画像描画モード」タグアーカイブ

写真をイラスト調に!クレイドール生成AI「生成塗りつぶしの活用方法」【2023ベータ版】

写真をイラスト調に!クレイドール生成AI「生成塗りつぶしの活用方法」【2024ベータ版】

【Photoshop講座】Photoshop (Beta) の新機能「生成塗りつぶし」を使って、人物の写真をクレイドール風に加工する方法です。クイックマスクの塗りつぶしカラーの明度を調整することで、生成塗りつぶしの適用量をコントロールできます。元画像のイメージを残すには、適正な適用量を見つけることが重要です。このレッスンでは、Ver.25.0.0 を使用しています。
続きを読む
写真をイラスト調に!水彩画生成AI「生成塗りつぶしの活用方法」【2023ベータ版】

写真をイラスト調に!水彩画生成AI「生成塗りつぶしの活用方法」【2024ベータ版】

【Photoshop講座】Photoshop (Beta) の新機能「生成塗りつぶし」は、選択範囲内の塗りつぶしを、AI (人工知能) によって処理します。しかし、元画像に対して、フィルターのような効果を加える機能は、現在のところ追加されていません。「生成塗りつぶし」を使って、人物の写真を水彩画風に加工しましょう。このレッスンでは、Ver.25.0.0 を使用しています。
続きを読む
写真をイラスト調に!江戸時代の手摺木版画風「力強い輪郭線と色ムラを再現」【2023】

写真をイラスト調に!江戸時代の手摺木版画風「力強い輪郭線と色ムラを再現」【2023】

【Photoshop講座】木版画風のタッチは、輪郭から起こす、力強い黒い線で作成します。しかし、写真素材が逆光などで暗い場合は、色を付けたい部分まで黒くつぶされてしまいます。あらかじめ、影を明るく鮮やかにしておくと、検出できる輪郭線もシャープにできます。完成を予測して作業を組み立てましょう。
続きを読む
緑の葉を秋らしく紅葉させる方法「色域指定と色相・彩度の使い方」【2022】

【色調補正】緑の葉を秋らしく紅葉させる方法「色域指定と色相・彩度の使い方」【2022】

【Photoshop基本操作】色の属性には、色相、彩度、明度があります。これらは数値によって表されます。それぞれの数値が関係し合って、ひとつの色が作られています。しかし、色変換の一般的な認識は、簡単な操作で大きく変わる「色相」だけで済まされていることが多いです。緑の葉を違和感のない鮮やかな紅葉に変えてみましょう。
続きを読む
冴えない写真に霧を発生させる方法「レベル補正による階調の操作」

冴えない写真に霧を発生させる方法「レベル補正による階調の操作」【2022】

【Photoshop講座】冴えない風景写真に、幻想的な霧を発生させて、空気感や遠近感などにこだわった、旅情あふれる演出を施してみましょう。レベル補正には、シャドウ、ハイライトを、任意の階調レベルで出力する機能があります。霧から浮かび上がった、シルエットのような効果が作成できます。
続きを読む