【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

【Photoshop基本操作】CMYK の4色から2色を選んで調整する「2色刷り」は、印刷コストを大幅に抑える技法として、古くから商業印刷の分野で行われています。Photoshop での色分解は、[チャンネルミキサー] を使って、CMYK の各チャンネルを調整します。


C と M を使う!
CMYK カラーモードへ変換した画像は、シアン版、マゼンタ版、イエロー版、そして、ブラック版 (キー・プレート) に色分解されています。どの版が欠けても、フルカラーは再現できませんが、シアン版とマゼンタ版をベースに調整すると、2色だけでも豊かな表現力を持たせることができます。

2色刷りデータを作成する方法

これから行う操作は、カラー画像から2色刷りデータを作成する方法です。対象となる素材により、調整値は若干異なりますが、まず、[チャンネルミキサー] のしくみを知って、それぞれのケースで応用してみましょう。
元画像 → C + M の2色刷りデータ
[チャンネルミキサー] は、画像を構成するカラーチャンネルを個別に調整できる機能です。2色刷りでは、CMYK カラーモードで4色分解されたチャンネルから、新しく2つのチャンネルを作成します。以下は概念的なチャンネルの調整を表したものです。
CMYK カラーのチャンネル → C (シアン) と M (マゼンタ) を使用
プロセスカラーの色分解から、任意のカラーインキを指定することもできます。[スポットカラー] は、新しく作成したチャンネルに設定することができ、2色刷りの仕上がりをプレビューすることができます。
[スポットカラー] による2色刷りプレビュー

[スポットカラー] による2色刷りプレビュー

カラー設定

フルカラー画像から2色刷りデータを作成するには、必ず、CMYK カラーモードに変換する必要があります。CMYK カラーモード変換は、[カラー設定] の [CMYK] で選択したプロファイルによって行われるので、この設定が違えば、後の調整値にも影響されます。
【操作方法】
[編集] メニューから、[カラー設定] を選択します。
[カラー設定] ダイアログで、[設定] に [プリプレス用 – 日本2] を選択します。
[OK] をクリックします。
[カラー設定] ダイアログを設定 (部分)

[カラー設定] ダイアログを設定 (部分)
ドットゲインで変化する!
[プリプレス用 – 日本2] で設定される [Japan Color 2001 Coated] は、日本における一般的なプロセスカラー分解を行います。プリセット内で設定されている [スポット] には、紙に吸収されるインキがにじみ広がり、印刷物の網点が指定より大きくなってしまう現象「ドットゲイン」が設定されています。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

色かぶりを除去する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1280 pixel]、[高さ : 853 pixel] 、[解像度 : 300 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く

素材画像を開く
photo by yaseryousef70
素材画像と特色の関係!
ここでは、プロセスカラーのシアン版とマゼンタ版を活用する方法を取りますが、2色刷りの場合、まず、特色 (スポットカラー) が決められて、その条件に応じた色分解が行われることも多いです。
たとえば、黄色がキーカラーの商品や、緑色がキーカラーの風景など、そのモチーフは多種多様です。紙面を構成する上で、文字の要素も重要になってきますし、2色を掛け合わせるノウハウも必要です。効果的な特色を選びましょう。
[イメージ] メニューから、[色調補正] → [トーンカーブ] を選択します。[トーンカーブ] ダイアログで、[オプション] をクリックします。
[オプション] をクリック

[オプション] をクリック
[自動カラー補正オプション] ダイアログで、[アルゴリズム] セクションの [カラーの明るさと暗さの平均値による調整] を選択します。
[中間色をスナップ] にチェックマークを入れて、[OK] をクリックします。
[自動カラー補正オプション] ダイアログを設定

[自動カラー補正オプション] ダイアログを設定
[トーンカーブ] ダイアログで、[OK] をクリックします。
[OK] をクリック

[OK] をクリック
[トーンカーブ] で、色かぶりを除去することができました。
元画像 → 色かぶりを除去
階調を整える補正!
対象となる素材画像が色かぶりを起こしていたり、全体に特殊な色調の効果が加えられていると、色分解の結果が悪くなる場合があります。ハイライト点とシャドウ点、そして、中間調の階調を整えておくことで、色分解した後の適切な階調を得ることができます。
基本がわかる!色かぶりの補正【3】トーンカーブで除去する
続きは↓下の番号をクリック!

123456

スポンサード リンク