【色調補正】CMYK画像をRGB変換で鮮やかに再現する方法【Labカラー】

【色調補正】CMYK画像をRGB変換で鮮やかに再現する方法【Labカラー】

【Photoshop基本操作】CMYK カラーモード変換で失われた鮮やかな色は、RGB カラーモード変換だけでは再現できません。補正で彩度を高めようとすると、引き換えにコントラストが弱くなってしまい、思うような仕上がりに近付けるには大変苦戦します。そんなときは、Lab カラーモードを試してみましょう。今までの悩みが一気に解消できるかも?


階調を維持して彩度を高める!
彩度を高めることで、鮮やかな色は再現できますが、過度な調整では、トーンジャンプ (階調トビ) を引き起こします。色情報を数値化した要素である「色相」、「彩度」、「明度」のうち、階調に大きな影響を与えるのは明度 (コントラスト) です。階調を維持させながら、個別に彩度を高める方法が [Lab カラーモード] なのです。

Lab カラーで色彩とコントラストを調整

これから行う操作は、CMYK 画像を RGB 変換で鮮やかに再現する方法です。CMYK 特有の色の濁りを取って、すっきりした鮮やかさを再現します。色調補正に求められる解決方法は、対象画像により要因がそれぞれ異なるものなので、ある程度の論理的なアプローチが必要です。
CMYK カラーモードの元画像 → Lab カラーで色彩とコントラストを調整
CMYK カラーモードと RGB カラーモードは、まったく正反対な色の特性があるため、これらを同列に考えることはできません。すべてはアルゴリズム (定式化された計算方法) によって、導き出された結果に過ぎないのです。
CMYK カラーは RGB カラーに比べ、再現できるカラースペースが極端に狭いため、その色の近似色に置き換えて表現します。その際、元画像に RGB カラー特有の輝度を持った発色のいい色があると、暗く濁ったような感じのする色に変換される場合があります。
Adobe RGB の色空間 → CMYK の色空間
ここでは、一般的な CMYK 変換のアルゴリズムを逆算することにより、元の RGB 画像に近づけていく考え方を取り入れているため、Lab カラーで「色彩」と「コントラスト」を個別に調整していきます。

Lab カラーモードに変換する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1600 pixel]、[高さ : 1200 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : CMYK カラー] を使用しています。
素材画像を開き [チャンネル] パネルの内容を確認

素材画像を開き [チャンネル] パネルの内容を確認
[チャンネル] タブをクリックし、[チャンネル] パネルの内容を確認します。
素材画像を開き [チャンネル] パネルの内容を確認

素材画像を開き [チャンネル] パネルの内容を確認
CMYK画像を確認!
このレッスンでは、対象画像を CMYK カラーモードに限定しています。作例に使用している画像は、一般的な CMYK カラーモードのプロファイル「Japan Color 2001 Coated」で変換、EPS フォーマットで保存されています。
[チャンネル] パネルで、[CMYK]、[シアン]、[マゼンタ]、[イエロー]、[ブラック] の各チャンネルを確認しましょう。
基本がわかる!RGBとCMYK
[イメージ] メニューから、[モード] → [16bit/チャンネル] を適用します。
[イメージ] メニューから、[モード] → [Lab カラー] を適用します。
CMYK カラーモード → Lab カラーモード
Lab カラーモードに変換しても、画像の状態には何の変化も起こりません。
CMYK カラーモードの元画像 → Lab カラーモードに変換
Lab は明度と色成分に分けられる!
Lab カラーモードのチャンネル [L] は明度、チャンネル [a] はグリーンからレッドの範囲の色成分、チャンネル [b] はブルーからイエローの範囲の色成分です。
Lab カラーモードのチャンネル構造
CMYK カラーモードからの変換では、CMYK 各チャンネルから明度を合計してチャンネル [L] に変換し、チャンネル[C]、[M]、[Y] の色成分をチャンネル [a]、[b] に変換しています。
続きは↓下の番号をクリック!

1234

スポンサード リンク