【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

特色版を作成する

[レイヤー] パネルで、[チャンネル] パネルを表示します。
チャンネル [シアン] を [新規チャンネルを作成] へドラッグして複製します。
[新規チャンネルを作成] へドラッグ

[新規チャンネルを作成] へドラッグ
同様にして、チャンネル [マゼンタ] を複製します。[シアン のコピー] と [マゼンタ のコピー] が作成されたことを確認します。
[シアン のコピー] と [マゼンタ のコピー] を確認

[シアン のコピー] と [マゼンタ のコピー] を確認
[シアン のコピー] をダブルクリックします。すると、[チャンネルオプション] ダイアログが表示されます。
[シアン のコピー] をダブルクリック

[シアン のコピー] をダブルクリック
[チャンネルオプション] ダイアログで、[着色表示] に [スポットカラー] を選択します。
[表示色] セクションの [不透明度] に「0」% を入力します。
カラーボックス (チャンネルカラー) をクリックします。すると、[カラーピッカー] ダイアログが表示されます。
[チャンネルオプション] ダイアログを設定

[チャンネルオプション] ダイアログを設定
特色指定とは?
商業印刷の分野では、プロセスカラーに使用されている CMYK 以外のカラーインキを総称して「特色」と呼ばれています。金色とか銀色などのような特殊なインキから、パステルカラーや日本の伝統色などをテーマとしたシリーズもあります。
[スポットカラー] による特色指定

[スポットカラー] による特色指定
プロセスカラーは、特定の色標準規格によって決められていますが、同じ CMYK であっても、特色としての指定を求められることが多いです。特色指定には、「DIC」や「PANTONE」が用いられています。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

DIC による特色指定

DIC (ディック) とは、DIC 株式会社 (旧 大日本インキ化学工業) の印刷用特色インキで、商業印刷の分野では、インキナンバーの「カラーチップ」を指す呼称とされています。カラーチップの色見本帳「DIC カラーガイド」が出版されています。社名の読み方は「ディー・アイ・シー」なので、こちらが正式な呼称となりますが、伝統的に「ディック」と呼ばれています。
【操作方法】
[カラーピッカー] ダイアログで、[カラーライブラリ] をクリックします。
[カラーライブラリ] をクリック

[カラーライブラリ] をクリック
[カラーライブラリ] ダイアログで、[ライブラリ] に [DIC カラーガイド] を選択します。
[カラーリスト] から、任意のカラーを選択します。
[OK] をクリックします。
[カラーリスト] から選択

[カラーリスト] から選択
[チャンネルオプション] ダイアログで、[チャンネル名] と [表示色] を確認し、[OK] をクリックします。
[チャンネル名] と [表示色] を確認

[チャンネル名] と [表示色] を確認
同様にして、[マゼンタ のコピー] を任意のカラーで特色指定します。
[マゼンタ のコピー] のスポットカラー

[マゼンタ のコピー] のスポットカラー
カラーチップの選び方!
[カラーライブラリ] ダイアログに表示されるカラーリストは、カラーチップの色見本帳「DIC カラーガイド」を、パソコン上で疑似的に再現したものです。印刷結果のカラーとは異なるので、必ずインキナンバーで指定してください。
カラーリストは番号順で表示される

カラーリストは番号順で表示される
[カラーライブラリ] ダイアログでは、[カラー名を入力し、カラーリストから選択] と書かれていますが、なぜか、入力フィールドが表示されません。詳細な操作は、昇順 [∧] と降順 [∨] をクリックします。
続きは↓下の番号をクリック!

123456

スポンサード リンク