【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

【色分解】カラー画像から2色刷りデータを作成する方法【チャンネルミキサー】

C と M に暫定値を設定する

[属性] パネルで、[出力先チャンネル] に [シアン] を選択します。
[シアン] に「+90」%、[マゼンタ] に「0」%、[イエロー] に「+5」%、 [ブラック] に「+5」% を入力します。

[シアン] に暫定値を入力

[シアン] に暫定値を入力
[出力先チャンネル] に [マゼンタ] を選択します。
[シアン] に「0」%、[マゼンタ] に「+76」%、[イエロー] に「+12」%、 [ブラック] に「+12」% を入力します。

[マゼンタ] に暫定値を入力

[マゼンタ] に暫定値を入力
暫定値よる大まかな調整ができました。

STEP 3 → C と M に暫定値を設定

論理的な暫定値を設定!
プロセスカラーで分解された、シアンとマゼンタを明度で捉えると、シアンの明度は 90 %、マゼンタの明度は 76 % です。ちなみにイエローの明度は 100 %、ブラックの明度は 15 % です。プロセスカラーでは、版の明度が低いほど影響力が強くなるので、シアンとマゼンタでは、マゼンタの方が強く影響するワケです。逆にイエローは影響力が弱いので、優先順序としては下位になります。
CMYK の明度比較
C + M の2色刷りでは、色を濁らせる成分としてのイエローがない分、マゼンタを抑え気味に調整することも有効です。[チャンネルミキサー] の論理的な暫定値は、明度の数値をそのまま割り当てて、CMYK の合計が 100 % になるようにしたものです。
続きは↓下の番号をクリック!

123456

スポンサード リンク