、階調幅の違いから、[ H : 99 % ] に換算されてしまうことがあります。不動点の設定は、このような現象を防ぐためのものです。
不動点を 1% 詰める
不動点を 1% 詰める
Lab カラーモードのチャンネル [ L ] は、画像の明度を分解したものなので、単位には、パーセント ( % ) が使用されています。シャドウ、および、ハイライトの不動点を、それぞれ 1% 詰めることで、RGB 変換後の適正値に近付けます。
しかし、階調の幅は、対象画像によって異なるものなので、適正値は、必ず 1% 詰めることではありません。特にシャドウ点は、ドットゲインの影響も受けるので、1% 〜 5% ほどの誤差が生じます。ドットゲイン : 紙に吸収されるインキがにじみ広がり、印刷物の網点が指定より大きくなってしまう現象
ハイライト点のポイントをクリックして選択します。
[ 入力 ] に [ 99 ]、[ 出力 ] に [ 100 ] を入力します。ハイライト点にピクセルが分布されていない場合 ( 99% – 100% )
ハイライト点のポイントを設定
ハイライト点のポイントを設定
適正値がわからない?
階調幅は対象画像によって異なるものなので、適正値は必ず 1% 詰めることではありません。その場合は、[ トーンカーブ ] ダイアログで、[ チャンネル ] に [ L ] を選択し、[ 自動補正 ] をクリックします。自動的にシャドウ点とハイライト点を設定
[ 自動補正 ] で階調幅を広げる
[ 自動補正 ] で階調幅を広げる
[ チャンネル : L ] の設定は、シャドウ点を 0% に、ハイライト点を 100% にすることであり、CMYK の階調幅との誤差を 1% 詰めることは、およそのケースで対応できる理論値です。ホワイトを含まない、または、ブラックを含まない画像では、適正値が大きく変わる場合もあります。

コントラストの調整

RGB から CMYK に変換されるとき、明度 ( コントラスト ) も少しフラットになるようプロファイルで定義されています。それはおよそ 2% 〜 6% というわずかな量です。したがって、CMYK から RGB に変換する場合は、明度も少し調整しておく方が効果的です。Japan Color 2001 Coated
Lab カラーモードの元画像 → チャンネル [L] のトーンカーブを調整
トーンカーブ上をクリックして、調整ポイントを追加します。
同じ要領でシャドウ側にもポイントを追加します。
トーンカーブにポイントを作成
トーンカーブにポイントを作成
シャドウ側のポイントを選択して、[ 入力 ] に [ 27 ]、[ 出力 ] に [ 23 ] を入力します。
ハイライト側のポイントを選択して、[ 入力 ] に [ 73 ]、[ 出力 ] に [ 77 ] を入力します。
[ 入力 ] と [ 出力 ] に数値を入力
[ 入力 ] と [ 出力 ] に数値を入力
変換前のコントラストに戻す!
トーンカーブの2つの調整ポイントを、階調の [ 25 ] % と [ 75 ] % に設定して、それぞれに、2% – 6% の増減数で変更を加えます。トーンカーブを S 字にすると、コントラストが強くなります。
ここでは、明度のコントラストが、約 4% 高まるように、補正率を定義しています。
CMYK 変換前のフラットな印象を、すっきり鮮明にすることができました。
チャンネル [ L ] のトーンカーブを調整
チャンネル [ L ] のトーンカーブを調整
変換時の特性を知る!
RGB から CMYK に変換すると、色域が極端に狭くなり、発光色と呼ばれる彩度の高い色は再現されません。また、色の濁り成分がスミインキに置き換えられるため、色の鮮やかさが抑えられます。明度の調整は、CMYK 変換時に調整された、浅めのグレーバランスを回復させるためのものです。
続きは↓下の番号をクリック!
1234

スポンサード リンク