【色調補正】CMYK画像をRGB変換で鮮やかに再現する方法【Labカラー】

【色調補正】CMYK画像をRGB変換で鮮やかに再現する方法【Labカラー】

彩度を上げる

Lab カラーのチャンネル [ a ]、[ b ] の設定値は、CMYK 変換で失われた彩度を +20% 上げる、という考え方を定義します。対象画像にもよりますが、RGB から CMYK に変換して、失われる彩度の目安は、-10% – -15% です。
CMYK 変換で失われる彩度
CMYK 変換で失われる彩度
したがって、色相の違いや、相対値などを考慮に入れても、約 +20% で、オーバーフローになります。これ以上の率を設定すると、大きさに比例して、階調が失われていきます。トーンジャンプ ( 階調トビ ) : 階調がなくなり縞状の断層が現れる現象
色成分レベル : 102 / 増幅比 : 20%
色成分レベル : 102 / 増幅比 : 20%
Lab カラーの色成分では、不動点を詰めると彩度が上がります。色成分レベル [ 128 ] の換算値は、+20% が [ 102 ] になります。
色成分レベル : 77 / 増幅比 : 40%
色成分レベル : 102 / 増幅比 : 20%
論理的に数値を算出しよう!
Lab カラーのチャンネル [ a ]、[ b ] は、チャンネル [ L ] とは違い、マップのグレースケールを色成分に換算しています。ひとつのマップに2つの色成分が含まれているため、中間値を 0 とした、-128 – +128 レベルで分布しているのが特徴です。ちょっと、ややこしいですね。
不動点を 20% 詰める%
不動点を 20% 詰める
Lab カラーの色成分は、それぞれの輝度を増減させることで、彩度がコントロールできます。マイナス側とプラス側を相対値にすると、色相を保つことができます。128 レベルを百分率で計算して、不動点の [ 入力 ] にそれぞれ、正負の数値を設定します。ここで算出した [ 102 ] は、CMYK 画像を RGB 変換で鮮やかに再現する Max 値です。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

チャンネル [ a ] の設定

[ トーンカーブ ] ダイアログで、[ チャンネル ] に [ a ] を選択します。
左下のポイントをクリックして選択し、[ 入力 ] に [ -102 ]、[ 出力 ] に [ -128 ] を入力します。
右上のポイントをクリックして選択し、[ 入力 ] に [ 102 ]、[ 出力 ] に [ 127 ] を入力します。
チャンネル [ a ] を設定
チャンネル [ a ] を設定

チャンネル [ b ] の設定

[ トーンカーブ ] ダイアログで、[ チャンネル ] に [ b ] を選択します。
左下のポイントをクリックして選択し、[ 入力 ] に [ -102 ]、[ 出力 ] に [ -128 ] を入力します。
右上のポイントをクリックして選択し、[ 入力 ] に [ 102 ]、[ 出力 ] に [ 127 ] を入力します。
チャンネル [ b ] を設定
チャンネル [ b ] を設定
CMYK 特有の色の濁りを取って、すっきりした鮮やかさを、再現することができました。
彩度を 20% 上げることができた
彩度を 20% 上げることができた
Lab カラーモードの元画像 → チャンネル [ a ] と [ b ] のトーンカーブを調整
相対値で色相を保つ!
このレッスンでは、元画像の再現を意図としているため、赤っぽくするとか、青っぽくするような、色調の調整は行っていません。カラーのバランスを維持するには、色成分レベルが相対する数値で、チャンネル [ a ]、[ b ] に同様の数値を設定します。
続きは↓下の番号をクリック!
1234

スポンサード リンク