【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

Y と K の階調を無くす

[イメージ] メニューから、[モード] → [CMYK カラー] を選択します。

[CMYK カラー] を選択

[CMYK カラー] を選択
[レイヤー] パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成] をクリックし、メニューから [チャンネルミキサー] を選択して、[チャンネルミキサー 1] を作成します。

[チャンネルミキサー 1] を作成

[チャンネルミキサー 1] を作成
[属性] パネルで、[出力先チャンネル] に [イエロー] を選択します。
[イエロー] に「0」% を入力します。

[チャンネルミキサー 1] を作成

[チャンネルミキサー 1] を作成
[出力先チャンネル] に [ブラック] を選択します。
[ブラック] に「0」% を入力します。

[ブラック] に「0」% を入力

[ブラック] に「0」% を入力
イエロー版とブラック版の階調を無くすことができました。

STEP 2 → Y と K の階調を無くす

プロセスカラーでの K の働き!
[CMYK カラー] にモード変換すると、いちばん暗い領域を K として分解します。本来、すべての色域は C M Y によって分解できるものですが、商業印刷の分野では、ブラックインキを多用することから、ブラックを特別な色として K (キー・プレート) を設けています。なので、C M Y のいちばん暗い領域から差し引かれた階調が、ブラック版として使われています。
続きは↓下の番号をクリック!

123456

スポンサード リンク