【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

CとMを調整する

[ シアン ] と [ マゼンタ ] に、まず、暫定値を設定しましょう。暫定値は、対象画像とは別の視点で、論理的に算出した平均値です。これをベースにして、2色刷りの調整を効率的に行いましょう。
YとKの階調を無くす → CとMに暫定値を設定

暫定値の設定

[ プロパティ ] パネルで、[ 出力先チャンネル ] に [ シアン ] を選択します。
[ シアン ] に [ +90 ] %、[ マゼンタ ] に [ 0 ] %、[ イエロー ] に [ +5 ] %、 [ ブラック ] に [ +5 ] % を入力します。
合計が [ +100 % ] になっていることを確認してください。
[ シアン ] に暫定値を入力
[ シアン ] に暫定値を入力
[ 出力先チャンネル ] に [ マゼンタ ] を選択します。
[ シアン ] に [ 0 ] %、[ マゼンタ ] に [ +76 ] %、[ イエロー ] に [ +12 ] %、 [ ブラック ] に [ +12 ] % を入力します。
合計が [ +100 % ] になっていることを確認してください。
[ マゼンタ ] に暫定値を入力
[ マゼンタ ] に暫定値を入力
暫定値よる大まかな調整ができました。
暫定値が設定できた
暫定値が設定できた
論理的な暫定値を設定!
プロセスカラーを明度で換算すると、いちばん明るいイエローを 100 % としたとき、シアンは 90 %マゼンタは 76 % という比率になります。ブラックは無彩色なので、そのままの 13 % を定義します。
CMYK の明度比較
明度が低いほど、影響力が強くなるので、C + M の2色刷りでは、マゼンタの方が強く影響するワケです。
[ チャンネルミキサー ] の暫定値は、この定義した数値を割り当てて、CMYK の合計が 100 % になるようにしたものです。
続きは↓下の番号をクリック!
123456

スポンサード リンク