【レタッチ】金網をなかったように消す方法【コンじる】

【レタッチ】金網をなかったように消す方法【コンじる】

【Photoshop基本操作】細部の修正はもちろん、広範囲をごっそり穴埋めできる [コンテンツに応じた塗りつぶし] は、初期設定のままでも、驚くような結果が期待できます。「コンじる」で、金網をなかったように消しちゃいましょう!
成功のカギは選択範囲!
無敵の AI 機能と言えども、まず最初に、選択範囲が必要です。広範囲の修正なら、一括りの操作で終わってしまいますが、被写体に重なった金網となると、ちょっと手間がかかっちゃいますね。
そんなときは、クイックマスクを使いましょう。細い金網をカバーする塗りつぶし領域だから、大まかな範囲でいいのです。ブラシサイズを金網の太さに合わせれば、意外とカンタンにトレースできますよ?

金網をなかったように消す!

これから行う操作は、被写体に重なった金網を、何もなかったように消す方法です。
[コンテンツに応じた塗りつぶし] は、初期設定のままでも、驚くような結果が期待できます。その性能を最大限に引き出すには、適切な塗りつぶし領域が必要です。
クイックマスクによる、選択範囲の作成と合わせて、一連の操作を組み立てましょう。
元画像 → 金網をなかったように消す
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】金網をなかったように消す方法【2021】
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

選択範囲を作成する

金網の領域に、大まかな選択範囲を作成します。選択範囲の作成は、クイックマスクを使用して、ブラシで塗りつぶした領域から、読み込む方法を取ります。
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1920 pixel]、[高さ : 1301 pixel]、[解像度 : 72 pixel/inch]、[カラーモード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
photo by katerinavulcova
[ツール] パネルで、[クイックマスクモードで編集] をクリックします。
[クイックマスクモードで編集] をクリック
[クイックマスクモードで編集] をクリック
[レイヤー] パネルで、選択レイヤーの、赤いアクティブ表示を確認してください。
赤いアクティブ表示を確認
赤いアクティブ表示を確認
クイックマスクとは?
[クイックマスクモードで編集] は、ブラシで塗りつぶした領域から、選択範囲を読み込むことができます。
クイックマスクの作業は、一時的に作成される、アルファチャンネル上で行われます。そのため、現在の選択レイヤーは、赤いアクティブ表示に変わり、描画などができない状態であることを示しています。
基本がわかる!マスクの種類と作り方

ブラシの直径を調整

[クイックマスクモードで編集] では、[ブラシツール] で、ドキュメント上を直接ドラッグして、修正したい箇所を塗りつぶします。金網のトレースを効率よく行うために、適切なブラシの直径を設定しましょう。
[ツール] パネルで、[ブラシツール] を選択します。
[ブラシツール] を選択
[ブラシツール] を選択
オプションバーで、[不透明度] に「100%」、[流量] に「100%」、[滑らかさ] に「0%」を入力します。初期設定
ブラシオプションを設定
ブラシオプションを設定
ドキュメント内に、マウスカーソルを置きます。初期設定のカーソルは、現在の、ブラシの大きさを表示します。このカーソルの大きさを、金網の太さの約2倍に調整します。初期設定 : [Photoshop (編集)] – [環境設定] – [カーソル] – [ペイントカーソル] – [ブラシの先端 (標準サイズ)]
ドキュメントにオンマウス
ドキュメントにオンマウス
Macintosh の場合は、[control] + [option] キーを押しながら、クリックしたままにします。Windows の場合は、[Alt] + 右クリックです。すると、現在の [直径]、[硬さ]、[不透明度] の設定値がポップアップします。設定値がポップアップされたら、キーを離します。
ドキュメントにオンマウス
ドキュメントにオンマウス
ドラッグで大きさを変更!
ブラシサイズの大きさは、オプションバーにある [ブラシプリセットピッカー] で行いますが、ドキュメント上にポップアップすることもできます。目的の画像に合わせた大きさが、スピーディーに設定できます。
直径の変更
左右にドラッグすると、[直径] が変更できます。数値は、左方向にドラッグすると小さくなり、右方向にドラッグすると大きくなります。
左右のドラッグで [直径] が変更できる
左右のドラッグで [直径] が変更できる
硬さの変更
上下にドラッグすると、[硬さ] が変更できます。数値は、上方向にドラッグすると小さくなり、下方向にドラッグすると大きくなります。
上下のドラッグで [硬さ] が変更できる
上下のドラッグで [硬さ] が変更できる
ここでは、[直径] に「18 px」を設定します。ブラシの [直径] が設定できたら、マウスボタンを離します。[直径 : 18 px] [硬さ : 100%] [不透明度 : 100%]
[直径 : 18 px] でドロップ
[直径 : 18 px] でドロップ
適切なブラシサイズとは?
ここでは、適切なブラシサイズとして、金網の太さの約2倍を推奨しています。これは、金網の直線部分をすべてカバーする大きさです。
[コンテンツに応じた塗りつぶし] は、塗りつぶし領域との境界線において、ピクセルの補間が行われます。したがって、半径には少なくとも、約 8 pixel が必要だと考えられます。しかし、塗りつぶす領域が小さいほど、最適な結果を出しやすくなるので、大きくなりすぎず最小限の範囲が望ましいです。
作例のような金網や電線などのような、細い形状に適切なブラシサイズは、8 + 8 = 16 px 以上の直径であれば、すべてがカバーできる最小値がベストです。

直線部分の塗りつぶし

まず、金網の直線部分を、塗りつぶして行きましょう。直線部分と交差部分を分けることで、操作のリズムを掴み、作業の効率化を目指します。
開始点をクリックします。
[shift] キーを押しながら、終了点をクリックします。すると、開始点と終了点を結ぶ、直線が引けます。
開始点をクリック → 終了点を [shift] + クリック
同じ要領で、その他の直線部分を塗りつぶしましょう。
その他の直線部分を塗りつぶし
その他の直線部分を塗りつぶし
直線部分をカバーする!
この塗りつぶし領域は、[コンテンツに応じた塗りつぶし] の、塗りつぶし領域 (修正箇所) になります。金網の直線部分を、すべてカバーしてください。
画像の端や、金網の交差部分は、直線部分が終わった後で、細部を修正しながら塗りつぶします。
少し曲がった金網は、2、3回に分けて塗りつぶしましょう。[shift] キーを押したまま、複数箇所をクリックして、終了点でキーを離します。
面倒な作業ですが、塗り残しのないように、注意してください。

交差部分の塗りつぶし

続いて、画像の端や、金網の交差部分を、塗りつぶして行きましょう。金網の交差部分は、くの字のドラッグを組み合わせます。
金網の交差部分を、形状に合わせてドラッグします。
直線部分とのつなぎ目に注意して、はみ出し部分を、できるだけ少なくしてください。
くの字のドラッグを組み合わせる → はみ出し部分を少なくする
金網の交差部分が塗りつぶせました。
交差部分の塗りつぶしが完了
交差部分の塗りつぶしが完了

選択範囲の読み込み

クイックマスクの描画部分 (赤い部分) は、マスク領域 (隠す領域) です。ここでは、金網の形状をトレースする目的があったので、このままでは、選択範囲が逆になってしまいます。階調の反転を忘れずに行ってください。
[イメージ] メニューから、[色調補正] → [階調の反転] を選択します。ショートカットキー : [command (Ctrl)] + [I]
[階調の反転] を選択
[階調の反転] を選択
[ツール] パネルで、[画像描画モードで編集] をクリックします。
[画像描画モードで編集] をクリック
[画像描画モードで編集] をクリック
すると、選択範囲が作成されます。金網の領域に、選択範囲が作成されたことを確認してください。
金網の領域に選択範囲が作成されたことを確認
金網の領域に選択範囲が作成されたことを確認
続きは↓下の番号をクリック!
123

スポンサード リンク