基本がわかる!レイヤーマスクの使い方

基本がわかる!レイヤーマスクの使い方

【Photoshop基本操作】レイヤーマスクとは、画像の一部を隠すことができる機能です。たとえば、人物の切り抜きなど、詳細で正確な境界線が求められる場合や、合成画像を段階的にぼかして背景になじませたい場合に使用します。最初に覚えておきたいレイヤーマスクの使い方をご紹介しましょう。


ピクセル単位で不透明度を調整!
レイヤーマスクを使用するメリットは、元画像をそのままにマスク領域が再編集できることです。レイヤーマスクの表示領域と非表示領域は、白色と黒色、つまり明度差によって塗り分けられるものなので、その中間調はピクセル単位で不透明度が調整できます。たとえば、魚の尾のように、半透明な部分に合成画像を反映させることができます。レイヤーマスクで、自然な切り抜きを目指しましょう。

レイヤーマスクのしくみ

レイヤーマスクは、レイヤーに追加する機能で、画像の一部を隠したい場合に使用します。白黒に塗り分けられた画像から、表示する部分と隠す部分「マスク領域」を指定します。レイヤーマスク自体は、ドキュメントに表示されることはないので、対象となる画像の一部が切り抜いた型紙を通り抜けて、背景に投影されるようなイメージです。
レイヤーマスクの概念図
レイヤーマスクの概念図

レイヤーの一部を隠す機能

レイヤーマスクを用いたいちばんシンプルなレイヤー構造は、レイヤー(前面)+ レイヤーマスク + 背景(背面)の3枚です。レイヤーマスクには、必ず前面のレイヤーが必要なので、そのすぐ背面にある画像と合成する関係にあるものと捉えましょう。
レイヤー(前面)+ レイヤーマスク + 背景(背面)
ドキュメントに表示される合成画像
ドキュメントに表示される合成画像
[レイヤー]パネルでは、レイヤーマスクはレイヤー(前面)と同じ層にリンクされます。リンクされたレイヤーマスクは、レイヤーの表示 / 非表示、移動や拡大・縮小などで同様の動きをします。
レイヤーマスクを確認
レイヤーマスクを確認
レイヤーマスクが追加できない?
透明ピクセルを持たない画像である[背景]に、レイヤーマスクを追加することはできません。しかし、[背景]をレイヤーに変更することで、それは可能となります。
[option(Alt)]+ダブルクリック
[option(Alt)]+ダブルクリック
[背景]のレイヤーサムネールを[option(Alt)]キーを押しながらダブルクリック、または[背景]の名前を右クリックし、コンテキストメニューから[背景からレイヤーへ]を選択します。

白黒で塗り分けられた領域

レイヤーマスクのしくみは、グレースケールの明度(白黒に塗り分けられた濃淡)によって、ピクセルひとつひとつの不透明度に換算します。たとえば、明度 0 % の黒は不透明度 0 %、明度 50 % のグレーは不透明度 50 %、明度 100 % の白は不透明度 100 % です。なので、レイヤーマスクの黒い領域は透明になり、白い領域は完全な不透明なのでそのまま残るワケです。
マスク領域の黒い部分は透明になる
マスク領域の黒い部分は透明になる
256階調の不透明度がつくれる!
レイヤーマスク(ピクセルマスク)では、256階調のグレースケールが作成できます。白黒で塗り分けた境界線にも階調があり、もちろん広域なグラデーションも可能です。境界線を滑らかにするアンチエイリアス処理や細密なノイズを作成することもできるので、あらゆるマスク領域に対応できます。

透明ピクセルに置き換える

レイヤーオブジェクトに選択範囲を作成し、レイヤーマスクを作成すると、マスク領域は透明ピクセルに置き換えられます。背面に画像がある場合は、透明部分に画像が表示され、前面のマスク画像(切り抜き画像)と合成されます。
選択範囲を作成→マスク領域を透明にする
レイヤーマスクを作成できるのはレイヤーのみです。置き換えられた透明ピクセルは、元のピクセル情報を保持したままで、マスク領域に編集が加えられると、透明ピクセルに置き換えられる領域も変化します。
マスク部分は残っている!
レイヤーマスクで隠された部分は、見た目は透明ですが元画像のまま変わらずに残っています。レイヤーマスクを削除、または効果を一時的に解除すれば、切り抜く前の状態に戻すことができます。このような再編集を可能にするメリットがレイヤーマスクにはあります。しかし、隠された部分がそのまま保持されているので、データ容量が大きくなるデメリットも持ち合わせています。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

レイヤーマスクの作成

レイヤーマスクの作成方法は、用途によりさまざまなアプローチがあります。基本的には[レイヤー]パネルの[レイヤーマスクを追加]を用いて、選択範囲やショートカットキーの併用によって効率的な操作が行えます。

すべての領域を表示

マスク領域を持たない白地のレイヤーマスクを追加します。ドキュメント表示は、対象のレイヤーをそのまま表示します。
作成前のドキュメント表示→すべての領域を表示
【操作方法】
[レイヤー]パネルで、対象のレイヤーを選択します。
対象のレイヤーを選択
対象のレイヤーを選択
[レイヤー]メニューから、[レイヤーマスク]→[すべての領域を表示]を選択、または[レイヤー]パネルで、[レイヤーマスクを追加]をクリックします。
[レイヤーマスクを追加]をクリック
[レイヤーマスクを追加]をクリック

すべての領域を隠す

すべてがマスク領域になる黒地のレイヤーマスクを追加します。ドキュメントの表示は、対象のレイヤーをすべて隠して、背景(背面)の画像を表示します。
作成前のドキュメント表示→すべての領域を隠す
【操作方法】
[レイヤー]パネルで、対象のレイヤーを選択します。
対象のレイヤーを選択
対象のレイヤーを選択
[レイヤー]メニューから、[レイヤーマスク]→[すべての領域を隠す]を選択、または[レイヤー]パネルで、[レイヤーマスクを追加]を[option(Alt)]キーを押しながらクリックします。
[レイヤーマスクを追加]を[option(Alt)]+クリック
[レイヤーマスクを追加]を[option(Alt)]+クリック
「表示」と「隠す」を使い分けよう!
レイヤーマスクが真っ白な「表示」と真っ黒な「隠す」は、当然のことながらこのままでは意味がありません。新規にレイヤーマスクを作成して、ここから編集を加えていくものです。表示する領域が多く、隠す領域を描画したい場合は[すべての領域を表示]、隠す領域が多く、表示する領域を描画したい場合は[すべての領域を隠す]を選択して、レイヤーマスクの編集作業を始めると効率的なのではないでしょうか。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

選択範囲外をマスク

選択範囲の外側をマスク領域としたレイヤーマスクを追加します。ドキュメントの表示は、対象レイヤーに作成した選択範囲外を隠して、背景(背面)の画像を表示します。
対象のレイヤーに選択範囲を作成→選択範囲外をマスク
【操作方法】
[レイヤー]パネルで、対象のレイヤーを選択し、[クイック選択ツール]などで、表示したい領域に選択範囲を作成します。
表示したい領域に選択範囲を作成
表示したい領域に選択範囲を作成
[レイヤー]メニューから、[レイヤーマスク]→[選択範囲外をマスク]を選択、または[レイヤー]パネルで、[レイヤーマスクを追加]をクリックします。
[レイヤーマスクを追加]をクリック
[レイヤーマスクを追加]をクリック

選択範囲をマスク

選択範囲の内側をマスク領域としたレイヤーマスクを追加します。ドキュメントの表示は、対象レイヤーに作成した選択範囲内を隠して、背景(背面)の画像を表示します。
対象のレイヤーに選択範囲を作成→選択範囲をマスク
【操作方法】
[レイヤー]パネルで、対象のレイヤーを選択し、[クイック選択ツール]などで、隠したい領域に選択範囲を作成します。
隠したい領域に選択範囲を作成
隠したい領域に選択範囲を作成
[レイヤー]メニューから、[レイヤーマスク]→[選択範囲をマスク]を選択、または[レイヤー]パネルで、[レイヤーマスクを追加]を[option(Alt)]キーを押しながらクリックします。
[レイヤーマスクを追加]を[option(Alt)]+クリック
[レイヤーマスクを追加]を[option(Alt)]+クリック
なにはなくとも選択範囲!
レイヤーマスクの作成方法で最も使用頻度が多いのは、選択範囲からレイヤーマスクを作成することです。表示する領域に選択範囲を作成して、[レイヤーマスクを追加]をクリックした瞬間、思い通りの切り抜きができた痛快さはたまりません。しかし、いい加減な選択範囲では、このような感覚は持てないでしょう。用途に適した選択範囲をいかに作成するか? レイヤーマスクの善し悪しはこれで決まります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

レイヤーマスクの編集

通常、レイヤーマスクは[レイヤー]パネルのレイヤーマスクサムネールでしか確認することができませんが、ドキュメントウィンドウに表示して、画像と同じように編集を加えることができます。

レイヤーマスクの選択

レイヤーマスクを編集する場合は、レイヤーマスクが選択されていなければなりません。レイヤーマスクを選択しても、ドキュメントウィンドウの表示は変わりません。レイヤーマスクの作成時は、レイヤーマスクサムネールが2重枠で表示され、現在、選択中であることを示しています。レイヤーとレイヤーマスクの選択は、サムネールをクリックすることで切り替えられます。
レイヤーを編集する場合→レイヤーマスクを編集する場合
レイヤーマスクの選択中は、初期設定では描画色がホワイト、背景色がブラックになります。表示される部分がホワイト、隠される部分がブラックです。
レイヤーが選択されている場合→レイヤーマスクが選択されている場合
レイヤーマスクをホワイトで塗りつぶすと、対象レイヤーのその部分が表示され、ブラックで塗りつぶすと、対象レイヤーを隠して背景(背面)のレイヤーを表示します。
ドラッグしてホワイトで塗りつぶす
ドラッグしてホワイトで塗りつぶす
現在の描画色に注意!
レイヤーマスクを選択すると、それまでの描画色と背景色が逆さまになります。これは、マスク領域外の色が描画色(白)であることを示しています。たとえば、レイヤーマスクに選択範囲を作成して削除してみると、背景色(黒)で塗りつぶされたマスク領域になります。

レイヤーマスクの表示

レイヤーマスクの状態を確認したり、詳細な編集を加えたい場合は、ドキュメントウィンドウを「レイヤーマスクモード」に切り替えます。
レイヤーマスクモードに切り替える
レイヤーマスクモードに切り替える
【操作方法】
[レイヤー]パネルで、レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]キーを押しながらクリックします。
レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]+クリック
レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]+クリック
レイヤーマスクモードから通常の画像描画モードに戻すには、レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]キーを押しながらクリック、またはレイヤーサムネールをクリックします。
レイヤーサムネールをクリック
レイヤーサムネールをクリック
レイヤーマスクモード→画像描画モード(レイヤー選択)

レイヤーマスクのオーバーレイ表示

画像描画モード(レイヤーマスク選択)のまま、レイヤーマスクの確認や編集を行いたい場合は、マスク領域をオーバーレイ表示にすることができます。
レイヤーマスクのオーバーレイ表示
レイヤーマスクのオーバーレイ表示
【操作方法】
[レイヤー]パネルで、レイヤーマスクサムネールを選択します。
レイヤーマスクサムネールをクリック
レイヤーマスクサムネールをクリック
[チャンネル]パネルを表示します。
[(レイヤー1)マスク]の[チャンネルの表示 / 非表示]をクリックします。
[チャンネルの表示 / 非表示]をクリック
[チャンネルの表示 / 非表示]をクリック
オーバーレイのカラーを変更!
[チャンネル]パネルで、[マスク]チャンネルサムネールをダブルクリック、またはパネルメニューから、[レイヤーマスクオプション]を選択します。すると、オーバーレイのカラーや不透明度が設定できる[レイヤーマスク表示オプション]ダイアログが表示されます。
[レイヤーマスク表示オプション]ダイアログ
[レイヤーマスク表示オプション]ダイアログ

レイヤーマスクを選択範囲として読み込む

ドキュメント内に作成したレイヤーマスクから、マスク領域を選択範囲として読み込むことができます。読み込まれた選択範囲は、色調補正やフィルター効果などで重宝します。
ドキュメント内のレイヤーマスク→レイヤーマスクを選択範囲として読み込む
【操作方法】
[レイヤー]パネルで、レイヤーマスクサムネールを[command(Ctrl)]キーを押しながらクリックします。[属性]パネルの[マスクから選択範囲を読み込む]でも操作できます。
レイヤーマスクサムネールを[command(Ctrl)]+クリック
レイヤーマスクサムネールを[command(Ctrl)]+クリック
【操作方法】
[チャンネル]パネルを表示します。
[(レイヤー1)マスク]を選択します。
[チャンネルを選択範囲として読み込む]をクリックします。
[チャンネルを選択範囲として読み込む]をクリック
[チャンネルを選択範囲として読み込む]をクリック
描画ピクセルを選択!
レイヤーマスクサムネールを[command(Ctrl)]+クリックして選択範囲を読み込む操作方法は、テキストレイヤー、レイヤーオブジェクト、ベクトルマスク、アルファチャンネル、パスなどにも使用できます。描画ピクセルを選択するショートカットキーは次のとおりです。
新しい選択範囲:[command(Ctrl)]+クリック
選択範囲に追加:[shift]+[command(Ctrl)]+クリック
現在の選択範囲から一部削除:[option(Alt)]+[command(Ctrl)]+クリック
現在の選択範囲との共通範囲:[shift]+[option(Alt)]+[command(Ctrl)]+クリック

リンクの解除と復帰

レイヤーマスクを追加すると、自動的にレイヤーとリンクさせ、移動や変形を共通して行えます。リンクの解除と復帰は、[リンク]アイコンをクリックすることで行います。
レイヤーマスクで合成した画像→レイヤーマスクだけが移動できる
【操作方法】
[レイヤー]パネルで、レイヤーマスクサムネールを選択します。
[レイヤーマスクのレイヤーへのリンク]をクリックします。アイコンが消えるとリンクが解除されます。
[レイヤーマスクのレイヤーへのリンク]をクリック
[レイヤーマスクのレイヤーへのリンク]をクリック
レイヤーのロックは効かない!
[レイヤーマスクのレイヤーへのリンク]が解除されている場合、レイヤーマスクには、レイヤーのロック機能が適用されません。たとえばグループ単位の移動であっても、レイヤーマスクは連動しないので注意が必要です。編集が終わったら、[レイヤーマスクのレイヤーへのリンク]は復帰しておきましょう。

レイヤーマスクを一時的に使用しない

レイヤーマスクの内容を保持したまま、効果だけを一時的に使用しないことができます。レイヤーの表示 / 非表示とよく似た機能ですが、[shift]キーを併用することで、効率的なクリック操作が行えます。
レイヤーマスクで合成した画像→レイヤーマスクを一時的に使用しない
【操作方法】
[レイヤー]メニューから、[レイヤーマスク]→[使用しない]を選択、または[レイヤー]パネルで、レイヤーマスクサムネールを[shift]キーを押しながらクリックします。
レイヤーマスクサムネールを[shift]+クリック
レイヤーマスクサムネールを[shift]+クリック
未使用中であっても生きている!
レイヤーマスクの[使用しない]は、一時的にレイヤーマスクの効果を非表示にしているだけなので、[レイヤーマスクのレイヤーへのリンク]が設定されている場合は、レイヤーの移動や変形が連動して行われます。また、レイヤーマスク選択時には、見えなくても編集ができてしまうので注意しましょう。レイヤーマスクを使用するには、[レイヤー]メニューから、[レイヤーマスク]→[使用]を選択、またはレイヤーマスクサムネールを[shift]キーを押しながらクリックします。[属性]パネルの[マスクを使用 / 不使用の切り替え]でも操作できます。

マスク領域を透明ピクセルに変換

レイヤーマスクは、隠された部分の画像情報を保持しています。そのマスク領域を透明ピクセルに変換することで、データ容量の軽減や、特殊なエッジ処理ができるようになります。
レイヤーマスクのマスク領域→透明ピクセルに変換
【操作方法】
[レイヤー]パネルで、対象のレイヤーを選択します。
[レイヤー]メニューから、[レイヤーマスク]→[適用]を選択、または[属性]パネルで、[マスクを適用]をクリックします。
レイヤーまたはレイヤーマスクを選択→[レイヤーマスク]→[適用]を選択
元のレイヤーには戻せない!
レイヤーマスクをレイヤーに[適用]すると、マスク領域の画像情報が失われるので、元のレイヤーには戻せません。レイヤーマスクも同時に削除されるため、あらかじめバックアップを取っておくか、レイヤーマスクをアルファチャンネルなどに保存してから適用しましょう。

レイヤーマスクの削除

レイヤーマスクの削除は、[レイヤー]メニューから、[レイヤーマスク]→[削除]を選択、または[レイヤー]パネルで、[レイヤーを削除]をクリックして行うことができますが、苦労してつくったレイヤーマスクを誤操作で削除してしまうかも知れません。ゴミ箱へドラッグ&ドロップする直感的な操作方法をオススメします。
レイヤーマスクで合成した画像→レイヤーマスクを削除する
【操作方法】
[レイヤー]パネルで、レイヤーマスクサムネールを[レイヤーを削除]([ゴミ箱]アイコン)へドラッグ&ドロップします。
[レイヤーを削除]へドラッグ&ドロップ
[レイヤーを削除]へドラッグ&ドロップ
警告アラートで[削除]をクリックします。
[削除]をクリック
[削除]をクリック
[レイヤー]パネルで、レイヤーマスクの削除を確認します。
レイヤーマスクの削除を確認
レイヤーマスクの削除を確認

レイヤーマスクの適用率を変える

レイヤーマスクの適用率は、ピクセルマスクの場合、明度から換算された不透明度によって表されますが、マスク領域の[濃度]を調整することにより、全体の適用率を小さくすることができます。
レイヤーマスクで合成した画像→マスク領域の[濃度]を調整
【操作方法】
[レイヤー]パネルで、レイヤーマスクサムネールをダブルクリックして、[属性]パネルを表示します。
レイヤーマスクサムネールをダブルクリック
レイヤーマスクサムネールをダブルクリック
[属性]パネルで、[濃度]に「50%」を入力します。
[濃度]に「50%」を入力
[濃度]に「50%」を入力

レイヤーマスクの境界線をぼかす

レイヤーマスクの境界線は、ピクセルマスクの場合、アンチエイリアス処理で調整することは可能ですが、マスク領域の[ぼかし]を調整することにより、全体の境界線をぼかすことができます。
レイヤーマスクで合成した画像→マスク領域の[ぼかし]を調整
【操作方法】
[レイヤー]パネルで、レイヤーマスクサムネールをダブルクリックして、[属性]パネルを表示します。
レイヤーマスクサムネールをダブルクリック
レイヤーマスクサムネールをダブルクリック
[属性]パネルで、[ぼかし]に「16.0 px」を入力します。
[ぼかし]に「16.0 px」を入力
[ぼかし]に「16.0 px」を入力
境界線を調整するには?
マスク領域の[ぼかし]は、切り抜きの境界線をなじませるテクニックとして重宝します。しかし、レイヤーマスク全体をぼかすので、詳細な調整は望めません。[選択とマスク]オプションを使用すると、[ぼかし]に加えて、[エッジをシフト]などの高度な調整が行えます。

スポンサード リンク