写真をイラスト調に!精密なテクニカル・イラスト風

写真をイラスト調に!精密なテクニカル・イラスト風

明るい部分の彩度を落とす

ハローの出現により、青っぽくなった、明るい部分を補正しましょう。
STEP 4 → 明るい部分の彩度を落とす

演算の設定

[イメージ] メニューから、[演算] を選択します。[演算] ダイアログで、[第1元画像] セクションの [レイヤー] に、[1964 Turner Mk3] を選択します。[チャンネル] に [ブルー] を選択します。
[第2元画像] セクションの [レイヤー] に、 [1964 Turner Mk3] を選択します。[チャンネル] に [ブルー] を選択します。
[描画モード] に、[オーバーレイ] を選択します。
[結果] に [選択範囲] を選択します。
[演算] ダイアログを設定
[演算] ダイアログを設定
[演算] は、グレースケールの階調で、選択する領域が作成できます。ここでは、明るい部分を選択したいので、ボディカラーの領域と、最も明度の差がある [ブルー] を選択しました。
プレビューで選択領域を確認
プレビューで選択領域を確認
[OK] をクリックすると、選択範囲が作成されます。
選択範囲の作成を確認
選択範囲の作成を確認
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

色相・彩度の設定

[レイヤー] パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成] をクリックし、メニューから、[色相・彩度] を選択して、[色相・彩度 1] を作成します。
[色相・彩度 1] を作成
[色相・彩度 1] を作成
[プロパティ] パネルで、チャンネルに [レッド系] を選択します。
[色相] に「+25」を入力します。
[色相・彩度] の [レッド系] を設定
[色相・彩度] の [レッド系] を設定
チャンネルに [シアン系] を選択します。
[彩度] に「-100」を入力します。
[色相・彩度] の [シアン系] を設定
[色相・彩度] の [シアン系] を設定
明るい部分の彩度を落とすことで、イメージどおりの補正ができました。
明るい部分の彩度を落とすことができた
明るい部分の彩度を落とすことができた
続きは↓下の番号をクリック!
123456

スポンサード リンク