【カラー設定】どうする?埋め込まれたプロファイルの不一致【カラーマネジメント】

【カラー設定】どうする?埋め込まれたプロファイルの不一致【カラーマネジメント】

【Photoshop基本操作】画像を開くと表示されるアラート [埋め込まれたプロファイルの不一致]。そのまま [OK] していませんか? 初期設定では、その画像に含まれる埋め込みプロファイルを使用することが選択されていますが、色が合わないトラブルに発展する危険性も持っています。



プロファイル変換はカラー値が変わる!?
画像を開いたとき、プロファイルが一致しなかったらどうするのか? を設定するのが、「カラーマネージメントシステム」と呼ばれる、プロファイルを使用して、異なるデバイス間での「色の見え方」を統一する規定です。なので、プロファイルを変換すると、何かが変わるワケですよね? たとえば、プロファイルを「sRGB」から「Adobe RGB」に変換すると、外観上の表示はほとんど変わりませんが、個々のピクセルのカラー値は変更されてしまいます。これって、大問題ですよね?

[埋め込まれたプロファイルの不一致] の対処法

これから行う操作は、画像を開くと表示されるアラート [埋め込まれたプロファイルの不一致] の対処法です。ここでは、「sRGB」というカラープロファイルが埋め込まれた画像を開いた場合を想定します。アラートの表示は、[カラー設定] によるものなので、処理方法が自動的に選択される場合もあります。
アラート [埋め込まれたプロファイルの不一致] が表示
アラート [埋め込まれたプロファイルの不一致] が表示

カラー設定を行う

[編集] メニューから、[カラー設定] を選択します。[カラー設定] ダイアログで、[設定] に [プリプレス用 – 日本2] を選択して、[OK] をクリックします。
[設定] に [プリプレス用 - 日本2] を選択
[設定] に [プリプレス用 – 日本2] を選択
印刷用なら「Adobe RGB」で統一する!
「Adobe RGB」とは、Adobe Systems が定めた色空間で、国際標準規格の「sRGB」よりも広い色再現領域を持ち、商業印刷などの専門的な分野で標準的に使われています。プリセット [プリプレス用 – 日本2] に設定すると、[作業用スペース] の [RGB] に [Adobe RGB (1998)] の色空間が適用されます。
アラートを表示させない方法!
アラート「埋め込まれたプロファイルの不一致」は重要な警告なので、初期設定で表示されることになっています。でも、いちいちうるさい!と思う人も多いので、その解除方法をご紹介します。
すべてのチェックボックスを外す
すべてのチェックボックスを外す
[編集] メニューから、[カラー設定] を選択します。[カラー設定] ダイアログで、[カラーマネジメントポリシー] セクションの下段にあるチェックボックスを、すべて無効にしてください。すると、ドキュメントを開くときにアラートが表示されなくなります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

sRGBの画像を開く

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像には、カラープロファイル [sRGB IEC61966-2.1] が埋め込まれています。
素材画像を開く
素材画像を開く
画像を開くと、アラート [埋め込まれたプロファイルの不一致] が表示されます。
アラート [埋め込まれたプロファイルの不一致]
アラート [埋め込まれたプロファイルの不一致]
アラートの初期設定!
アラート [埋め込まれたプロファイルの不一致] の初期設定は、現在設定している [カラー設定] が反映されます。作例の場合、[カラー設定] で [作業用スペース] に [Adobe RGB (1998)] が選択されているので、カラープロファイル [sRGB IEC61966-2.1] が埋め込まれた画像を開くと、アラート [埋め込まれたプロファイルの不一致] が表示されます。[カラー設定] で [埋め込まれたプロファイルを保持] が選択されているので、[作業用スペースの代わりに埋め込みプロファイルを使用] が選択されています。
アラート [埋め込まれたプロファイルの不一致] の [OK] をクリックすると、[sRGB IEC61966-2.1] が埋め込まれたままの状態で、Photoshop 上で作業が行えます。ただし、この設定は「原則」で、オススメの設定ではありません。作業用 RGB に変換する場合は、[OK] をクリックせず、STEP 3 へ進んでください。
sRGBの元画像 → sRGBを使用
カラー値も表示も変わらない!
同じカラープロファイルなので、カラー値も表示も変わりません。埋め込みプロファイルを使用することが原則とされているのはこのためです。
しかし、作業用スペースが Adobe RGB の環境だと、これから色調補正やドキュメントを編集するには、何かと不都合な場合もあります。それどころか、新しく設定するカラーが忠実に再現できないので、プロの現場では必ず Adobe RGB に変換してから作業を行なっているくらいです。印刷用なら適切なプロファイルに変換した方がいいでしょう。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

作業用 RGB に変換する (オススメ設定)

アラート [埋め込まれたプロファイルの不一致] で、[処理方法を指定してください。] セクションの [ドキュメントのカラーを作業スペースに変換] を選択して、[OK] をクリックします。
[ドキュメントのカラーを作業スペースに変換] を選択
[ドキュメントのカラーを作業スペースに変換] を選択
作業用 RGB に変換された画像を確認します。
sRGB の元画像 → Adobe RGB に変換
カラー値は変わるが表示は変わらない!
カラープロファイルが埋め込まれたドキュメントは、そのプロファイルのカラースペースが使用されているため、別のプロファイルに変換するとカラー値が置き換えられます。
しかし、変換後のカラーを合わせる機能があるので、表示はほとんど変わりません。Adobe RGB は、sRGB よりも広い色再現領域を持っているので、商業印刷などの専門的な分野で標準的に使われています。また、Web 用においても、Adobe RGB 対応のブラウザもポピュラーなので、何が何でも sRGB にこだわる必要もなくなってきています。
作業用スペースとは?
[カラー設定] で選択している作業用のプロファイルです。RGB モードのドキュメントには、Web 用に [sRGB IEC61966-2.1]、印刷用に [Adobe RGB (1998)] を用いることが一般的です。Photoshop でドキュメントを開くと、作業用スペースで表示されます。
[カラー設定] で作業用スペースを確認
[カラー設定] で作業用スペースを確認

埋め込まれたプロファイルを破棄

開いた画像に埋め込まれた特定のプロファイルを破棄する場合は、[埋め込まれたプロファイルを破棄 (カラーマネジメントをしない)] を選択します。プロファイルを破棄するということは、カラーマネジメントという概念から関係性を断つということなので、一般的には推奨されない設定です。しかし、画像をプレーンな状態で扱いたいという用途もあり、入稿する印刷所によっては、これを指定される場合もあります。
アラート [埋め込まれたプロファイルの不一致] で、[処理方法を指定してください。] セクションの [埋め込まれたプロファイルを破棄] を選択して、[OK] をクリックします。
[埋め込まれたプロファイルを破棄] を選択
[埋め込まれたプロファイルを破棄] を選択
埋め込まれたプロファイルを破棄された画像を確認します。
sRGB の元画像 → 埋め込まれたプロファイルを破棄
カラー値は変わらないが表示は変わる!
カラーマネジメントが行われていないドキュメントは、現在のカラー値がそのまま引き継がれて、新しいプロファイル (作業用スペース) のカラーが表示されます。
作例では鮮やかな色に変わりましたが、オリジナルの色が変わってしまうのは問題です。プロファイルを破棄することは、できるだけ避けたいですね。
誤って破棄してしまったときの復活方!
[編集] メニューから、[プロファイルの指定] を選択します。[プロファイルの指定] ダイアログで、[プロファイル] をクリックし、[(新しいプロファイル名)] を選択して、[OK] をクリックします。プロファイルを破棄したドキュメントに、元のプロファイル (この場合は sRGB) を埋め込むと、破棄する前の表示に戻ります。
新しいプロファイルを選択
新しいプロファイルを選択
しかし、破棄した後に作業用スペース (この場合は Adobe RGB) と同じプロファイルを埋め込むと、破棄する前の表示には戻りません。その場合は、いったん sRGB に戻してから、Adobe RGB に変換します。ややこしいですね (笑)。破棄はダメ! 変換なら OK! ということでしょうか。

スポンサード リンク