写真をイラスト調に!精密なテクニカル・イラスト風

写真をイラスト調に!精密なテクニカル・イラスト風

フロントガラスに色をつける

フロントガラスは透明ですが、フレームのみでは不自然です。切り抜いた座席部分には、空色を反射した、ガラスの存在が感じられます。その部分の色に合わせて、グラデーションで塗りつぶしましょう。
STEP 1 → フロントガラスに色をつける

パスを表示

[パス] パネルを表示します。
[フロントガラス] を選択します。
[フロントガラス] を選択
[フロントガラス] を選択
[レイヤー] パネルを表示します。
グループ [ボディ・カラー] を選択します。
グループの内容を折りたたみます。
グループ [ボディ・カラー] を選択 → 内容を折りたたむ

塗りつぶしレイヤーを新規作成

[option (Alt)] キーを押しながら、 [塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成] をクリックして、 メニューから、[グラデーション] を選択します。
[option (Alt)] + クリック
[option (Alt)] + クリック
[新規レイヤー] ダイアログで、[レイヤー名] に「フロントガラス・カラー」を入力します。
[描画モード] に、 [乗算] を選択します。
[OK] をクリックします。
[新規レイヤー] ダイアログを設定
[新規レイヤー] ダイアログを設定
すると、現在のパスをシェイプに変換した、[フロントガラス・カラー] 塗りつぶしレイヤーが作成されます。
シェイプに変換した塗りつぶしレイヤーを作成
シェイプに変換した塗りつぶしレイヤーを作成
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

グラデーションを設定

[グラデーションで塗りつぶし] ダイアログで、[角度] に「-15」°を入力します。
[ディザ] にチェックマークを入れます。
[クリックでグラデーションを編集] をクリックして、[グラデーションエディター] ダイアログを表示します。[グラデーションエディター] ダイアログの設定へ
グラデーションが設定できたら、[OK] をクリックします。
[グラデーションで塗りつぶし] ダイアログを設定
[グラデーションで塗りつぶし] ダイアログを設定
[グラデーションエディター] ダイアログで、 フロントガラスの色を設定します。
[グラデーションエディター] ダイアログを設定
[グラデーションエディター] ダイアログを設定
【設定値】
[位置 : 0%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 100%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 0 %] [カラー : H : 185° / S : 10 % / B : 95 %]
[位置 : 100 %] [カラー : H : 210° / S : 10 % / B : 90 %]
フロントガラスに、色をつけることができました。
フロントガラスのカラーを設定
フロントガラスのカラーを設定
ディザとは?
[ディザ] とは、グラデーションが縞状になってしまうことを防ぐオプションです。グラデーションを限られた色のパターン (ピクセルドットで間引かれた粒子) にして、階調が段階的な縞状になってしまう現象「バウンディング」を防ぎます。

境界線のぼかしを設定

[レイヤー] パネルで、[フロントガラス・カラー] の選択を確認してください。
[フロントガラス・カラー] の選択を確認
[フロントガラス・カラー] の選択を確認
[プロパティ] パネルで、 [ぼかし] に「0.5 px」を入力します。
「0.5 px」を入力
「0.5 px」を入力
透明色で存在感を演出!
フロントガラスは透明ですが、フレームのみでは不自然です。座席部分には、空色に影響して反射するガラスの存在が感じられるので、その色に合うようなグラデーションで塗りつぶしましょう。
続きは↓下の番号をクリック!
123456

スポンサード リンク